口内トラブル《歯槽膿漏》の予防に役立つ食べ物とは?

口内トラブル《歯槽膿漏》の予防に役立つ食べ物とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

242

口内トラブルは全身の健康への害につながる認識が広がることによって予防することの重要性が再認識されています。その口内トラブルの中で真っ先に現れるのが歯槽膿漏であり、この歯槽膿漏を抑え込むと大半の口内トラブルを抑えることができます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 歯槽膿漏の症状別の対策栄養素をまとめ
  • 歯槽膿漏の予防に効果的な食べ物を紹介
  • 歯槽膿漏の改善に効果的なすりつぶした昆布
  • 歯槽膿漏の改善に効果的な炭類
  • 歯槽膿漏にならないためにも生活改善が大事
  • 歯槽膿漏の症状別の対策栄養素をまとめ

  • 歯槽膿漏の症状別の対策栄養素をまとめ
  • 歯槽膿漏とはどんな症状を意味するのか改めておさらいすると、口内の中には悪性の口内細菌である歯周病菌が存在します。その歯周病菌が歯と歯肉の隙間に入り込むと、自身の出すアルカリ性酵素で身を守りながら歯垢として一塊となり繁殖を繰り返します。

    その繁殖を繰り返す中で生息域を増やすために、自身の出す酵素で歯肉を徐々に溶かしていきます。

    歯槽膿漏は歯周病菌が出す酵素によって歯肉の組織が徐々に破壊されることで下に落ちると、その歯肉が守っている歯茎まで到達した状態となり赤く腫れあがるだけでなく歯周病菌を含む雑菌と戦った白血球などの抗体の残骸である膿がたまった状態を歯槽膿漏というのです。
    その症状には3段階がありそれぞれで対策が異なります。
  • 1段階目は歯肉が赤色をする状態になる歯肉炎と変わりないため見過ごされることが多く、まだこのときには有害性が薄いため歯磨きや歯間ブラシそして液体歯磨きをすることで対処します。

    2段階目からは先に言ったとおりの赤く腫れあがるだけでなく歯周病菌を含む雑菌と戦った白血球などの抗体の残骸である膿がたまった状態となり、ひどい口臭や歯磨いた時に出血したり、固いものを食べると痛みを出します。この段階であればまだ修復が可能で、歯科医で徹底的に歯周病菌を除菌してもらい薬で炎症を抑えつつ状態を緩和する生活を送ります。

    そして3段階目からは末期状態であり、この状態になると歯の根元部分まで進行したことで歯が支えられなくなり抜け落ちます。この段階になると菌を徹底的に除菌した後は歯を意図的に抜いて、そのあとに入れ歯もしくはインプラントをはめ込むしか方法がなくなります。そのため3段階目に入る前に予防することがよく、そのためには体質改善が大事になります。その体質改善に効果があるのがビタミンとカルシウムです。
  • 歯槽膿漏の予防に効果的な食べ物を紹介

  • 歯槽膿漏の予防に効果的な食べ物を紹介
  • 歯槽膿漏が進行してしまうのは日々の生活の中で不摂生によって全身の組織が弱っている証拠でもあり、特に歯肉は歯周病菌の影響と常に戦っているため弱れば進行を止めることができずに悪化させてしまう事になります。

    そこで歯肉の健康をもとに戻す栄養素としてミネラルではカルシウムと鉄分とマグネシウムそしてビタミンではビタミンAとビタミンCそしてタンパク質です。カルシウムは歯の主成分の一つであり、カルシウムを補給してあげることで歯と歯肉の隙間を限りなく近くまで埋めてくれます。

    カルシウムが含まれている食べ物には牛乳と牛乳を使った製品であるヨーグルトやチーズそして小魚と干しエビに含まれています。カルシウムは大事な栄養素ですが単体では吸収しづらいので補助する目的でマグネシウムを摂取する必要があり、マグネシウムは豆類や藻類そして種実類に含まれているので一緒に摂取することを心がけます。
  • そして鉄分には血液中の酸素と結びついて血行促進効果があり、血行促進が促されれば歯肉の細胞の栄養源となる栄養素を運びやすくなるので炎症を抑える効果を発揮します。鉄分は主にほうれん草や切干大根を中心に、マグロやさばなどの青魚や大豆類に多く含まれています。

    ミネラル成分をより強固にしてくれるのがビタミンの役割です。ビタミンAには粘膜保護力を高めてくれる成分であり、歯肉の表面の細胞を覆ってくれることで有害な酵素から守ってくれます。ビタミンAが含まれているのは主にモロヘイヤやニンジンそして小松菜といった緑黄色野菜とウナギやレバー類が該当します。

    ビタミンCも細胞の再生力を意味する代謝細胞の栄養源となり、歯肉の修復に役に立つので重要な要素を占めています。ビタミンCをとるためにはみかんやレモンなどの柑橘類のほかにも、赤ピーマンやブロッコリー緑黄色野菜やイモ類などに多く含まれています。
  • 歯槽膿漏の改善に効果的なすりつぶした昆布

  • 歯槽膿漏の改善に効果的なすりつぶした昆布
  • 歯槽膿漏の予防に効果的な食べ物を常に心がけることによって、初期段階である歯肉炎みたいに赤く腫れあがっている状態まであれば歯槽膿漏を改善することができます。

    ただしこれはあくまで予防であり、この予防をするための食事を心がけていても抵抗力を失わせる過剰なストレスや生活習慣を重ねてしまうと予防法だけでは完全に防ぐことはできなくなります。

    そこで歯槽膿漏の末期状態である3段階目に移行しないためにも、歯槽膿漏の第2段階で予防法込みの改善をすることができる食べ物を実践するとよいです。その歯槽膿漏の改善に効果的な食べ物を紹介するうえでおすすめの一品目として挙げられるのが黒くなるまで炒ってすりつぶした昆布です。
  • 昆布は海藻類であるため予防できる食材にあるようにマグネシウムと鉄分を多く含んでいます。さらに昆布にはフコイダンと呼ばれる多糖類の粘着性の水分の正体である水溶性食物繊維が含まれており、このフコイダンには粘膜を保護するだけでなく悪性の物質に吸着して外に排出する力があります。

    昆布を炒ってすりつぶすのは、昆布の中にあるフコイダンを含めた歯槽膿漏に効果のある栄養成分は細胞膜に包まれており刃物で細かく刻むか歯でかみ砕かないと細胞膜に包まれた栄養成分を抽出することができないためです。

    その炒ってすりつぶした昆布を赤く腫れあがっているポイントに、朝と夜の最低2回塗ることによって昆布に含まれているフコイダンや炎症を抑える効能がピンポイントで患部に付着することで効果を発揮します。
  • 歯槽膿漏の改善に効果的な炭類

  • 歯槽膿漏の改善に効果的な炭類
  • 予防できる食材をとりつつ、それでもある程度進行してしまった時には炒ってすりつぶした昆布を塗る方法で改善できます。しかし炒った昆布を塗る方法は歯磨いた時に出血してしまう段階の歯槽膿漏であり、第2段階目の重度に近くなる膿が出る段階まで行くと効果が薄くなります。

    この第2段階の重度である膿が出る段階まで進行した場合には、炒ってすりつぶした昆布はいったん中止しその代わりの改善に役に立つ食材を利用します。その第2段階目の重度の症状を改善するために利用するとよいのが炭類です。

    炭類は食べて安全なものをあえて高温で加熱し続けることによって中身にある水分を徹底的に排除し黒い物質である炭化させたものです。なぜ炭類がいいのかというと、高温で加熱し続けることによって水分が蒸発するのですがその水分が蒸発する際に水分が出て行ったときに出来る無数の穴が生まれます。
  • その無数に生まれた穴はミクロ単位の大きさで、歯槽膿漏の原因となる歯垢や原因菌である歯周病菌の大きさとほぼ一緒です。そこで炭化した炭を歯に塗ることによって、その無数のミクロ単位の大きさの穴が歯垢をうまくからめとることに役に立ちます。

    さらに炭化すると強い殺菌作用も生まれるので、からめとった歯垢の中にいる歯周病菌を殺菌と除菌を兼ねることができるので症状緩和に役に立ちます。

    一般的には竹炭を利用するのが良いのですが、竹炭は高価で数も少なく手に入りにくいです。それでは持続的に使うのが難しいので、その代わりにフライパンでナスのヘタや皮を炭化させてすりつぶしたものを塗るとよいです。
  • 歯槽膿漏にならないためにも生活改善が大事

  • 歯槽膿漏にならないためにも生活改善が大事
  • 歯槽膿漏はひどい口臭と痛みだけでなく最終的には歯が抜ける重い症状です。なにより歯槽膿漏の最大のリスクは、その抜けた歯から原因菌である歯周病菌が侵入すると血管を通して全身に回り臓器を攻撃してしまうことで全身の健康被害につながることです。

    歯槽膿漏にならないためにも、毎日の食事の中で予防できる食材と進行してしまった場合には昆布や炭類を利用することで抑え込むことが大事です。しかし本当に大事なことは歯槽膿漏が進行するような生活を顧みることです。

    歯槽膿漏が深刻化するのは、食事の面では偏った食事だけでなく噛む回数の減少そしてストレスや細胞の修復を遅らせるような生活を繰り返すことで細胞に負荷をかけてしまっていることです。
  • 柔らかい食材を食べ続けたり、また固い食べ物でもすぐに飲み込んでしまう生活を繰り返すと、殺菌抗菌力のある唾液の分泌量が少なくなるので歯周病菌を抑え込めなくなります。

    そこで1日3食のうちに必ず歯ごたえのある食べ物を用意するとともに、その歯ごたえのある食べ物と柔らかい食べ物であっても最低でも30階以上を目安に噛む習慣を続けることで唾液の分泌とあごを鍛えることによる歯の強化にもつながるので歯槽膿漏が起きにくくなります。

    そのうえで喫煙者であれば喫煙を出来るだけ少なくするとともに、細胞の修復を促す代謝細胞を活発に動かすためにも深夜まで起きることはできるだけ避けて6時間から8時間の睡眠をしっかりとることが歯槽膿漏を未然に防ぐ方法となります。
口内トラブル《歯槽膿漏》の予防に役立つ食べ物とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事