早く治したい!!歯槽膿漏の痛みを改善する方法とは?

早く治したい!!歯槽膿漏の痛みを改善する方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

448

歯槽膿漏の痛みは、ある程度症状が進行していることが分かります。改善するためには、病気の治療と歯磨きを並行して行わなければいけません。回復までには長い期間がかかります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 歯槽膿漏の痛みの原因
  • 歯槽膿漏の痛みを緩和する方法
  • 歯槽膿漏の痛みを改善する方法
  • 歯槽膿漏になった場合の注意点
  • 歯槽膿漏から歯を守る
  • 歯槽膿漏の痛みの原因

  • 歯槽膿漏の痛みの原因
  • 歯槽膿漏は、初期の段階では痛みがありません。そのため、自分が歯槽膿漏であると気づかぬまま症状が悪化してしまうことが珍しくない病気です。

    歯槽膿漏が中度以降になってくると、噛むと痛いなどの症状が出てきます。これは、歯槽膿漏の菌によって、歯を支える骨が溶かされてしまい、噛む力に耐えられなくなってしまうからです。歯が浮いたような感覚があり、指で歯を触るとグラグラするのも特徴です。

    歯槽膿漏で歯茎に痛みを感じる場合、ある程度症状が進んでいることが分かります。噛まなければ痛まないからと、放置してしまうとどんどん症状はひどくなってしまいます。

    歯槽膿漏は進行性の病気なので、我慢していても自然に治ることはありません。放置することは、症状の悪化を招いてしまいます。

  • 痛みがあるということは、その他にも症状があります。

    歯を磨くと出血をしたり、膿が出てきたり、口臭というのが主な自覚症状です。朝起きた時に、口の中がネバネバすると感じる人も多いです。症状が進むと、歯茎の位置が下がるので、歯が伸びたように見えます。

    歯槽膿漏の痛みは、虫歯とは異なり重い鈍痛であることが多いです。虫歯のようにズキズキする急性ではなく、鈍い痛みが続くので、その状態に慣れてしまうこともあります。

    しかし、痛んでいるということは、歯槽膿漏であるということです。できるだけ早く歯科医院を受診して、治療を受けなければ改善することはありません。
  • 歯槽膿漏の痛みを緩和する方法

  • 歯槽膿漏の痛みを緩和する方法
  • 歯槽膿漏の痛みは鈍いものですが、継続的なので快適とは言えません。そこで、痛みを緩和する方法を知っておきましょう。

    まず、一番手軽に効果を発揮するのは、痛み止めを飲むということです。薬の効果により、痛みを感じずに過ごすことができます。ただ、薬がなければ日常生活を送れないようになってしまうというのはいけません。あくまで一時的な処置であることを覚えておきましょう。

    痛み止めを継続すると、胃腸への負担も強くなってしまいます。痛み止めは毎日飲む種類の薬ではないので注意しましょう。
  • 自宅で行える方法としては、痛い部分を冷やすというものです。氷などで直接冷やしてしまうと刺激が強いので、冷やしたタオルなどを頬に当てるようにします。炎症が起きている部分を落ち着かせ、緩和することが出来るでしょう。

    歯槽膿漏の歯はうまく骨によって支えられていない状態です。この時に固い物を噛んでしまうと、歯への負担が強くなり痛みを感じやすくなります。食べ物はやわらかいものにして、刺激を避けるようにしましょう。噛むときもゆっくりと行うと安心です。

    歯茎の腫れなどの症状もあるので、うがい薬などでお口の中を殺菌するという方法もあります。お口の中全体にうがい薬が行きわたるように、大きくうがいしましょう。この時に、出血しているからといってブクブク強く行うことがありますが、強く行う必要はありません。やさしく丁寧に行います。
  • 歯槽膿漏の痛みを改善する方法

  • 歯槽膿漏の痛みを改善する方法
  • 歯槽膿漏の痛みを改善するためには、歯科医院に行く必要があります。進行性の病気なので、自分だけでは症状を止められないからです。

    歯科医院では、お口の中の状態を正確に知るためにレントゲンを撮影します。骨がどこまで溶かされてしまっているかを確認し、状態にあった治療をすることで症状を改善していきます。

    骨がない歯というのは、支えがない状態なのでグラグラし、歯も移動しやすくなっています。出っ歯になったり、歯並びが悪くなってしまうこともあります。こうなってしまうと、歯磨きもやりにくくなり、余計汚れやすい状態になります。

    歯槽膿漏の原因は、細菌です。お口の中をきれいにして、細菌の数を減らすことが治療の上で大切になります。そこで、歯科医院では歯石を取り、歯垢を取ることで細菌の数を減らしていきます。

    症状が良くなるので、痛みも改善することができます。
  • また、歯槽膿漏では正しい歯の磨き方を身に着けることが欠かせません。汚れがたまりやすい部位を知り、きれいにすることで、お口の中が清潔な状態になります。

    歯ブラシが当たっただけで痛む場合は、やわらかめの毛先を選んで、力を入れずに磨きましょう。こうすることで、歯科医院でのケアと自宅でのケアの両方で痛みを改善することができます。

    どちらも歯槽膿漏を治すためには必要なものです。毎日きちんと意識して磨くようにしましょう。歯間ブラシやデンタルフロスの使用もおすすめです。
  • 歯槽膿漏になった場合の注意点

  • 歯槽膿漏になった場合の注意点
  • 歯槽膿漏になってしまった場合は、できるだけ早く歯科医院に行くことが大切です。歯槽膿漏だと気づく症状の中でも一番分かりやすいのは、歯を磨くときに出血するというものです。歯茎が腫れているために、磨く刺激で歯茎から血が出るためです。

    毎日磨くと出血するから、それが当たり前だと思い込んでいる人もいますが違います。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯槽膿漏の歯茎は赤くブヨブヨと腫れています。鏡でお口の状態をチェックする習慣をつけるのもいいでしょう。
  • 歯槽膿漏は放置していても自然に治ることはありません。どんどん進んでいくので、早く受診し、早く治療を開始することで歯を守ることができます。炎症が歯茎だけであれば、健康な状態に戻ることができます。

    しかし、炎症が進んでしまい、骨が溶かされているとなかなか健康な状態に戻ることは難しくなります。溶かされた骨が戻ることは、ほとんどないからです。

    骨まで炎症が進んでいても、治療を開始することで、それ以上の進行を止めることができます。気づかないうちに進んでしまう歯槽膿漏ですが、気付いた段階で治療をすることで悪化を防ぎ、より健康な状態に近づくことは可能です。

    歯槽膿漏というのは、ゆっくりと確実に進んでいきます。初期の段階で痛みはありませんが、改善することは可能です。かかりつけの歯科医院を持ち、お口のことを何でも相談できる環境を用意しましょう。
  • 歯槽膿漏から歯を守る

  • 歯槽膿漏から歯を守る
  • 歯の病気と言えば、虫歯を思い浮かべます。しかし、歯を失う主な原因は虫歯ではなく歯槽膿漏です。歯槽膿漏は歯茎や骨といった、歯の周りに起こる病気です。歯自体は健康でも、支えているこれらの組織が歯槽膿漏になることで、歯は抜け落ちてしまいます。

    痛み、腫れ、出血など自覚症状があれば早く歯科医院を受診しましょう。いつも腫れているから大丈夫というように、自分を安心させてしまう人がいますが、腫れというのは炎症が起きている証拠です。

    歯槽膿漏があると、細菌が口の中から全身に回ってしまうことが分かっています。妊娠中の女性が歯槽膿漏になっていると、早産の危険性が高まりますし、成人の心臓病の割合も悪化することが分かっています。
  • 歯槽膿漏から歯を守るということは、健康なお口で食べる喜びを感じるとともに、全身の健康を守ることにつながります。もちろん、歯も歯茎もきれいな状態であれば、見た目の印象も若くなり、より美しい口元になることができます。

    歯槽膿漏というのは日本人の8割がかかっている病気ですが、ほとんどの人が、自分が病気であるという自覚がありません。それは、気付かない間に進んでいく病気だからこそです。歯槽膿漏と言う病気があり、歯を失ってしまう原因であることを知ることはとても大切です。

    歯槽膿漏から歯と全身の健康を守るためにも、毎日の歯磨きをしっかりとして、歯科医院でもチェックを受けるようにしましょう。
早く治したい!!歯槽膿漏の痛みを改善する方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事