辛い頭痛の発症と変化する年齢や対処法の知識

辛い頭痛の発症と変化する年齢や対処法の知識

Thumb?1414295452 muah♪さん

600

頭がズキズキするような辛い痛みを頭痛といいますが、まず経験のない人はいないといえるでしょう。症状の発症年齢やその変化について考えながら、対処法を行うことをおすすめします。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 頭痛が発症する年齢に対する疑問
  • 一般的に多い頭痛のピークとは
  • 年を取ってくると症状が軽くなってくる
  • 症状別に見る痛みのピーク時の対処法
  • 対処法を知っておくことで楽になる
  • 頭痛が発症する年齢に対する疑問

  • 頭痛が発症する年齢に対する疑問
  • 気づいたときには頭痛持ちになっている人は世の中にたくさんいますが、いつごろからこの症状が出たのか気になってくるところです。

    発症年齢については、20歳くらいから経験する人が多くなってくるとされています。しかし、明確な年齢の決まりのようなものはなく、10代から気になるようになった人もいるので、割と若いうちから起こり得る症状だということがわかるでしょう。

    とはいえ、頭痛には様々な原因や症状があることから、原因によっても年齢に変化が見られるようになるのが現実です。風邪をひくと熱が出ますが、熱が出ると同時に頭痛の症状があらわれます。この病気が原因であれば、10歳未満の幼い子供でも経験することになります。
  • 風邪であればまだ原因がはっきりしますが、原因がはっきりと分かっていない症状として、片頭痛が有名です。この症状だと、20歳くらいから多くなってくるとされており、一般的によく話題になる有名な症状になります。

    循環器系の病気による症状も存在しますが、風邪とは違って原因を突き止めるのが本人では難しく、見逃されがちな怖い症状です。

    血液が主に関係する循環器系の病気は老化現象によるものが大半を占めますので、比較的高齢者に多いといえますが、生活習慣の関係から若い人でも発症するケースのある循環器系の病気も存在しますから、侮れません。身体の中で起こる症状とあり、頭痛は単純には言いあらわせない、難しい部分を持っているといえるでしょう。
  • 一般的に多い頭痛のピークとは

  • 一般的に多い頭痛のピークとは
  • 症状のピークを迎える年齢としては、原因によって違ってくるものの、一般的に多いとされる片頭痛を例にして見ていけば、20~30代の頻度が高いとされています。

    20~30代で多く見られるのが機能性頭痛と呼ばれるものです。頭の片側だけがズキズキと痛む症状も、機能性タイプに分類されます。片側だけに頭痛があらわれるのは、どちらかといえば女性の割合が高めとなっています。

    女性の場合は更年期を迎えると体調の変化から頭の痛みを発症することも少なくないため、必ずしも20~30代の女性であるという訳ではなく、40代以降の年齢も油断できない症状です。
  • 他にも、機能性タイプのものに群発頭痛という症状が存在します。頭の中から痛みが出るというよりも、片側の目の奥から痛みを感じられるのが特徴です。たまに起こるというよりも毎日のように一定期間、症状があらわれ、とても痛みが強いことで知られています。20~30代の男性に多く見受けられる症状です。

    これら2つのタイプ以外にも、緊張性頭痛という機能性タイプの痛みがあります。最も多い症状だとされていますが、特に年齢の特徴はなく、誰もが発症する心配のあるものです。ストレスや筋肉の緊張などが原因とされます。

    対処法としては、痛みが感じられたなら安静にすることが重要ですが、気になるのなら病院で診てもらうのが一番だといえるでしょう。病院で診断を受ければ、最適な対処法を見つけられます。
  • 年を取ってくると症状が軽くなってくる

  • 20代ころから始まる辛い頭痛ですが、年齢によって症状が変化する性質を持っています。一般的な話ではあるものの、20代で発症したものが30代を迎えるころに痛みが気になるようになり、40代でも痛みが感じられるものの、30代に比べるとやや穏やかに変化してきます。

    50代を迎えるころには、若い時とは違って頭痛の症状が軽くなってくるという変化が特徴的です。60代になってくると更に弱まり、70代以降は殆ど感じられない、発症する頻度がとても少なくなるといったケースがよく見られるようになるのが不思議な部分です。

    年齢によって症状が変化する理由ははっきりと分かってはいないものの、血管に関係があるとされます。血管も他の臓器と同じく、老化現象が起こるのが普通です。老化現象として有名なのが動脈硬化で、血管の壁の柔軟性が徐々に失われて硬くなる症状です。
  • 動脈硬化で血管が硬くなると、伸び縮みがしにくくなり、血管が縮むことで発生しがちな頭痛も同時に起こりにくくなるというのが、痛みが感じられなくなってくる理由だとされています。

    高齢になれば頭痛が軽くなり、安心だと考えるのは危険です。この年齢で少しでも頭痛を感じられた場合は、別の病気が潜んでいる心配があるからです。動脈硬化は脳梗塞やくも膜下出血などの恐ろしい病気のリスクを高める性質を持っており、これらの病気の前触れである症状の一つとして頭痛が存在します。
  • 症状別に見る痛みのピーク時の対処法

  • 症状別に見る痛みのピーク時の対処法
  • 風邪が原因の頭痛であれば、風邪の症状がおさまるまで大人しくするのが一番の対処法です。ただ寝ているだけでは痛みが辛いため、市販の風邪薬を飲んで寝るのが良いでしょう。市販の風邪薬には痛みを緩和する成分が配合されています。

    機能性タイプの緊張型頭痛や片頭痛であれば、市販の鎮痛剤を使ってとりあえず痛みをしずめるのがおすすめです。鎮痛剤の服用を嫌う人も多いでしょうが、我慢できない痛みがあると生活に支障をきたしますから、無理をせず薬の力で症状を軽くしましょう。

    薬によって痛みが緩和したら、緊張型頭痛であればストレスや筋肉の緊張の原因を取り除くようにします。仕事や家事などのストレスがたまっているなら、リラックスする時間を持ちましょう。肩こりや首のこりなどの筋肉の緊張には身体を動かしたり、温めたりして血行を良くする対処法が役に立ちます。
  • 片頭痛の場合は、暗い場所で横になり、安静になると症状が徐々に軽くなることがあります。血管が拡張しているのが痛みの原因だといわれていますから、血行を促すような行動をしないのが無難でしょう。群発頭痛の場合も安静にすることが大切ではあるものの、痛みが激しいため、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

    20代~30代くらいに多い頭痛の原因は、必ずしも深刻な症状ではないとは断言できません。軽度の症状であっても、いつまでも痛みがおさまらなかったり、他の部分に不快な症状があらわれるなら、出来る限り病院に向かってください。
  • 対処法を知っておくことで楽になる

  • 対処法を知っておくことで楽になる
  • 頭痛といってもその原因は様々で、発症年齢にも違いが見られるというのが特徴的な症状だといえます。一般的に多い症状でピークを迎えるのは20~30代です。女性と男性でも症状の違いがあることから、注意しておきましょう。

    年齢と共に症状のあらわれかたが変化するのも注目すべき部分です。高齢になるほど痛みが感じられなくなってくるため、辛い症状に悩まされる苦しさから解放されますが、血管の老化現象ともいわれる動脈硬化が進んでいる状態ですので、高齢者の頭の痛みは深刻な病気が隠されているリスクが高まることを知っておきましょう。

    症状の原因別に対処法が異なってきます。基本となるのは安静にすることで、体調がすぐれない状態ですので無理はしないことが重要です。風邪薬や鎮痛剤などの市販薬を活用すると、症状の辛さを和らげることができます。
  • 薬の副作用や癖になる心配があるでしょうが、正しく使えばとても役立つ存在です。痛みを我慢するよりも症状を軽くして、安静に過ごしやすい状態を作り出してください。

    緊張型頭痛は血行を促すのが有効である一方で、片頭痛だと血行を促すと症状が悪化する心配があります。症状別に正しい対処法を実践する知識を身につけてください。

    症状が比較的強い群発頭痛や、他の病気が疑われる状態であれば、病院で診てもらうようにします。これらの対処法を常に覚えておくことで、素早く症状を治療したり、緩和する工夫ができるようになり、生活が楽になるでしょう。
辛い頭痛の発症と変化する年齢や対処法の知識
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事