子供の頭痛の原因とは?正しい処置方法を知ろう!

子供の頭痛の原因とは?正しい処置方法を知ろう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

392

子供が頭痛を訴えたとき、どのような処置をしたらよいのかわからないというケースもあるでしょう。
大人とは少し違う原因で起こる子供の頭痛に、きちんと対応してあげることが大切です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 子供に起こりやすい頭痛の種類と症状

  • 子供に起こりやすい頭痛の種類と症状
  • 子供に起こりやすい頭痛の種類としては、風邪などによる高熱が原因のものや、ストレスからくるものや、季節の変化などによる偏頭痛があります。
    子供が頭痛を訴えたときには、まず熱やそのほかの症状がないかよく観察しましょう。

    熱が高い場合、熱とともに頭痛が起こることも良くあります。
    大人でも、風邪をひいて高熱を出した時に頭痛が伴うこともありますが、子供にも同様の症状が起こる可能性があります。
    熱が原因の場合には、病院を受診して解熱鎮痛剤などの処方を受けると良いでしょう。
  • 熱が下がると自然と頭痛も収まっていきます。
    判断が難しいのが、他の症状がない頭痛です。
    季節の変わり目や、環境の変化によって起こる場合には、ストレス性のものが多いです。

    子供は、大人が思っている以上に日々ストレスを感じています。
    しかし、ストレスを感じていることに気が付いていなかったり、ストレスの発散方法が分からないことが多く、気が付かないうちにストレスがたまってしまい、それが原因となって頭痛などの体調不良につながっていることもあります。

    この場合、ストレスの原因を突き止めて、解決してあげることが大切です。
    ストレスが原因の頭痛の場合、熱の時の頭痛とは異なり、急に頭が痛いと言ってきたり、短時間で治ってしまうということも多いです。
    そのため、大人からは仮病だと思われてしまいがちですが、実際に痛みを感じていることが多いので慎重に観察しましょう。
  • 子供の頭痛の原因とは

  • 子供の頭痛の原因とは
  • 子供の頭痛を改善するためには、頭痛の原因を探ることが重要です。
    まず子供が頭痛を訴えてきたら、どのような痛みなのかを聞いてみましょう。

    ずきずきした痛みであったり、締め付けられるような痛みなど、痛みの感じ方を知ることも大切です。
    また頭のどの辺が痛いのかということも聞いてみましょう。

    しかし子供は大人のように症状を上手に表現することが出来ません。
    そのため、正しい判断が出来なかったり、重要な情報を見落としてしまうこともあります。
    子供の頭痛の原因の多くはストレスが関係しています。
    頭が痛いと言って来たら、まず他に調子の悪いところがないのかチェックしましょう。
  • 頭痛だけの場合には、最近の環境の変化だったり、友人関係など、悩みごとがないのかなど聞いてみると良いでしょう。
    また、子供の頭痛では、大人と異なり短時間で治まってしまうというケースも良くあります。
    学校に行く前には頭が痛いと言っていたのに、1時間後にはすっかり症状が治まってしまって、仮病なのではないかと疑いたくなるケースもあります。

    仮病のように見える症状ですが、実際に短時間で症状が治まるというケースは珍しくはありません。
    ストレス性のものは、特にストレスの原因が解決すると症状が改善されることがあるので、短時間で治まることもあります。
    仮病だと疑う前に、子供にとって何かストレスになっていることはないのかなど、周囲の環境を再度見直しましょう。
  • 子供の偏頭痛の特徴と関連して起こる症状

  • 子供の偏頭痛の特徴と関連して起こる症状
  • 子供の偏頭痛の特徴は、急に起こるということです。
    大人のように前兆があったり、頭痛が起こる条件が分かっているというケースは非常に少なく、楽しく遊んでいたはずなのに、急に頭が痛いと言い出すことも珍しくはありません。

    さらに、小さな子供の場合、自分に起こっている症状を上手に表現することが出来ないので、親の正しい判断や、観察力が非常に重要になってきます。
    子供が頻繁に頭痛を訴えてくる場合には、どのような時に頭痛が起きているのかなど、細かく観察しておくと良いでしょう。
  • 偏頭痛の原因の多くはストレスによるものです。
    子供はストレスを感じていても、ストレスを感じていることに気が付かなかったり、発散の仕方が分からないので、気が付かないうちにたまってしまったストレスによって、体調を崩してしまうことがあります。

    ストレスを抱えたまま放置してしまうと、頭痛だけでなく、腹痛や吐き気などの症状も現れる可能性があります。

    心への負担が大きくなってしまい、学校に行く時間になると、吐き気や頭痛、下痢などが起こり、通学が出来なくなってしまうというケースもあります。
    重症化してしまうと、専門医の治療が必要となる可能性もあるので、早い段階で親からのフォローが大切です。
    日頃から子供の周辺環境なども把握して、きちんと心のケアをしてあげることが大切です。
    小さな変化でも気にかけてあげるような、親子のコミュニケーションが大切です。
  • 大人の頭痛との違いとは

  • 大人の頭痛との違いとは
  • 大人の頭痛は、体調不良によるものや、偏頭痛などが多くの原因です。
    頭が締め付けられるような痛みであったり、脈打つようなズキズキとした痛みなど、痛みの種類も理解できるので、病院でも症状が伝えやすく原因を突き止めやすいのが特徴です。
    体調不良の場合には、解熱鎮痛剤で熱を下げたり、ゆっくりと休むことで症状の改善が期待できます。

    ストレス性のものであれば、ストレスを解消するために、リフレッシュできることをしたり、ゆっくり休むことが大切です。
    大人の場合には、前兆を感じることもあるので、予防することも可能です。
    しかし、子供の場合には、大人のように自分の症状を上手に表現することが出来ないので、何が原因となっているのか突き止めるのが難しいことが多いです。
  • 熱などの症状が出ている場合には、併発している症状を処置することで、頭痛も軽減したり治まることが多いです。
    ストレス性のものであったり、偏頭痛の場合には、しっかりと周辺環境を観察してあげることが重要です。
    子供の場合には鎮痛剤の使用に制限が設けられています。親の判断で市販薬を使用するのは危険な場合もあります。

    何度も繰り返し頭の痛みを訴えてくる場合には、専門医に受診してみると良いでしょう。
    鎮痛剤の処方だけでなく、頭痛の原因を調べることも出来るので、正しい処置を行うことができます。
    しっかりと様子をチェックして、正しい判断を行うことが重要なポイントです。
  • 子供の体調を観察する

  • 子供の体調を観察する
  • 子供が体調不良になると、苦しむ姿を見て、親は非常につらいものです。
    最近では、学校などの環境や、習い事が多く毎日忙しく過ごしていることも多く、知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまっている子供も多いものです。

    子供は、大人のように自分のことを上手に表現できないので、ストレスを感じていることを伝えることが出来なかったり、疲れていることが伝えられないということもあります。

    特に疲れているということに関しては、大人のように「疲れた」と表現することはほとんどなく「眠い」ということが多いです。
    子供の体力や性格などをきちんと見極めて、余裕のあるライフスタイルの形成が必要です。
  • 他にも、新学期が始まったり、席替えをしただけでも、ストレスと感じてしまう子もいます。
    環境の変化に敏感な子にとっては、少しの変化でもストレスを強く感じやすいものです。
    帰宅した時の様子や、普段の生活の様子をしっかりと観察して、変化がないかなどチェックしておくと良いでしょう。
    また、話を聞いてあげたり、ゆっくりと休ませてあげるだけで、ストレスが解消されることも多いです。

    子供が安心して過ごすことが出来る家庭環境を作ってあげることも重要です。
    体力が付いたり、メンタルが鍛えられることによって、徐々にストレスにも対応することが出来るようになってくるので、温かい目で見守ってあげることが大切です。
    小さな変化を見逃さないようにしましょう。
子供の頭痛の原因とは?正しい処置方法を知ろう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事