石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その2

石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その2

Thumb?1414295452 muah♪さん

1,114

石鹸シャンプーを5週間試して髪の見た目がどう変化していくか画像をアップ!今回は3週目、石鹸シャンプーのあとクエン酸リンスもおこないます。クエン酸リンスをすると髪がツルツルになるとされますが、実際はどうなるのでしょうか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 石鹸シャンプー2週間で髪はどう変化した?
  • 基本的に石鹸シャンプーは酸性リンスとセット
  • クエン酸リンスの作り方を流し読みして大失敗!
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスの1週間
  • 毛先のみ7日間の変化
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスの総評
  • 石鹸シャンプー+ヘアオイルだとどうなる?
  • 石鹸シャンプー2週間で髪はどう変化した?

  • 石鹸シャンプー2週間で髪はどう変化した?
  • 3週目は石鹸シャンプーのあとクエン酸リンスをして、髪の見た目の変化や翌日の扱いやすさなどをチェックします。期間は1週間です。

    1・2週目は石鹸シャンプーオンリーで過ごしました。

    石鹸シャンプーオンリーの髪の画像や、使用している石鹸、その他細かなことは、前記事の「石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その1」をご覧ください。

    2週間石鹸シャンプーを続けた総評としては、「頭皮には良さそう、髪の毛は傷まないがかさ増しされる」でした。

    うねりや広がりが出てきてしまい、ゴアゴアな印象を与えてしまいそうです。
  • 基本的に石鹸シャンプーは酸性リンスとセット

  • 基本的に石鹸シャンプーは酸性リンスとセット
  • 石鹸シャンプーは、純石鹸と言われる洗浄成分で髪を洗います。

    石鹸は弱アルカリ性なので、石鹸シャンプーで髪を洗うと、一時的にキューティクルが開きます。

    すると、指がひっかかりきしみを感じるようになります。そのきしみを解消するために使われるのが、酸性リンスです。

    弱酸性のリンスに髪をさらすことで、キューティクルがすぐに閉じ、ツルツルの触感になるとされています。

    石鹸シャンプーをして時間が立てば、自然にキューティクルは閉じますが、その間のきしみや髪の絡まりなどによるダメージを避けるため、酸性リンスをすることが勧められています。

    酸性リンスは、石鹸シャンプー用専用のリンスとして市販されていますし、自宅にあるもので代用することもできます。

    お酢やレモン汁、クエン酸などを適切な濃度に薄めて使えば、酸性リンスになります。
  • クエン酸リンスの作り方を流し読みして大失敗!

  • クエン酸リンスの作り方を流し読みして大失敗!
  • 市販の酸性リンスには保湿成分なども配合している商品もあるので、今回は「純粋な酸性リンス」を試すため、クエン酸を使って酸性リンスを自作することにしました。

    家にお酢とレモン汁があったのですが、お酢はニオイが気になるという意見があり、レモン汁は食べ物に使って楽しみたいと思ったので、クエン酸を買いました。

    酸性リンスの作り方は簡単で、適量のクエン酸などを水(水道水でOK)に溶かせば完成です。

    分量は人により多少異なりますが、基本的には、大さじ3~4杯のクエン酸を500mlの水に溶かせば

    原液

    の完成です。

    ここに、保湿成分であるグリセリンや香り付けのオイルを配合する方もいます。

    クエン酸リンス初日、大失敗をしました。

    「簡単にできるんだなー」と流し読みしていたせいで、作ったクエン酸リンスが

    「原液」

    であることを見逃していたのです。

    本来は、「原液」を「おちょこ1杯分」「大さじ1杯分」だけ洗面器に入れてお湯を注ぐ必要があったのです。

    石鹸シャンプーのあと、洗面器にクエン酸リンスの原液を全て注ぎ、手を入れたらピリリとした刺激がありました。

    皮膚が厚い手で刺激を感じ、少し不安になったのですが、「初めてだしとにかくやってみよう」と原液を頭にかけました。

    頭皮も顔もピリピリして、すぐにシャワーで流す羽目になりました…

    弱酸性のシャンプーがいい、と言われてはいますが、酸性リンスの原液にさらされることは、髪に良いとは言えなそうです…

    どうなってしまったのか、そして適切にクエン酸リンスを続けるとどんな変化が起こるのか、ご覧ください。
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスの1週間

  • 初日にクエン酸リンスを原液で使ってしまうというイレギュラーはありましたが、酸性リンスでどのような変化があるか、1週間分の画像を公開します。

    なお、会社の定休日や祝日の画像はありません。
    詳細は「石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その1」をご確認ください。

    また、石鹸シャンプーとクエン酸リンスをした髪は、

    ・髪の後ろ全体


    ・毛先


    ・毛先の束


    ・正面


    ・頭の側面



    の5ヶ所をアップしていきます。


    石鹸シャンプー15日目+クエン酸リンス1日目



    ・髪の後ろ全体



    ・毛先



    ・毛先の束



    ・正面



    ・頭の側面



    クエン酸リンスのおかげでクシはスムーズに通ります。
    ただ、髪の触感がスチールウールです。やってしまった感があります。
    毛束の先を触るとチクチクします。

    石鹸シャンプー16日目+クエン酸リンス2日目



    ・髪の後ろ全体



    ・毛先



    ・毛先の束



    ・正面



    ・頭の側面



    クエン酸リンスを適切におこなっても、リンスをした瞬間は髪が「固くてもろい」触感になります。
    洗い流すと問題なく、髪が軽くなった気がします。
    スチールウール感はなくなりましたが、広がりは残っています。

    石鹸シャンプー17日目+クエン酸リンス3日目



    ・髪の後ろ全体



    ・毛先



    ・毛先の束



    ・正面



    ・頭の側面



    なぜかクセとうねりが強くでてしまいました。
    これまでで1番ひどい状態になり、中止案もでましたが、とりあえず続けることに…

    石鹸シャンプー21日目+クエン酸リンス7日目



    ・髪の後ろ全体



    ・毛先



    ・毛先の束



    ・正面



    ・頭の側面



    じゃっかん髪にまとまりがでてきました。
    髪の触感は硬いままですが、ひとつにまとめると多少ボリュームは落ちた気がします。

  • 毛先のみ7日間の変化

  • 7日間で毛先がどのように変化したか見ていきます。

    石鹸シャンプー15日目+クエン酸リンス1日目



    石鹸シャンプー16日目+クエン酸リンス2日目



    石鹸シャンプー17日目+クエン酸リンス3日目



    石鹸シャンプー21日目+クエン酸リンス7日目



    1週間では大きな変化は見られませんでした。
    手で触ると触感やボリューム感の違いは感じられますが、見た目にはわかりません。
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスの総評

  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスの総評
  • 石鹸シャンプーのあとクエン酸を使ってみた総評としては「もともとの髪質や状態によってはツルツルにならない」です。

    石鹸シャンプーのあと酸性リンスをしなくても、キューティクルは時間が立てば自然に閉じます。

    酸性リンスはキューティクルを素早く閉じることが目的なのですから、最終的なツルツル感は時間が立って自然にキューティクルが閉じたときと同じはずです。

    今回使用した酸性リンスは水とクエン酸のみで作っており、保湿成分などは追加していません。

    つまり石鹸シャンプーのみのときと同じで、髪に何も付着していない状態のままです。

    髪質や傷み具合によっては、酸性リンスをしても激的な変化や一般的にイメージされるようなトリートメントのツルツル感は得られないのではないでしょうか。

    なお、髪のアルカリ性と酸性リンスとの反応は、一瞬で終わるとされているので、長時間つけ置くことはしていません。

    もちろん

    酸性リンスをすることでキューティクルが剥がれ落ちやすい時間は短くなり

    ますし、保湿成分なども配合することで、よい触感を与えることはできます。

    水質などで

    石鹸カスが髪に残りやすい場合には、髪に余計なものが残りにくくする働き

    もあります。

    ただ、

    酸性リンスはコンディショナーのように髪をコーティングする働きはありません。



    石鹸シャンプーにも、コーティング目的の成分が含まれません。

    そのため、素の髪の状態がパーフェクトでないと、ツルツルとは感じにくいと思います。

    それが、ヘアオイルやトリートメントと同じツルツルサラサラ感をイメージしている場合はなおさらです。
  • 石鹸シャンプー+ヘアオイルだとどうなる?

  • 髪がパーフェクトな状態でないかぎり、クエン酸リンスを続けて様子をみるよりは、他の方法も試して合うものを選んだほうが良さそうです。

    次の1週間は、石鹸シャンプー+ヘアオイルを試します。

    ヘアオイルは、洗い流さないトリートメントの中でも重さがありますし、コーティング力も強めです。

    「一切髪に何もつけたくない!」という方には向きませんが、ドライヤーの前に数滴分を毛先になじませるだけなのであまり手間もありません。

    ヘアオイルで髪が落ち着けば、朝の準備も楽ですし、ツヤを与えるのでお手入れを疎かにしているイメージも与えにくいのではないでしょうか。

    どのような髪の見た目になるか、画像とともにおとどけします。

    石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その3(石鹸シャンプー+ヘアオイル)
石鹸シャンプーで見た目はどう変わる?5週間の画像レビュー!その2
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事