薬膳とは?その特徴と効果などと共に美味しくいただける料理もご紹介!

薬膳とは?その特徴と効果などと共に美味しくいただける料理もご紹介!

Thumb?1414295452 muah♪さん

220

食事で健康的な体を作る場合、よく薬膳料理が参考にされます。ですが、薬膳という言葉は聞いたことがあってもどのような料理を言うのか、またどのような効果があるのかまでは分からない方も多いと思います。
そこで今回は、薬膳について詳しくご紹介します。

  • そもそも薬膳とは何?

  • そもそも薬膳とは何?
  • 「薬膳」とは、中国医学(東洋医学)の理論に基づいて、中薬と食材を組み合わせて作られた料理をいいます。

    中薬とは、漢方薬の上品・中品・下品のうち中品に当たるもので、主に体質改善を目的にした薬を指します。

    中薬を大量に摂取すると副作用が出ることもありますが、正しい使い方を守ることで緩やかに効果を発揮していき、新陳代謝を高めて病気になりにくい体質に改善することが期待できます。

    より効果の高い上品の効能を引き立てる作用もあります。薬膳は高い栄養や効果があるほか、様々な生薬を使用するため色味や香りも豊富です。

    また、中には独特の形をしている生薬もあり、目でも楽しむことができます。特有の味を持った生薬も多く、料理のアクセントとなったり風味を引き立てています。

    一人一人の体質・体調・内臓の状態などに合わせて食材や生薬を組み合わせることで、病気の症状を和らげたり、体質を改善させて病気を予防する効果があります。

    「薬膳」という言葉は、意外にも1980年頃の北京のレストランで使われるようになったのが始まりとされています。

    中国医学の中で、食療・食補・食養と呼ばれていた料理が、まとめられて薬膳という名前で呼ばれるようになったとされています。

    薬膳の起源は、紀元前1,000年頃から興った周の古典「周礼」に、「食医」という医師が行った食事療法が始まりとされています。

    食医は、当時の医師のレベル(食医・疾医・傷医・獣医)で最もランクの高い医師を指し、食医は主に皇帝の食事管理などを行う宮廷医として仕えていました。

    皇帝の食事では、栄養の管理はもちろん季節によって旬の食材を使ったメニューを考案したり、食材の組み合わせを変えることで、病気の治療も行ったとされています。

    起源前202年から興った漢の「黄帝内経」には、「薬は病気を劇的に取り除くが、食は病気を徐々に治していく」という、食事療法の重要性が説かれています。

    日本で生まれた造語でもある「医食同源」は、中国でも既に紀元前から「薬膳」として始まっていたのです。
  • 薬膳の特徴と効果・効能について

  • 薬膳は、長い歴史によって培った知識とノウハウと、中国の古くからの思想である「易」の考え方の一つ「陰陽五行」の考え方が理論に取り入れられて、現在の薬膳が構成されていきました。

    日本では漢方という形で医食同源が実践されていますが、薬膳と漢方とでは違いがあります。

    日本の漢方も、長い歴史の中で実践と経験に基づいて確立しましたが、江戸時代の長きにわたる鎖国によって中国との交流が途絶えてしまったことで、あらゆる情報が収集できなくなってしまいました。
    そのため、中国とは異なる日本独自の漢方が生まれたのです。

    薬膳は、人それぞれ異なる体調などに合わせて食材や生薬をえらぶ、オーダーメイドの食事療法です。
    そのため、個々の目的や求めている効果・効能に合わせて最適の料理を作ることができます。

    例えば、冷え性が気にある方には、体を温める効果のあるショウガや唐辛子などを使った料理を提供したり、暑がりの方や熱中症予防に、キュウリやトマト、スイカなどの体を冷やす効果のある食材を使った料理を提供することができます。

    薬膳によって得られる効果は、大きく分けて4つあります。

    ①体質改善が期待できる
    生薬の持つ作用や性質をあらゆる食材と上手く組み合わせることで、身体の巡りやバランスを徐々に整えていき体質改善効果が得られます。

    ②病気の予防ができる
    体質が改善されることで免疫力が高まり、病気を予防する効果が得られます。

    ③内臓の働きを活発にする
    新陳代謝が良くなると内臓も活発になります。生薬や食材にも内臓を健康に保つ作用を持つものがあり、それらを組み合わせることでより効果的に働きます。

    例えば、暑さが厳しい夏場はバテて胃腸も弱りがちです。そのようなときには、胃腸の調子を整える効果のある大麦やハトムギを取り入れることで、食欲不振を改善できます。

    ④季節ごとでおこる体調不良を改善できる
    季節の変わり目には体調を崩しがちですが、薬膳を上手く取り入れることで巡りやバランスを整え、体調不良を改善する効果が得られます。
  • 薬膳の見分け方について

  • 薬膳と似たものとしてマクロビオテックがあります。

    マクロビオテックも薬膳と同様に、食材への考え方は「陰陽五行論」に基づいて料理していきますが、詳細な考え方においてはそれぞれで違いがあります。

    マクロビオテックでは、「身土不二」に基づいて食材を料理していきます。

    身土不二とは、「身=人と土=環境は別々ではない」という考え方です。
    すなわち、「食材は自分の生活している環境に近いものを使って料理するようにしましょう」ということです。

    私達がマクロビオテックを行う際には、日本の伝統食である和食をベースにした食事を心がけ、食材は近くで採れた穀物や野菜、海産物などを使って料理します。

    薬膳では「天人合一」という考え方に基づいて食材を取り入れていきます。

    天人合一とは、「天=自然と人=人間は元々は一つです」という考え方です。
    すなわち、「人間は自然の中の一部であるため、自然の変化に応じて生活をしていきましょう」ということです。

    薬膳を料理に取り入れる際には、季節の変化に合わせて、自然にあるあらゆる食材と生薬を組み合わせて料理していきます。

    マクロビオテックの身土不二と薬膳の天人合一という考え方は、ほぼ似た意味合いです。しかし、食材の取り扱いについて詳細に比べていくと違いが出てきます。

    マクロビオテックでは、陰陽論に基づいて食材を取り扱います。
    陰陽論には陰性と陽性があり、陰性=身体を緩める・冷やす食材、陽性=身体を引き締める・温める食材、という考え方で料理していきます。
    一方、薬膳は「五味・五性」という考え方に基づいて食材を取り扱います。

    五味とは甘・辛・酸・苦・鹹(かん=塩辛い)の5つの味を意味しています。五性とは寒・涼・平・温・熱の5つの温度を意味しています。

    薬膳の方がマクロビオテックよりも詳細に食材を分類しているので、より個々の体調や体質に合わせた食材の組み合わせで料理することができます。

    従って、薬膳かどうかを見分ける際には、使用している食材がどのような考え方のもとで選んだかを知ることで見分けることができます。

    また、薬膳は食材と中薬に分類される漢方・生薬を組み合わせるため、料理に何種類かの漢方・生薬が含まれているかでも見分けることが可能です。
  • 薬膳で得られるメリット

  • 薬膳を取り入れることで様々なメリットを得ることができます。

    ①体質を改善することができる
    一人一人に合わせた食材と生薬を組み合わせて料理するため、より効果が得やすく、続けることで体質を改善させることができます。

    ②免疫力を高めることができる
    体のバランスが整ってくると、細胞が活性化されて免疫力が向上します。これにより、病気に負けない体へと変化していき健康効果が得られます。

    ③体の内側からキレイになれる
    体質改善効果が得られると巡りが良くなります。すると、体に溜まった老廃物が体外へと排出されるため、心身ともにキレイになることができます。

    ④漢方や生薬の知識が身に付く
    薬膳では、様々な漢方を食材と組み合わせて料理を行います。そのため、それぞれの漢方・生薬にどのような効果・効能があるのかが分かるようになってきます。

    きちんとした知識が身に付けば、薬膳資格を取得することが可能です。実際、テレビや雑誌で活躍している女優さんやモデルさん達の中には、薬膳資格を取得して美しさへとつなげている方も多くいます。

    ⑤料理の幅が広がる
    様々な食材を使用して料理するため、自然と料理のレパートリーが増えていきます。そこに薬膳の知識が加わることで、毎日の献立を今までとは違った角度から考えることができ、家族の健康管理にも効果的に働きます。

    ⑥ビジネスに生かすことも可能
    健康管理が重要視されるようになった現在では、薬膳資格を取得する人が増えています。

    それは、病気になった治すという考え方ではなく、病気にならない体を作るということを考える人が増えているからです。薬膳は健康効果だけではなく、予防医学としても注目されています。

    体質改善を行い免疫威力を高めることで、病気になりにくい体へと変えていくことができます。たとえ病気に罹っても、本来持っている自然治癒力が高まっているため重症になりにくいです。

    こうした薬膳知識を持った有資格者は、自然派レストランや介護ホームなど様々な場所で求められています。高齢化社会が深刻化していく日本では、今後ニーズのある資格となっていくことも期待できます。
  • 薬膳による副作用と取り入れる際の注意点

  • 薬膳では様々な漢方や生薬を料理に取り入れますが、その際食材の組み合わせがとても重要となってきます。

    それは、組み合わせによって相乗効果でメリットを得られる場合と、逆に効果を半減させてしまう場合もあるからです。そのため、食材を選ぶ際にはそれぞれの効果と、相性も考える必要があります。

    薬膳の食材の組み合わせには、
    ①相須・②相使・③相畏・④相殺・⑤相悪・⑥相反という6種類があります。

    ①相須(そうす)
    同じ効果を持つ食材を組み合わせることで相乗効果が生まれ、治癒作用を高めることをいいます。

    例えば、「梨とユリ根」にはそれぞれ体の熱を下げて気管支を潤す作用があるため、2つを料理に取り入れることでせきを抑える効果が得られます。

    ②相使(そうし)
    1つのメイン食材に他の食材をプラスすることで、メイン食材の効果を一層高めることをいいます。

    例えば、「冬瓜と小豆」は、メインの冬瓜が持つ利尿作用を小豆が高めてくれます。これにより、巡りを良くして体内を浄化させる効果が得られます。

    ③相畏(そうい)
    1つの食材が持つ副作用や毒性を、他の食材によって緩和・軽減されることをいいます。

    例えば、「刺身と生姜」には、魚の生臭さを生姜が取り去ってくれるほか、菌の繁殖を抑えて中毒を予防したり、魚による体の冷えを生姜が抑える効果が得られます。

    ④相殺(そうさつ)
    1つの食材によって、他の食材の副作用や毒性を緩和することをいいます。相畏と相殺の関係は裏返しとなっています。

    ⑤相悪(そうあく)
    2種類の食材を組み合わせることで、本来得られるはずの効果が低下してしまうことをいいます。

    例えば、「レバーとお茶」は、レバーで鉄分を補おうとしてもお茶のタンニンが鉄分吸収率を下げてしまい、本体得られるはずの効果を半減させてしまいます。

    ⑥相反(そうはん)
    1つの食材を組み合わせることで、強い副作用や毒性を引き起こすことをいいます。これは薬膳でもタブーとされている組み合わせになるため、特に避ける必要があります。

    例えば、「カニと柿」は、それぞれ体を冷やす作用があるため、腹痛や下痢などを引き起こす可能性が高いです。また「サンマと漬物」では、漬物に食品添加物が含まれていると、サンマの持つ成分が組み合わさることで発がん物質が生まれやすくなります。

    料理に薬膳を取り入れる際には、食材の組み合わせに注意して選ぶことが大切です。
  • おすすめの薬膳レシピをご紹介

  • 薬膳は体調や体質によって数多くの種類があります。

    その中で、特に多い症状を改善できる、簡単薬膳レシピをいくつかご紹介します。


    ◎白いんげんとニラのスープ

    この薬膳には、気虚証(やる気がない・倦怠感・風邪を引きやすい・めまい・動悸など)と、寒証(四肢の冷え・顔面蒼白など)からくる全身の冷えを改善する効果があります。

    <材料>
    白いんげん(缶詰):1缶(250g)、ニラ:1束、ベーコン:2枚、ショウガ:5g、タマネギ:1/2個、ニンニク:1片、牛乳:1カップ、水1/2カップ、コンソメスープの素:2g、塩・コショウ:適量

    <作り方>
    1.ニラ、タマネギを食べやすい大きさに切り、ショウガ、ニンニクをスライスします。

    2.鍋にタマネギ、ショウガ、ニンニクを入れて炒め、牛乳を1/2、水全部、コンソメスープの素、白いんげんを入れて煮込みます。

    3.柔らかくなったらニラを入れ、ひと煮立ちさせて火を通します。

    4.3をフードプロセッサーに入れて滑らかにさせます。

    5.再び鍋に戻して残りの牛乳を入れて温め、塩・コショウで味を整えます。

    6.器に盛り、炒めたベーコンを散らせば出来上がりです。

    この薬膳によって身体の芯から温めることができます。


    ◎プルーン紅茶

    薬膳は食べるだけでなく、飲むことでも効果を得ることができます。この薬膳は、血虚(貧血などで栄養成分が不足した状態)を改善する効果があります。ドライプルーンに熱い紅茶を注ぐだけの簡単薬膳ドリンクです。また、シロップ漬けにしたプルーンは翌日になると美味しくなります。

    <材料>

    ドライプルーン:200g、紅茶:ティーバック2個分、お湯:1カップ、砂糖:大さじ1前後

    <作り方>

    1.ポットの熱湯に紅茶のティーバックを入れて蓋をし、3分ほど蒸らします。

    2.保存容器にプルーンと砂糖を入れます。

    3.2に蒸らした紅茶を入れ、粗熱を取ったら冷蔵庫で一晩寝かせます。

    4.紅茶は温め、プルーンは細かく刻んでヨーグルトなどに入れていただきましょう。
    一晩寝かせることで、紅茶にプルーンの風味と甘味が移り、さらにおいしくいただけます。プルーンは
    しっかりとシロップを吸って柔らかく食べやすくなります。

    薬膳と言うと、作るのが難しいように感じますが、意外と簡単で手軽に作れるレシピもたくさんあります。

    また、薬膳だけを掲載したレシピ本も販売されているので、参考にしても良いでしょう。
薬膳とは?その特徴と効果などと共に美味しくいただける料理もご紹介!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事