出血する歯槽膿漏を予防するためには?

出血する歯槽膿漏を予防するためには?

Thumb?1414295452 muah♪さん

216

現在は成人の8割が歯槽膿漏と言われています。歯槽膿漏を放置することで、歯茎の腫れや痛みがひどくなります。また、歯磨きをしたときに出血することもあります。歯茎からの出血を予防するには適切な処置が必要です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 歯槽膿漏が原因の歯茎から出血

  • 歯槽膿漏が原因の歯茎から出血
  • 歯槽膿漏が原因で出血する原因は、歯茎が腫れている場合がほとんどです。歯茎が炎症を起こしているため、腫れてしまいます。炎症によって歯茎が熱を持ちます。そうすると歯茎の毛細血管が拡張して腫れを引き起こします。その腫れた歯茎は通常よりやわらかい状態になっています。歯ブラシの刺激でも簡単に出血してしまいます。

    歯茎からの出血がどうしても止まらない場合の止血方法は、清潔なガーゼなどで出血箇所を押さえます。そのまま安静にすることで血が止まることもあります。出血は血圧が高いとなかなか収まりません。いったん安静にすることで、血圧が下がり出血が止まる可能性があります。しかし、30分以上たっても出血が止まらない場合は、すぐに病院で見てもらったほうが良いでしょう。
  • 歯茎から血が出るのは炎症することが原因ですので、一度止まっても炎症を起こしている限り繰り返してしまいます。たくさん血が出ることで、歯磨きすることが恐ろしくなってしまうかもしれません。しかし、その部位の歯磨きをおろそかにすると逆効果です。できればやわらかい歯ブラシを使って丁寧に歯磨きを行いましょう。そうすることで、だんだん歯茎の血流が改善し炎症を予防することができます。

    また、歯と歯の隙間は普通の歯磨きではなかなかきれいにすることができません。専用の道具は薬局などで販売されています。少し歯茎の腫れが改善した場合は、できるだけ歯の隙間の掃除も行いましょう。
  • 歯槽膿漏の出血を予防

  • 歯槽膿漏の出血を予防
  • 歯槽膿漏による歯茎からの出血を予防するためには、日ごろからのケアが必要です。まず、出血の原因である歯茎の炎症を起こさないようにすることが大切です。歯茎の炎症は歯と歯茎の隙間に残った食べかすなどが原因です。できるだけ取り除き清潔に保つことで改善できる場合があります。また、現在歯槽膿漏ではない人も、口の中を清潔に保つことで予防することができます。

    口の中を清潔にするためには、正しい歯磨きの仕方を覚える必要があります。やみくもに力を入れてゴシゴシとこすってしまうと、歯茎に傷がついて出血してしまいます。また、手は磨きでは限界があります。電動歯ブラシを使うことも有効です。しかし、どうしても取り除くことできない歯石は歯医者さんに行って取ってもらいましょう。その際に、正しい歯磨きの方法も指導してもうこともできます。
  • 毎日のケアに取り入れたいのは、マウスウォッシュとデンタルフロスです。マウスウォッシュは口をゆすいで、殺菌するため細菌による炎症を予防することができます。デンタルフロスは歯と歯の間の食べかすを取り除くために有効なものです。糸やブラシタイプなどが一般的です。しかし、歯槽膿漏の場合は歯茎に刺激を与えることで血がでることもありますので注意しましょう。

    歯槽膿漏による出血を予防するためには、毎日のケアで口の中の環境を整えることが有効です。しかし、自宅でのケアだけではどうしても落とし切れない汚れは歯医者さんへ行って落としてもらうと良いでしょう。
  • 歯槽膿漏を改善させる方法

  • 歯槽膿漏を改善させる方法
  • 歯槽膿漏が原因で出血する場合、当然ですが歯槽膿漏を改善させないと症状は続きます。歯槽膿漏は完全に治すことはできないと言われています。しかし、比較的軽度であれば症状を改善させたり、進行を抑えることができます。

    歯槽膿漏の初期段階であれば、口の中を清潔に保つことで改善することができます。また、やわらかい歯ブラシでマッサージするように磨くことで改善する可能性があります。歯に直角、もしくは45度の角度で歯ブラシをあてます。そして、歯を一本ずつ優しく磨くようにします。歯ブラシは横に大きく動かすのではなく、振動させるように小刻みに動かすことで歯茎のマッサージと歯の汚れを落とすことができます。
  • 歯槽膿漏が進行すると、歯茎が下がってしまいます。そのため歯周ポケットが深くなってしまいます。歯周ポケットは歯と歯茎の隙間で、健康な人でも1~2ミリ程度の溝はあります。

    しかし、歯槽膿漏が進行することでどんどん深くなってゆきます。歯周ポケットが5ミリ程度であれば、歯周ポケットの中の歯石をかき出して治す方法があります。当然歯医者さんへの通院が必要となりますが、大掛かりな手術ではありません。

    歯周ポケットが5ミリ以上の深さになった場合は、歯茎を切開し歯石や歯垢を取り除く手術が必要となります。これは「フラップ手術」という方法で、症状の進行を止めて改善させる効果が期待できます。保険適用になりますので、歯槽膿漏が重度になっている人は歯医者さんへ受診しましょう。
  • 歯にしみる場合の対処法

  • 歯にしみる場合の対処法
  • 歯槽膿漏が進行すると、冷たいものがしみて痛みが走ることがあります。さらに進行することで、歯磨きをするだけでもしみるようになる場合もあります。そうなってしまうと、歯磨きをすることが苦痛になり歯磨きがおろそかになってしまいます。

    歯磨きがおろそかになると、歯の汚れが蓄積されさらに歯槽膿漏を悪化させてしまう原因となります。歯槽膿漏が悪化すると、歯茎が下がってしまい歯の根元が表面に現れることで神経の外側の層が刺激され痛みの原因となります。

    歯にしみる症状は、知覚過敏という症状です。最近では知覚過敏に効果的な歯磨き粉が販売されています。その様なものを継続して使うことで、症状が改善される可能性があります。知覚過敏用の歯磨き粉には、硝酸カリウムという成分が含まれています。この硝酸カリウムは歯の神経の興奮を抑える作用があります。1、2週間くらいで痛みを感じづらくなる可能性があります。
  • また、どうしても症状が辛い場合には、薬を塗る方法もあります。痛みの原因である、歯の神経の外側に歯と同じ成分が含まれた薬を塗ります。そうすることで、神経への刺激を抑えてくれる効果が期待できます。自宅でできる歯磨き粉タイプのものも市販されています。

    しかし、症状が重い場合には、歯医者さんで処置してもらったほうが高い効果が期待できます。また、原因を取り除かない限り症状は繰り返してしまいますので、歯槽膿漏の治療とケアも継続して行うことが大切です。
  • 歯槽膿漏で歯を失わないためには

  • 歯槽膿漏で歯を失わないためには
  • 歯槽膿漏は多くの人に見られる症状です。原因は歯についた汚れです。毎日の歯磨きがただの習慣になっており、特に意識をせずに磨いているだけでは汚れは落ちません。正しい方法で歯を磨くことが大切です。

    また、歯磨きだけでは落とし切れない汚れは蓄積されてしまいます。特に歯と歯の隙間までは歯ブラシでは磨ききれません。その場合はデンタルフロスやマウスウォッシュも併用しましょう。

    デンタルフロスは歯の隙間に使いますので、挟まって取り出しにくい汚れもかき出してくれます。マウスウォッシュは殺菌作用もありますので、炎症を抑えるのに効果的です。
  • また、自宅でのケアでは落とし切れない歯石と歯垢は歯医者さんでクリーニングをしてもらうようにしましょう。歯石や歯垢は歯磨きでは落としにくく、放置するとどんどんたまってしまいます。その歯石や歯垢に雑菌が繁殖することで歯槽膿漏を悪化させる可能性があります。保険適用で行っていますので、2、3ヶ月に1度は除去するようにしましょう。

    歯槽膿漏が悪化し、末期になると歯茎から出血しやすく膿も出てきます。そのため口臭がとても強くなります。また、歯茎が下がり歯の根元まで見えるようになります。最終的には、歯が抜け落ちてしまい、入れ歯をすることとなります。

    高齢になってくると歯が抜けて入れ歯になる人も多いでしょう。しかし、できるだけ長く自分の歯を保つためには、口の中を清潔にするよう心がけ、すでに進行している場合でも適切な処置をおこなうことが必要です。
出血する歯槽膿漏を予防するためには?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事