「効果なし」は嘘?週刊文春が語った水素水の力と注目度!

「効果なし」は嘘?週刊文春が語った水素水の力と注目度!

Thumb?1414295452 muah PR

171

大ブーム中の水素水について「効果なし」「ニセ科学」と産経記事が発表しました。
その記事に対し、異議を唱えた週刊文春が語るのは「水素水への正しい知識」についてです。

  • 「週刊文春」では「水素水の正しい知識」として、以下のポイントを指摘しています。



    ・本物と言うべき水素水は、天然水等に圧力をかけて水素ガス(H2)を溶かし込んだ、水素分子が含まれる「水素水」の事である。
    ・水を電気分解して生成した「電解還元水(=アルカリイオン水)」が「電解水素水」と称して売られている。これは、水素原子(H)が含まれている「活性水素水」で「水素水」とは区別が必要である。
    ・著しく濃度の低い市販のインチキ水素水は別として、研究現場や医療現場では、市販の「高濃度水素水」が使用され、大規模な臨床試験が実施されている。


    今、発売されている水素水では、「水素原子(H)の活性水素水」と「水素分子(H2)の水素水」のタイプがあり、

    活性水素水が「効果なし!」と言われているのです!



    実際に、科学的根拠としても「活性水素水」に関する論文は非常に少なく、活性水素は不安定な物質の活性水素がペットボトルやサプリメントで存在できているのか?この点は、確かに疑問が残る部分。

    一方で「水素水」及び水素ガス(水素分子H2)に関しては400報以上もの論文が出され、現在では動物実験からヒト対象の臨床実験へのステージに進んでいます。
    2016年に開催された「日本分子状水素医学生物学会」では、水素水による研究成果が数多く発表されました。

    美容や健康面だけでなく、治療を施す医療分野でも大きな注目を集めているのです!



    ただし、この水素水の力と注目度は、気体の水素ガス(水素分子H2)を天然水に溶け込ませた「水素ガス水素水」について。
    水素分子(H2)は濃度にバラつきがあるため、高濃度水素水を選ぶことが私たちには求められます。
    飽和に近い1.6ppmが高濃度に当てはまりますが、これも「水素水の正しい知識」のひとつではないでしょうか?

    水素水に興味がある人は、優れた品質の水素水をおすすめします。
    どの商品が安心できる商品か、どの商品がインチキ商品か

    調査しているサイトもあるので、ぜひご参考ください!


「効果なし」は嘘?週刊文春が語った水素水の力と注目度!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah PR

muah PR

おすすめの記事です


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ

関連キーワード

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事