歯槽膿漏になりやすい年齢と対策方法を知ろう!

歯槽膿漏になりやすい年齢と対策方法を知ろう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

295

歯槽膿漏は年齢を重ねるほどリスクが高まり、特に30代からは注意が必要でしょう。毎日のセルフケアとして歯磨きを徹底し、歯垢を蓄積させないことが何より大切です。口内環境の変化を感じたら、本格的なケアが必要です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 歯槽膿漏は30歳くらいから対策が必要
  • 30代から歯槽膿漏の発症率が上がる理由
  • 歯槽膿漏は10代から予防対策を
  • 歯槽膿漏の年代別の対策を実践しよう
  • 歯槽膿漏の対策のまとめを紹介
  • 歯槽膿漏は30歳くらいから対策が必要

  • 歯槽膿漏は30歳くらいから対策が必要
  • 歯の疾患はなりやすい人・なりにくい人がいますが、一般的に歯槽膿漏の場合だと30歳くらいから注意するべきでしょう。正しい歯磨きの方法を把握しておき、歯垢を残さないように除去する必要があります。歯垢が原因物質となるので、これをしっかりと除去していけば問題ありません。

    歯槽膿漏は年齢を重ねるほどリスクが高くなるので、定期的に歯科検診を受けてください。歯磨きのアドバイスを受けることで、定期的に磨き方を見直すことができます。知らず知らずのうちに間違った方法で磨いてしまっている場合は多く、しばらく歯科に行っていない方ほどこの傾向が強くなります。
  • 歯科で歯磨き指導を受けても、時間の経過とともに忘れてしまい、自分流の磨き方に戻ることは少なくありません。歯磨きの方法が間違っていると歯垢が溜まりやすいので、若い年齢で歯槽膿漏になりやすいです。

    定期的に歯科でクリーニングを受けているから大丈夫と考える方もいますが、口腔ケアの基本はセルフケアです。歯科検診は数ヵ月に1回の頻度ですが、セルフケアは毎日行うものでしょう。

    体質によって歯垢が溜まりやすい方もいますが、毎日しっかりと歯磨きをして歯垢を発生させないケア、つまりプラークコントロールを徹底していれば発症を予防することができます。歯間ブラシやマウスウォッシュなども併用して、歯垢が溜まらないように対策してください。症状は急激に進行することはないので、自覚してから適切なケアをすれば進行を防ぐことができます。
  • 30代から歯槽膿漏の発症率が上がる理由

  • 30代から歯槽膿漏の発症率が上がる理由
  • 年齢を重ねるほど歯槽膿漏のリスクが向上し、特に30代からは注意が必要です。20代と比べてリスクが上がる年齢であり、これには口腔へのダメージも関係しています。間違った歯磨き、ストレス、喫煙などは特に危険因子となりやすいです。

    歯茎がぐらつく、出血が多くなる、口臭が強くなる、などの自覚症状が出てきたら、早めの対策が必要でしょう。歯の疾患は原因を解決しない以上、今より状態がよくなることはありません。一時的に症状が軽くなったように思えても、実際は進行しています。

    30代になると不規則な生活になりやすく、その理由として生活スタイルの変化があります。仕事が忙しくなると歯を磨く時間を確保するのが難しく、洗口液を使用して終わりというケースもあるでしょう。こうした生活が続くと口腔環境が悪化していき、歯槽膿漏のリスクを高めてしまいます。
  • 仕事のストレスが溜まりやすいのも30代であり、口内の免疫力が低下することでリスクが高まります。ストレスを溜めやすい人、喫煙する人などは免疫力が低下しやすいです。口内細菌によるダメージを受けやすくなるため、歯垢が溜まりやすくなるわけです。

    歯垢は歯槽膿漏の原因物質であり、除去をしないと硬い歯石に変わってしまいます。歯石になると自分で除去ができないので、歯垢の段階で落としていく必要があります。正しいブラッシング方法で毎日歯磨きをして、歯をツルツルに保つことが歯槽膿漏対策として必須です。
  • 歯槽膿漏は10代から予防対策を

  • 歯槽膿漏は10代から予防対策を
  • 10代で歯周病に悩んでいる方は少ないでしょうが、若いからと安心してはいけません。若いころからのケアの積み重ねが、将来の歯周病を防いでくれます。10代からの予防対策の基本は正しい歯磨きであり、歯科で指導を受けるのが一番です。

    歯槽膿漏が重症化した場合はプラークコントロール指導を受けますが、そうなる前に予防しておくのがベストです。1日3回の歯磨きを心がけて、歯磨きのあとにマウスウォッシュを使用するとなお効果的でしょう。歯磨きができていないときは、マウスウォッシュでうがいだけでもしておきます。
  • 食べ物はやわらかいものを摂りすぎないように注意する必要があり、これは歯垢を溜めやすいからです。10代のころは家族が作ってくれた料理を食べることが多いでしょうが、よく噛んで食べることで唾液の分泌を増やして、歯垢の付着を予防することができます。歯磨きガムも歯垢付着を予防してくれるので、おやつとしておすすめします。

    ストレス・病気予防も将来の歯槽膿漏予防に役立つので、10代のうちから規則正しい生活を意識してください。免疫力が低下すると口内環境も悪化するので、歯周病が発症しやすくなります。歯周病は進行性の疾患なので、予防することが何より大切です。

    風邪をひきやすい方は免疫力も低いと考えられるので、健康対策はより徹底してください。簡単に行える対策は毎日湯船に20分ほど浸かって温浴し、早寝早起きをして疲労・ストレスを解消することです。
  • 歯槽膿漏の年代別の対策を実践しよう

  • 歯槽膿漏の年代別の対策を実践しよう
  • 歯槽膿漏は30代からリスクが高くなりますが、本格的に症状が進行してくるのは一般的に40代からです。歯周病は緩やかに進行していくので、自覚症状に気づいてからすぐに対策すればOKです。まだ大丈夫と放置してしまうと、確実に進行するので注意してください。

    歯槽膿漏の対策は基本的に何歳になっても同じであり、正しい歯磨きにあります。30代になると口内がベタつくことが多くなるので、歯槽膿漏専用の歯磨き粉を使用してみましょう。歯周病を予防してくれる歯磨き粉全般は口臭を抑える役割もあります。
  • 口臭がない状態は口内細菌が少なく、歯垢が発生しにくい状態にあります。歯垢が付着しやすいと感じたら、口内環境が悪化している証拠です。1000円くらいのちょっと高い歯磨き粉を使用して、歯茎から念入りに磨いてください。

    50代~70代は非常に歯周病のリスクが高くなるので、歯科の定期検診を欠かさないようにしてください。定期検診を受けることで口内環境の状況がわかりますし、正しい歯磨きを再認識することができます。正しい歯磨きを家で実践していても、人はしばらくすると自己流のケアに変わっていくことが多いです。

    生活習慣が乱れていると30代から歯槽膿漏が発症し、40代までにかなり進行してしまうこともあります。年齢にかかわらず生活改善を徹底し、規則正しい生活を送るようにしてください。免疫力を高く維持することで、歯槽膿漏の原因菌を抑えることができます。
  • 歯槽膿漏の対策のまとめを紹介

  • 歯槽膿漏の対策のまとめを紹介
  • 歯槽膿漏は予防するのが基本ですが、口腔環境には個人差があるので正しい歯磨きをしても進行を防げない方はいるでしょう。いち早く症状に気づくためには、歯科の定期検診を受けるのが一番です。症状が悪化してから対策をする人は多いでしょうが、完治させることはできません。

    歯槽膿漏は予防によって進行を抑える対策が中心となるため、毎日の歯磨きは欠かさないようにしてください。歯垢が歯槽膿漏の原因となるため、歯磨きでしっかりと落としていきます。ベタベタした歯垢が溜まってしまい、やがて歯石へと変化すると除去が難しくなります。

    歯石を放置すると歯槽膿漏の進行が早くなるため、歯科でクリーニングをしてもらいましょう。ザラザラした物質が歯に付着している場合、それはすでに歯石になっています。歯垢の段階で除去するのが好ましいため、歯槽膿漏用の歯磨き粉やマウスウォッシュなどを使用して、歯垢の沈着を防いでください。
  • ストレスは歯にとってデメリットしかないので、予防対策が必須となります。ストレスを溜めやすい方は身体を温めて、早めに眠るようにしてください。就寝は最大のストレス解消法なので、夜ふかしはしないようにしましょう。

    喫煙する方は歯周病の進行スピードを早めるため、早めに禁煙する対策が必要です。喫煙習慣があると若い年齢からリスクが高まるため、段階的に禁煙をするべきでしょう。禁煙によって口内環境が正常になれば、歯垢が溜まりにくくなります。
歯槽膿漏になりやすい年齢と対策方法を知ろう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事