食育はなぜ必要?食育基本方から考える食育の重要性

食育はなぜ必要?食育基本方から考える食育の重要性

Thumb?1414295452 muah♪さん

194

食育基本方が制定されて以来、あらゆるところで食育の重要性が叫ばれています。それは学校現場でも例外ではありません。しかし、食育とは具体的にどのようなものを指すのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は食育基本法から考える食育の重要性について紹介します!

  • 食育とは何か

  • 食育とは何か
  • そもそも食育とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

    食育とは食事と教育を合わせた意味を持つ言葉です。

    大東亜戦争後の日本は実質的に米国の植民地となり従来の食文化が損なわれています。

    欧米のパン食が日本の食事の主流となり、世界中で拒否されている遺伝子組み換え食品と身体にとって害があるとされるような食品添加物使用が平然と許可される国家となったのです。

    その結果として無神経に口に食べ物を運べば病気になるリスクが高い社会となりました。

    病気の国民が増えれば医療費が増えます。
    医療費の増大は国家にとって重大な問題です。

    そのため増え続ける医療費対策も含めて食育という言葉は多用されるようになったのです。

    では、国民一人ひとりができる食事への配慮にはどのようなことがあるのでしょうか。その一つは、一日三食をしっかりと食べることです。

    一日三回食事をとれば少なくとも栄養失調になることはほとんどありません。

    実際に朝食を抜いたまま激しい運動をして体調が悪くなった、という経験をした人も多いのではないでしょうか。

    栄養が不足すると身体がだるくなりやすく、その状態で運動すればケガのリスクも高くなってしまいます。そのため一日三回の食事が欠かせないのです。

    そして毎回の食事は栄養バランスを意識することも大切です。
  • 食育基本法のポイント

  • 食育基本法のポイント
  • では、食育基本法とはどのような法律なのでしょうか。

    それは食育の方針を定めたもの。

    誰か特定の立場の人にだけ食育を強要するのではなく、様々な職種の関係者が連携しながら運動として取り組むべきものとされています。

    そしてその中では学校における食育を推進する必要があることも記載されています。
  • 毎年6月は食育月間と定められている

  • 毎年6月は食育月間と定められている
  • 食育基本法に基づいて示された方針があります。

    それは食育推進基本計画です。

    その中では食育月間が定められています。

    それは毎年6月です。
    そのため毎年6月は食育に関するイベントが開催される割合が高い傾向があります。
  • 食生活の改善は家庭でも学校でも必要

  • 食生活の改善は家庭でも学校でも必要
  • 食育推進基本計画には、食生活の改善がどこで必要になるか、ということにも言及しています。

    それは学校だけではありません。

    家庭においても食育及び食生活の改善が必要だと示されているのです。

    そのため子供の食育について考える際は全てを学校に任せるのではなく、家庭できることも考えるべきだといえるでしょう。
  • 食育基本法の理解は管理栄養士の資格取得にも欠かせない

  • 食育基本法の理解は管理栄養士の資格取得にも欠かせない
  • 食育といえば子供達の為のもの、という印象があるかもしれません。

    しかし実は食育は大人にとっても必要な場面があります。

    例えば管理栄養士を目指す場合、資格試験に合格しなければ資格を取得することはできません。

    その資格試験に食育基本法についての問題が毎回出題される傾向があるのです。

    管理栄養士を目指す場合、食育基本法への理解は欠かせないのです。
  • 学校での食育はどのように行われているのか

  • 学校での食育はどのように行われているのか
  • では学校では具体的にどのような食育が行われているのでしょうか。

    その一つは給食の時間を活用した食育です。

    学校での食育では、給食は栄養バランスを考えられてたメニューなので残さずに食べることが指導されます。

    そして唾液の分泌を良くして消化しやすくする為に、よく噛んで食べることも生徒達は学びます。
  • 健康管理の為に食育が必要となる理由

  • 健康管理の為に食育が必要となる理由
  • また食育は子供達の教育だけでなく健康管理にも欠かせません。

    では、なぜ食育と健康が関係するのでしょうか。

    その理由は人間の身体の性質にあります。

    人間は食べ物のお化けと例えられるくらい、食べ物から取り入れる栄養が大切です。

    人間は主に食事から取り入れた栄養をエネルギーに変換して生命活動を維持しています。

    そのため栄養が含まれていな粗末なものばかり食べていると、健康状態を悪化させる可能性があるのです。
  • 食育基本法から考える食育の重要性

  • 食育基本法から考える食育の重要性
  • 食育基本法が定められたように、食育によって国民一人ひとりが健康を管理することは、かなり大切なことです。

    何故なら、国民が食育による健康管理を怠れば、医療費や介護費がどんどん膨らんでいき最悪の場合国家の財政が破たんすることにもなりかねないからです。

    そのため食育は成人した大人であっても考えるべきものだといえるでしょう。
  • まとめ

  • まとめ
  • いかがでしたか?

    食育を学ぶことは子供だけでなく大人にも必要なことです。

    また社会人になれば食育を受ける機会がほとんどないのが実際のところです。

    そのため学校教育で食育を受けた経験がない世代は自発的に食育を学ぶことが必要です。

    食に関する理解についてあまり自信がない場合、まずは栄養バランスを意識した食事を心がけることからはじめてみてはいかがでしょうか。
食育はなぜ必要?食育基本方から考える食育の重要性
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事