疲れを取る活力サプリの成分とは?おすすめの6成分を紹介!

疲れを取る活力サプリの成分とは?おすすめの6成分を紹介!

Thumb?1414295452 muah♪さん

191

疲労回復・滋養強壮に良い成分が配合されたサプリメントをお探しではありませんか?忙しくて休まらない、疲れが取れない状態だと、睡眠時間を十分に確保したり、規則正しい食生活を送るのも難しいですよね。手軽なサプリメントで活力を取り戻すには、適当に商品を選ぶより、どの成分にどんな働きがあるか知っておいた方が効果的です。今回は、疲労を回復して活力を取り戻すためのおすすめ成分についてご説明します。

  • 疲労が溜まると仕事や勉強の効率が落ちる

  • 疲労が溜まると仕事や勉強の効率が落ちる
  • 毎日遅くまで仕事や勉強をしていて、寝ても疲れが取れないと悩む人がたくさんいます。

    体はあまり動かしていないのに、だるさも取れず頭もスッキリしない…この場合は酷使している頭の疲労が取れきっていないことが多いです。

    頭が疲れると、

    ■集中力
    ■意欲
    ■記憶力
    ■思考力
    ■判断力
    ■理解力
    ■注意力

    といった、

    仕事や勉強を効率的に進めるための力

    が落ちてしまいます。

    疲れていると早く仕事を終わらせたいのに集中できない、何度も文章を読んでいるのに今ひとつ理解できない、というような経験がある人が多いのではないでしょうか。
  • 現代の仕事・勉強のスタイルは活力が落ちやすい

  • 現代の仕事・勉強のスタイルは活力が落ちやすい
  • 頭が疲れるとは、

    脳の情報処理が追いつかない状態

    とも言えます。

    人間は情報の80%を視覚から得ています。

    現代では、仕事や勉強ではパソコンやタブレットを使い、休憩時間や移動中はスマホ、家に帰ってからはテレビや動画視聴、と四六時中大量の情報を視覚から得ている人がほとんどではないでしょうか。

    しかも、仕事やサービスも複雑化していますし、人間関係も十分に配慮して言動の選択肢を選ばなければならない機会が増えました。

    物事が便利になったり、悲しい気持ちになる人が減ることは良いことですが、まだまだ効率的に適切な判断をすることができず、余計に疲れてしまっているのかもしれません。
  • 活力回復におすすめの6成分

  • 活力回復におすすめの6成分
  • サプリメントで疲れに良いとされる成分や不足しがちな栄養素や摂取することで、疲労対策・予防をすることができます。

    今回は、頭の使い過ぎからくる疲労におすすめの6成分をご紹介します。

    激しい運動による筋肉疲労のケアなどはメインとしていません。

    なお、本来疲労は十分な睡眠と栄養バランスの整った食事、そして適度な運動によって回復させるのが基本です。

    サプリメントを活用しつつ、睡眠時間を30分伸ばしてみるなど、今以上の負担にならない範囲で疲労回復に向けて生活を変えていくことをおすすめします。
  • おすすめ活力成分1 クエン酸

  • おすすめ活力成分1 クエン酸
  • クエン酸は以前から疲労回復に効果があるとされ、酸味成分なのでレモンやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。

    クエン酸が疲労回復に効果があるとされるのは、TCAサイクル(クエン酸回路)という体内でエネルギーを作り出すサイクルを活発にするからです。

    疲労は「活性酸素によるダメージ」によって起こります。

    活性酸素は体内に入り込んだ細菌やウイルスと戦う酸素なのですが、増えすぎてしまうと問題のない細胞や有用な細菌まで攻撃してダメージを与えてしまいます。

    活性酸素の攻撃によるダメージは、老化や生活習慣病の原因のひとつであると言われます。

    脳はエネルギーを生み出すのに酸素を大量に必要とし、全身の酸素消費量の20%を脳が使っています。

    脳は酸素をたくさん使う分、活性酸素も多く発生してしまいます。

    さらに、現代人の抱える仕事や人間関係などのストレスや不規則な生活、強力な紫外線などは、活性酸素を増やしやすくしてしまうのです。

    そして、活性酸素によるダメージを修復するには、アデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー源が必要です。

    そのアデノシン三リン酸(ATP)を生み出すのがTCAサイクルなのです。

    つまり、クエン酸を補給することで、TCAサイクルが活発にまわることで十分にエネルギーが作られ、修復も早く進むので疲労回復が早まり、活力も出やすくなるのです。
  • おすすめ活力成分2 チロシン

  • おすすめ活力成分2 チロシン
  • チロシンは体内でつくることができる非必須アミノ酸のひとつで、脳を活性化させる働きがあります。

    体内のアミノ酸は、体内で必要量を作ることができない9種類の必須アミノ酸と、体内で必要量を補うことができる11種類の非必須アミノ酸のふたつに分類されます。

    チロシンは脳や神経が正常に働くために必要不可欠なアミノ酸で、カテコールアミン(ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン)の前駆体として働き脳疲労回復に効果があります

    チロシンを摂取することで脳内の神経伝達物質(ドーパミン・ノルアドレナリン)の濃度の増加が増加し、脳の疲れを取りやすくし、気持ちが沈み込みにくくしてくれます。

    またチロシンには集中力を高める、ストレスを和らげる働きもあるため、仕事を効率的におこないやすくなり、余計なストレスを感じにくくなります。

    チロシンが欠乏すると、甲状腺ホルモンや神経伝達物質の分泌が減少してしまうので、代謝が落ちたりうつ状態を引き起こす可能性が指摘されています。

    さらにメラニン色素の生成が妨げられるので、白髪が増える原因にもなってしまいます。

    ただ、摂りすぎると血圧上昇を招くノルアドレナリンの量が増加するので、適量を取ることが大事です。
  • おすすめ活力成分3 オルニチン

  • おすすめ活力成分3 オルニチン
  • オルニチンは遊離アミノ酸の1種で、肝臓で有害物質であるアンモニアを解毒する役割をはじめ様々な働きをしています。

    遊離アミノ酸は血液の中や筋肉の中に蓄えられており、体のどこかでタンパク質が不足したときに、タンパク質の材料になります。

    肝臓への働きや疲労回復以外にも、成長ホルモンの分泌を促す効果もあることがわかり、より注目を集めています。

    肝臓は500以上の役割を持ち、人の臓器の中で最も重く血流も多いため、働きが弱ると不調を招きやすくなります。

    アミノ酸の代謝や運動などで人が活動すると生じるアンモニアは、生命活動のエネルギー源として重要なATP(アデノシン三リン酸)や脳のエネルギー源であるブドウ糖の生成を妨げてしまいます。

    アンモニアを解毒し無毒な尿素に変換するサイクルを、オルニチンサイクルと言います。

    オルニチンを積極的に摂取することにより、このオルニチンサイクルが活性化されます。

    普段からオルニチンを摂取することで、解毒作用が強くなり肝臓機能も高まることで、疲労を回復しやすくし、心身の健康を保ちやすくなります。

    また、肝臓は、オルニチンサイクルだけでなく、エネルギーを作るTCAサイクル(クエン酸回路)やブドウ糖を合成する「糖新生」の主な代謝経路です。

    アンモニアを解毒することで、生命活動のエネルギー源として重要なATPを作り出す、ミトコンドリア内のTCAサイクルがスムーズになります。

    オルニチンを摂取することでアンモニアを解毒し、ATPの阻害を防ぐことでエネルギーの生産効率を下げずに済みます。

    エネルギーが十分に作り出されることで、疲労回復が早まり活力が出やすくなります。

    さらに、免疫力を維持したり、ストレスの軽減にも役立つのです。
  • おすすめ活力成分4 アルギニン

  • おすすめ活力成分4 アルギニン
  • アルギニンは、非必須アミノ酸の1種で、子供のときは合成できず食物から補給しないといけないため、条件付き必須アミノ酸(準必須アミノ酸)とも言われます。

    アルギニンはアルカリ性のアミノ酸で、タンパク質を構成するアミノ酸としては最もアルカリ性が高いです。

    アルギニンは血液を供給する動脈の平滑筋を弛緩させ、血管拡張や血流促進効果のある一酸化窒素を作り出すことができます。

    血圧が下がり、血流が良くなることで、脳に酸素や栄養が行き届きやすくなります。

    血行不良による体のだるさや、肌色の悪さ、顔のくすみを解消しやすくなります。脳の血流が良くなることでスッキリした感覚も得やすくなります。

    さらに、生活習慣病やメタボリックシンドロームによる動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防しやすくなります。

    また、アルギニンは、肝臓のアンモニア解毒機能であるオルニチンサイクルにも関わっています。

    アンモニアは人が活動するときに必要なさまざまなエネルギーを生み出すTCAサイクルも阻害するので、効率的なエレルギー生産を阻害します。

    処理しきれなかったアンモニアが血とともに体中をめぐると脳を刺激し脳疲労を起こします。

    脳疲労を起こすと、それ以上アンモニアが増えないように体を動かすことを制限しようして、倦怠感を感じると言われています。

    さらに、エネルギーが不足すると、内臓疲れからくる疲労感もでてきます。

    アルギニンを摂取してオルニチンサイクルを活性化させることで、脳疲労と内臓疲労を抑えやすくなるのです。

    さらに、アルギニンは人が活動するときに必要なさまざまなエネルギーを生み出すTCAサイクルも活発にします。

    TCAサイクルが活発になることで、効率的にエネルギーをつくることもできるので、疲労を回復しやすくなります。

    つまり、疲労の回復にも予防にもアルギニンが活躍してくれるのです。
  • おすすめ活力成分5 タウリン

  • おすすめ活力成分5 タウリン
  • タウリンは含硫(がんりゅう)アミノ酸の1種で、人が体内で作り出すことができるアミノ酸です。

    脳内のアミノ酸の中では2番目に多く存在しています。

    タウリンにはオルニチンやアルギニンと同様に肝臓機能を強化する働きと、血圧を下げる働きがあります。

    タウリンには血圧を下げる効果により血流量を増やし、脳までしっかり栄養と酸素を送ることができるようになります。

    さらに、タウリンはストレスの緩和や睡眠に関わるGABA、グリシンと相互作用があり活性化されます。

    そのため、疲労の回復に大事な睡眠の質を間接的に改善することにも期待されています。

    またタウリンには、脳の興奮を抑える役割もあり、不足してしまうと脳の働きを正常に保つことが難しくなるとされています。

    そうなると、不安な気持ちになったり多動といった症状があらわれやすくなると言われます。

    タウリンをしっかり摂取すると、不安感からくるストレスなどの影響も受けにくくなります。

    また、タウリンにはコレステロール値を抑制する働きもあり、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などの予防にも効果的とされています。

    ただ、タウリンは日本では「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)」に分類されており、健康食品であるサプリメントに配合することはできません。

    ですので、医薬品の栄養ドリンクや輸入品のタウリンサプリメント、タウリンが含まれる食物からのエキスが配合されたサプリメントからしか摂取することができません。
  • おすすめ活力成分6 イチョウ葉エキス

  • おすすめ活力成分6 イチョウ葉エキス
  • イチョウ葉エキスはその名の通りイチョウの木の葉から抽出されるエキスです。

    日本ではサプリメントの成分のひとつですが、フランスやオーストリア、ドイツなどヨーロッパ諸国、数十カ国では医薬品として扱われている成分です。

    イチョウ葉エキスが持つ効果については様々な研究が進められており、とくに注目されているのは血行に対する働きです。

    血行が良くなることで、脳に栄養や酸素をしっかり運ぶことができます。

    主な有効成分は、フラボノイド(ポリフェノールの1種)と、ギンコライドのふたつだと考えられています。

    なお、イチョウ葉エキス含まれるフラボノイドは30種類と言われ、血液循環効果が高いと言われる二重フラボンは6種類含まれています。

    イチョウ葉エキスの血行に対する働きは、

    1 血管を収縮させるトロンボキサンA2を抑制することによる血管拡張作用
     
    2 血小板を凝集・血液中の水分を排出するPAFを抑制することによる抗血液凝固作用
     
    3 悪玉コレステロールの酸化を抑制し細胞壁や血管壁を保護することによる抗酸化作用
     
    4 血の流れを悪くする血小板活性因子の働きを抑える抗炎症作用
     

    などがあります。

    血管・毛細血管を拡張、血をドロドロにする物質を抑制するという相乗効果により血行が良くなり、疲れが取れやすくなるのです。

    さらに、血行が促進されることで、脳機能の向上や、血行が悪いことで起こっている不調の改善や、発生しやすい病気の予防も期待できます。
  • まとめ

  • 現代では、全く疲れを感じていない人のほうが少ないのではないでしょうか。

    活力回復をサポートするサプリメントを賢く使って、脳の疲れを対策していきましょう!

    さらに、十分な睡眠時間、栄養バランスの整った食事、適度な運動でめぐりを良くしたりリフレッシュして活力を生み出していきましょう。

    もし仕事や人間関係の問題を抱えているのであれば、誰かに相談してストレス源を解消することも大事です。

    誰かに頼ることも、お金で解決できることも悪いことではありません。できるところから始めていきましょう!
疲れを取る活力サプリの成分とは?おすすめの6成分を紹介!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事