歯周病である『歯槽膿漏』の症状と原因とは?

歯周病である『歯槽膿漏』の症状と原因とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

418

歯槽膿漏は歯周病のうちの一番重篤な症状です。最悪の場合は歯を失うことになります。歯槽膿漏にならないためにも症状や原因を知り、しっかりと対策をする必要があります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 歯槽膿漏とは?

  • 歯槽膿漏とは?
  • 歯槽膿漏は歯周病という歯茎の病気うちのひとつです。歯周病は歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏と程度によって呼び方が変わります。歯槽膿漏は中でも最も重篤な病気です。
    歯周病は人類史上で最も感染者が多くいる感染症としてギネスブックに紹介されています。歯槽膿漏は歯が抜けるリスクが最も高い病気としても知られています。

    歯は歯槽骨という骨によって支えられています。その周りを歯茎が覆っています。歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれる空間があります。そこにプラークや歯石が溜まります。

    プラークなどに付着した細菌によって炎症を起こした歯茎が腫れて痛みを伴います。症状が進むと歯茎から出血や膿が出ます。その後さらに進行することによって歯槽骨が溶けて歯茎が下がり、歯が抜け落ちることもあります。
  • 歯槽膿漏は高齢者に多く見られます。高齢者になると口内の免疫機能が低下することとブリッジなどを長期に使用するため細菌の繁殖が活発なためです。歯肉炎、歯周炎では自覚症状が乏しいため歯槽膿漏になるおそれが高くなります。

    歯槽膿漏の進行は、それほど早くありません。症状に気がついてからでも対策することで進行を止めたり遅くすることができます。歯槽膿漏になったからと行って悲観することはありません。歯茎が腫れていて、膿が出るようなら歯科医院に行って消毒してもらうと症状を改善することができます。その後しっかりとブラッシングすることで改善します。
  • 歯槽膿漏の症状

  • 歯槽膿漏の症状
  • 歯槽膿漏になるとまず現れる症状が歯茎の腫れです。歯茎が炎症を起こしている状態で赤く腫れ上がります。痛みを感じる時と感じないときがあります。自覚症状がないことが歯槽膿漏の発見が遅れる原因になります。

    ブラッシングや咀嚼などによって炎症部分にものが当たることで出血が見られます。また、炎症部にいる細菌が免疫機能によって殺菌された場合にその死骸が膿となって歯と歯茎の間から出てくる症状が見られます。これらの症状で自覚する人が多くいます。

    膿は口臭を悪化させます。普通にしていても口が臭いと感じるようになったら歯槽膿漏を疑うべきです。口臭予防を行なっても原因が除去されないため効果がないはずです。臭いの原因は歯茎の奥の歯周ポケットに溜まるプラークや歯石に細菌が繁殖するためです。
  • 膿が出る程度まで症状が悪化するとブラッシングに影響します。痛くてブラシを当てることが困難になり、しっかりとした細菌の除去ができません。結果として、奥の方まで症状が進行します。

    深部に行くことで歯を支えている歯槽骨を溶かし始めます。支えられなくなった歯はぐらついたり、抜けたりすることがあります。そのため歯並びが悪くなることもあります。

    歯槽骨が溶け始めるとその分だけ歯茎が下がります。外側からみると歯が伸びたように感じられます。歯茎が下がると普段隠れている歯の根元の部分が露出するようになるため、知覚過敏の症状が現れます。
  • なぜ歯槽膿漏になるのか

  • なぜ歯槽膿漏になるのか
  • 歯槽膿漏の主な原因は細菌です。ブラッシングの磨き残しがプラークとして歯の周りに付着します。特に歯と歯肉の境目に付着して、その部分が炎症を起こします。そのまま放っておくと歯はもちろんこと歯槽骨まで侵食し、溶かしてしまいます。

    口内には普段からたくさん菌が存在しています。特にプラークは1mgの中に10億個程度の細菌が染み付いていると言われています。定期的な正しいブラッシングを行わないと歯に細菌が付着しやすい環境になります。特に唾液が少ない場合も殺菌効果が下がるため感染しやすくなります。
  • 歯垢はそのまま放っておくと歯石になり、より硬くなります。通常のブラッシングでは取れないくらいの硬さです。ここまで硬くなるとブラッシングでは取り除くことは困難です。

    通常は口内の細菌に対して免疫機能が働いているので感染しません。ストレスや生活環境の変化などにより免疫力が下がると菌に感染しやすくなります。結果として歯槽膿漏になることがあります。

    免疫力を下げる原因としては、不規則な生活、喫煙、全身性の疾患、ホルモンバランスの崩れなどの使用などが考えられます。そのほかにも歯槽膿漏の原因となるのが噛み合わせの悪さ、入れ歯やブリッジの不適合、遺伝、家族間による感染などです。

    口内の環境が適正でないことが多いため定期的な検診を受ける必要があります。歯槽膿漏になる前に原因となるものを地道になくして行くことです。
  • 歯槽膿漏の対策方法

  • 歯槽膿漏の対策方法
  • 歯槽膿漏の原因となる感染を抑えるために行うことはただ一つです。定期的なブラッシングで口内をきれいに保ち、プラークなどを長時間付着しないようにする必要があります。特に歯と歯の間に付着している細菌には注意しなければいけません。

    歯ブラシを使ったブラッシングだけで完全に取り除くことはできません。そのためできる限り菌が少ない状態を目指します。歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを使います。

    また、マウスウォッシュも効果的に口内を殺菌することができます。ブラシでは届かないような所の雑菌も除去することができます。
  • 歯石は歯槽膿漏の原因のひとつです。歯石が溜まってしまったら歯科医院に行ってクリーニングよって除去してもらいます。歯の表面にこびりついた歯石は簡単に取れるものではありません。器具などを使ってしっかりと取り除きます。

    唾液がきちんと分泌されることも重要です、唾液には殺菌効果と洗い流す効果の2つがあります。
    しっかりと分泌された唾液が歯の表面を覆い、細菌を攻撃して殺菌します。その時に出た死骸を飲み込み胃酸で溶かします。

    歯槽膿漏の対策としてもう一つは、免疫力の維持、改善です。免疫力が高くなれば口内環境が改善されて感染しにくい状態になります。そのためは規則正しい生活習慣が不可欠です。栄養バランスのとれた食事をすることや十分な睡眠をとること、ストレスを溜めないなどの対策が考えられます。
  • 歯槽膿漏にならないために

  • 歯槽膿漏にならないために
  • 歯を失う原因の第一位である歯槽膿漏にはできる限りなりたくないと思うはずです。そのためには口内の清浄性と免疫力に維持が重要です。ブラッシングもできる限りこまめに行うと良いでしょう。

    歯槽膿漏に直接関係するプラークや歯石は、歯に付着している時間が長ければしっかりと定着します。
    だから早めのブラッシングが効果的です。

    歯石やプラークはエナメル質に付着して酸を発生することで歯を溶かして歯の内側に穴を開けます。歯茎については炎症を起こします。そのような歯石やプラークを早めに取り除くことが重要です。

    歯槽膿漏はぐらついている状態からでもある程度回復することができます。歯医者に行くことを躊躇せず早めの対応を心がけた方が安心です。放置しておけば必ず悪化して歯を失うことになります。
  • 出血や膿があっても虫歯に比べて痛みが少ないので軽視しがちです。それが歯槽膿漏を悪化させて歯を失う原因です。一度歯が取れてしまうと残った歯に負担がかかって歯槽膿漏の新たな原因になる恐れがあります。

    最近では技術が進み、痛みがほとんどない状態で歯石やプラークを除去することができます。半年に一度ぐらいは歯医者を受診して歯の検査やクリーニングを行うことで発生するリスクを減らすことができます。

    特に高齢者や妊婦は歯周病になる恐れが高いため注意が必要です。毎食後のブラッシングや間食を減らすことも効果的です。何しろ口内を清潔に保つ努力が重要です。
歯周病である『歯槽膿漏』の症状と原因とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事