新型頭痛の特徴的な症状と治療方法とは

新型頭痛の特徴的な症状と治療方法とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

600

偏頭痛に悩まされている人が、適切な治療をせず市販の頭痛薬等で痛みをごまかしていると慢性化し、新型頭痛に移行する危険性があります。通常の偏頭痛とは違った症状を伴うのが特徴で、高齢者に多い傾向があります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 新型頭痛とはどういうものか
  • 新型頭痛に見られる症状
  • 新型頭痛と普通の頭痛の見分け方
  • 新型頭痛を予防するための対処法
  • 頭痛と思って甘く見てはいけない
  • 新型頭痛とはどういうものか

  • 新型頭痛とはどういうものか
  • 頭痛には偏頭痛、緊張性頭痛、群発型頭痛の大きく分けて3種類あることが知られています。頭痛をもたらす原因疾患が特定できるものを2次性頭痛と言いますが、ここで検討するのは原因が必ずしも明らかでない、1次性の頭痛です。

    新型頭痛が関係しているのは、偏頭痛と言われています。偏頭痛の通常の症状は、頻度が月数回程度ですが痛みは数時間から3日程度に頭の左右の片側に拍動性のズキンズキンとした、強い痛みを自覚するのが特徴です。

    偏頭痛は毎日のように症状が現れるわけでは無いので、市販の鎮痛剤で痛みをやり過ごしている人は少なくありません。しかし市販薬の痛みを抑える仕組みは、脳内で生成されている痛み物質に直接作用しているわけではなく、痛みを自覚しないようにしているに過ぎません。

    偏頭痛は、光などの外的刺激に脳細胞が敏感に反応し、興奮した脳内血管が拡張されて、血管の周囲にある神経を圧迫刺激することにより、痛みを自覚することが原因です。このような興奮状態を放置しておくと、脳細胞は更に刺激に敏感になり少しの刺激でも興奮し痛みを感じるようになります。

    長年の偏頭痛により脳が興奮状態に陥っている状態が慢性化すると、新型頭痛(脳過敏症候群)に移行する可能性があります。加齢が進むと動脈硬化等により血管壁の柔軟性が失われていくので、痛み自体は軽減していきますが、その他の症状が強まるため認知症や脳卒中と間違われる可能性があります。
  • 新型頭痛に見られる症状

  • 新型頭痛に見られる症状
  • 新型頭痛は偏頭痛の痛み以外に、身体的不調が現れる特徴があります。症状を見極めるポイントとしては通常の偏頭痛とは違った症状が出ているかどうかをセルフチェックすることです。そこでまず通常の偏頭痛の症状を確認しておきましょう。

    痛みの場所は必ずしも左右のいずれか片側ではなく、頭全体に痛みを感じることも珍しくありません。脳が校風状態にあるため光や音、臭いに敏感になり、視野に白い霧が現れたり、視野にねじれが見られるなどの症状が痛みと共に現れることがあります。

    生理前に酷くなることや、吐き気を伴うことも珍しくありません。このように偏頭痛の症状も比較的多彩な症状を呈していますが、あくまで頭痛以外は副次的症状に止まっています。
  • 新型頭痛は脳が興奮することを原因としているため、脳のどの場所が興奮しているかによって症状は異なります。脳の横の部位が興奮すれば聴覚神経を刺激するため耳鳴りが生じ、睡眠中枢は興奮すると不眠になります。

    興奮状態は最大で72時間も継続するといわれており、新型頭痛は単なる頭痛の中では図れない展開を見せるといえます。新型頭痛は年齢的にも高齢者が高い割合を占めており、認知症などとも似た状態になるため、それらの病気との鑑別が重要です。
  • 新型頭痛と普通の頭痛の見分け方

  • 新型頭痛と普通の頭痛の見分け方
  • 以上のように軽視できない様子をみせる新型頭痛ですが、普通の頭痛とはどの基準で見分ければいいのでしょうか。先ほど述べたように頭痛には3種類あり、偏頭痛を中心に考察してきました。普通の頭痛についての知見を得るために、緊張性頭痛と群発性頭痛の症状の特徴を見てみましょう。

    緊張性頭痛は、頭の周りを締め付けられるような感じの鈍い痛みが特徴です。緊張性頭痛は精神的ストレスや肉体的ストレスの蓄積により後頭部の筋肉の緊張や血行不良によって、痛みが出現します。痛みの特徴としては環により締め付けられる痛みが持続的に続き、頭重感も併発します。

    群発性頭痛は痛みが強烈で、頭の片側が痛み同じ側の目が充血するなどの症状が、連日続き数週間続くこともあります。
  • これらに対し新型頭痛では、偏頭痛を基礎疾患として適切な治療を逸した結果、慢性化した状態です。そのためまず偏頭痛症状を伴うことが多いと言えます。ただし高齢者では血管の拡張機能が落ちているので、神経刺激症状が比較的軽いため痛みは弱く自覚することも少なくありません。

    高齢者で、頭がむずむずする感覚や、虫がはっているような不快感を訴え、鎮痛剤を服用しても症状の改善が見られない場合、新型頭痛の可能性があります。これらに加えて不眠なども自覚しているようであれば新型頭痛の疑いが高まります。

    普通の頭痛では主に痛みの程度や部位に違いはありますがあくまで頭の痛みがメインになるのに対し、新型頭痛では頭痛に加えて、様々な不定愁訴を随伴するのが特徴です。
  • 新型頭痛を予防するための対処法

  • 新型頭痛を予防するための対処法
  • 新型頭痛は偏頭痛につき適切な治療を行っていないことに原因があります。市販の鎮痛薬でも痛みは除去できるのだから問題ないのではないか、と疑問を持つ向きも少なくないでしょう。

    しかし偏頭痛の原因は、ストレスにより血管の収縮作用が緩み、広がった血管が神経を刺激するためです。そこで痛みを根本から治療するためには、脳の興奮を収め血管収縮作用を回復する必要があります。

    ところが市販の鎮痛薬は、単に脳からの痛みの信号を遮断して痛みを抑制するに過ぎません。脳内の興奮状態は一切回復する作用を持つわけではないので、脳の興奮状態は継続したまま日常的に固定されてしまいます。
  • 恒常的な脳の興奮状況が新形頭痛による様々な症状をもたらしているので、この基礎条件を改善する治療がとられないといつまでも回復することなく悪化する可能性すらあります。

    最近ではこのような偏頭痛による脳内状態を改善するための薬(トリプタン系製剤)が医師により処方されており、劇的な改善が見られる人も少なくありません。

    その新薬の偏頭痛への作用機序は、脳内の炎症性物質を除去することで痛みを根本からコントロールする事です。脳内の血管は拡張して腫れると炎症性物質が分泌されて周囲の脳細胞を刺激します。そこで、この新薬は血管の腫れを鎮めることで痛みを根本から改善させる効果が発揮されます。

    新型頭痛に悪化する前に、偏頭痛を甘く見ないで医師の治療を受けることが重要です。
  • 頭痛と思って甘く見てはいけない

  • 頭痛と思って甘く見てはいけない
  • 偏頭痛を始めとして頭痛は身近な症状です。ありふれている上に市販薬でも乗り切れることが多いので軽視しがちです。群発型頭痛では痛みが強烈なため医師のもとに駆け込む人が多いようですが、頭くらいは大丈夫との認識を抱きがちです。

    しかし新型頭痛に見られるように頭痛も慢性化すると、様々な症状を引き起こします。この原因は脳の興奮状態を適切にコントロールしないまま放置した末路といえる状態です。

    新型頭痛は比較的高齢者に生じることが多く、攻撃的な行動や態度を取ったり、奇行に走ったりと一部の認知症の症状に類似した経過を辿ることもあり、認知症と混同される危険性を秘めています。

    一般的には片頭痛は比較的痛みが強いですが、高齢者の新型頭痛では痛みを自覚する機能が低下しているため、頭痛はさほど強くないこともあります。しかし不眠や不安感、全身倦怠感が増悪していくため適切な治療をしないと症状は悪化するばかりです。
  • このような症状を根本から改善する新薬が開発され、医師の処方の下で治療を受けることができる次代になっています。偏頭痛を慢性的に抱えている人は、症状に変化が見られたら新型頭痛の可能性も念頭に置いて、神経内科や脳神経外科を受診してみるべきです。

    ただ頭痛の影には、新型頭痛以外に他の病気が隠れている可能性があります。いわゆる頭痛は、脳内の病変を原因とする脳卒中やくも膜下出血、脳腫瘍などにより脳圧があがることによっても自覚します。今までに無い痛みを感じた場合には速やかな医療機関への受診が必須です。

    たまに頭痛を感じる程度なら多くは問題の無い一時的な症状でしょうが、痛みがしつこく続く、頭痛以外の症状が出る等に心当たりがある人は新型頭痛のリスクが高まるので、治療の機会を逃さないようにしてください。
新型頭痛の特徴的な症状と治療方法とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事