歯槽膿漏は男性より女性のほうがなりやすいって本当!?

歯槽膿漏は男性より女性のほうがなりやすいって本当!?

Thumb?1414295452 muah♪さん

441

普段からしっかりと歯磨きをしていない場合には、虫歯になりやすく口内環境の悪化につながることもあります。また、加齢に伴い歯周病に悩まされる方もいるでしょう。きちんと対処しなければ歯槽膿漏になることもあるため、予防を心がけていきましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 歯槽膿漏における男性と女性の差は
  • 歯槽膿漏は女性ホルモンの影響がある
  • 歯槽膿漏にならないための予防は
  • 妊娠中で歯槽膿漏になった場合には
  • 歯槽膿漏にならないために予防を心がける
  • 歯槽膿漏における男性と女性の差は

  • 歯槽膿漏における男性と女性の差は
  • 普段、歯磨きをきちんと行っている場合には、比較的、歯や歯茎の状態もよく、口内環境もかなりいい状態を保つことになります。歯磨きにより歯垢や歯石などのつきにくく、雑菌なども繁殖しにくいため定期的に歯磨きをきちんと行うことは重要です。

    加齢に伴い、歯や歯茎の状態などもある程度衰えてくる場合もあり、きちんと歯磨きをしていない場合には、歯周病、そして悪化すると歯槽膿漏などになる可能性もあります。歯槽膿漏になると、歯茎の状態もかなり悪い状態になり、歯並びなども悪くなり、状態によっては、歯を支えきれず歯が抜け落ちてしまう可能性などもでてきます。

    見た目的にもあまりいい状態ともいえず、口臭の原因や歯茎の腫れ、出血などによる痛みなどもでてきてしまうと、口内の状態としてはかなり悪い状態といえるでしょう。

    歯槽膿漏により、口内環境だけでなく、食事でしっかりと噛むことができない、胃腸への負担や消化不良による栄養不足、その他にも体にとってさまざまな悪影響となることも考えられます。
  • また、歯槽膿漏の場合には、男性と女性でもなりやすさなどにも違いがあります。男性に比べて女性のほうがなりやすい傾向があり、理由としては女性ホルモンなどのホルモンが影響しています。

    だからといって男性もきちんと定期的に歯磨きをしなければ、歯槽膿漏になる可能性もあるため、油断はできません。

    女性の場合には、歯槽膿漏になりやすい傾向はあっても、スキンケアやファッションにこだわり、見た目をある程度意識して過ごしている方も多く、歯などに関してもある程度意識する方もいるため、日頃から歯磨きなどをしっかりと行い、歯の黄ばみを防ぎ、歯周病、歯槽膿漏の予防をしている場合も多い傾向もあります。
  • 歯槽膿漏は女性ホルモンの影響がある

  • 歯槽膿漏は女性ホルモンの影響がある
  • 男性と女性では、身体に対しても違いがありますが、病気などでも同じようにかかる場合もありますが、そのかかる比率などに差がでる場合もあります。

    歯周病に関しても女性のほうがかかりやすい傾向があり、理由としては、女性ホルモンにより、歯茎の腫れや出血につながりやすいという点です。女性ホルモンの分泌量の増加により、歯周病菌の影響がでてしまい、症状として出やすく、悪化しやすく、歯槽膿漏の状態にもなりやすい傾向があります。

    そのため、女性の場合には、ホルモンバランスが乱れやすい時期は、ある程度注意が必要です。思春期の時期になると、女性ホルモンの分泌量が増加する傾向があり、体つきなども変化していきます。
  • この時期などは、ニキビができやすくなったり、見た目的にもさまざまなホルモンの影響を受けることになりますが、歯や歯茎に対してもある程度意識することも必要だといえるでしょう。

    また、成長期である大切な時期でもありますが、歯や歯茎などが痛みや腫れ、出血などがあると食事に関しても影響がでてしまいます。しっかりと栄養を摂取する必要がある時期に食事がしにくい、食欲減退の原因にならないように対策、予防をしていくことも必要です。

    思春期の時期には、本人もある程度意識することは重要ですが、まだ、成長期の時期である子供でもあるため、親がきちんとサポートしてあげるということも症状を悪化させないためにも重要なことです。
  • 歯槽膿漏にならないための予防は

  • 歯槽膿漏にならないための予防は
  • 男性、女性に限らず歯や歯茎の状態が悪化しないようにするためには、歯磨きを定期的にしっかりと行うことです。歯磨きを適当に済ませてしまうと、徐々に口内環境の悪化につながり、口内の悪化だけにとどまらず、健康面においても悪影響となりかねません。

    日頃から、しっかりと歯磨きを行い、歯をきれいにそして歯茎がやせないように、歯茎なども適度にブラッシングを行いましょう。また、自分の歯茎の状態にもよりますが、歯茎をきずつけないように自分の歯茎にあった歯ブラシを使うということも必要です。

    歯茎がそれなりにしっかりとしている場合には、ある程度かための歯ブラシを使用しても歯茎が傷つくことはありませんが、歯茎があまり強くない、状態がよくない場合には、歯ブラシによって傷ついてしまうこともあります。自分の歯茎の状態なども考慮して歯ブラシのかたさなども選ぶようにすることが大切です。
  • 歯槽膿漏にならないために、口内環境を改善していくには、デンタルフロスも使用してしっかりと歯の隙間などもきれいにしておきましょう。

    歯磨きを丁寧に行っても、歯の隙間に食べかすなどが残ってしまうこともあります。それがそのまま放置状態になると、歯垢、歯石の原因、そして虫歯や歯周病へのリスクを高めることにもなります。できるだけ、口内環境の状態をよくするためにも、しっかりと歯の隙間などもきれいにしておくことが予防策につながります。
  • 妊娠中で歯槽膿漏になった場合には

  • 妊娠中で歯槽膿漏になった場合には
  • 女性ホルモンが増加する時期として、妊娠中の時期も当てはまります。この時期は、つわりなどさまざまな症状がでてしまったり、安定期に入るまでは体にとってはさまざまな症状がでることもあります。

    また、ストレスなども溜まりやすく、体型などもある程度変化するため、運動不足などにもなりがちです。このような大変な時期ではありますが、歯周病、そして歯槽膿漏になる可能性としては、比較的高いといえるでしょう。

    できれば、妊娠中に関しても、しっかりと歯磨きを行い自分なりに予防を心がけることが重要ですが、予防しきれず歯槽膿漏になった場合には、どうしたらいいのかわからないという方もいるでしょう。
  • 赤ちゃんがお腹のなかにいる状態で歯槽膿漏の治療を受けてもいいのか悩む方もいるでしょうが、基本的に歯槽膿漏の場合でも治療を受けることはできます。ですが、時期的には、安定期などに治療をしてもらうほうがいいでしょう。

    歯槽膿漏の状態がひどい、できれば早く治療したいという場合もありますが、治療を受ける前には、歯科で相談をしてみることが大切です。歯槽膿漏の状態、また、妊婦の状態など医師に判断してもらうことが大切です。

    ですが、妊娠中にできれば歯槽膿漏などの状態にならないように、予防をしていくということが理想的でもあります。日頃から、自分でしっかりと対策をしておけばある程度は症状の悪化を防ぐこともできるため、歯槽膿漏にならないように、日頃からの歯磨きをきちんと行うように心がけていきましょう。
  • 歯槽膿漏にならないために予防を心がける

  • 歯槽膿漏にならないために予防を心がける
  • 歯槽膿漏になると、健康面、また自身の見た目、そして生活面においてもかなりの影響がでてしまいます。痛みなどによりストレスなども溜まりやすくなるため、できればそのような状況にならないように、日頃からの予防をしていくことが重要です。男性、女性問わず、歯磨きをきちんと行うことを心がけていきましょう。

    また、口内環境を改善していくためには、歯科での定期検診などに通い、歯や歯茎の状態のチェック、歯垢や歯石の除去を定期的に行ってもらいましょう。そうすることで、虫歯の予防にもなり歯茎の状態に関しても悪化している場合には、歯磨きの仕方などに関しても指導をしてもらえたり、アドバイスがもらえることもあります。

    自分で予防をきちんと行えることが理想的ではありますが、やはり、プロからの指摘や指導を受けることで、歯や歯茎などに対しての意識の向け方も変化してくることでしょう。
  • 予防が大切なことはわかっていても、いざ症状として現れなければ真剣に予防に取り組めないという方もいます。そのような方のためにも、自分で予防に対する意識を高めるためにも、歯科の定期検診に通い、自分の歯や歯茎の状態を知り、口内の状態を改善してもらうこと、そして状況によっては歯磨きなどの指導をしてもらうことが大切です。

    歯や歯茎の状態が悪化しないように、自分なりにしっかりと対策、予防、そして歯科などもうまく利用していくようにしましょう。
歯槽膿漏は男性より女性のほうがなりやすいって本当!?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事