女性に多い新型うつと他の病気との見分け方

女性に多い新型うつと他の病気との見分け方

Thumb?1414295452 muah♪さん

630

男性に比べて女性が発症しやすいとされている新型うつですが、これまで一般的に言われていたうつ病とは異なる点が多いため、発症していたとしても気が付かないというケースも多いようです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 誰もが発症する可能性はある
  • 新型うつを発症しやすい年齢とは
  • 勘違いされることもある
  • 大切な人が新型うつになった場合の対処法
  • 新型うつの特徴とはどのようなものか
  • 誰もが発症する可能性はある

  • 誰もが発症する可能性はある
  • これまで言われてきたうつ病とは異なる新型うつについては、一般的に知られていないこともありますが、自分が嫌だと思うようなことに対してはうつ病のような症状があらわれ、それ以外では活動的になることから見分け方が難しいとされています。

    新型うつは非定型うつと呼ばれることがあります。両者は全く同じというわけではありませんが、特徴が似ているということからほぼ同一であると言えます。

    これまでのうつ病にはない新型うつの代表的な特徴としては、病気であるか否かの見分け方が難しいということでしょう。その理由としては、落ち込んでいるような状態が続いているかと思っていると、あることに対してだけはそれまでの不調を感じさせないほど元気になるということです。
  • しかし、元気な状態は長くは続かず、短期間で落ち込んだような状態となります。元気になることと落ち込むことを繰り返しているため、周囲の人は対応に苦慮するという事も少なくはありません。

    また、うつ病というと、食事を摂ることが出来ない、眠ることが出来ないなどの特徴がありますが、新型うつでは全く逆のことが症状としてあらわれます。1日10時間以上の睡眠や過食、体重増加などの症状が見られるということも新型うつの症状の見分け方であると言えるでしょう。

    その症状の特徴から、治療を開始するまでの時間が長くなってしまうために、治療効果を得るまでの期間も長くなってしまう傾向にあるようです。
  • 新型うつを発症しやすい年齢とは

  • 新型うつを発症しやすい年齢とは
  • 一般的なうつ病は40代以降のいわゆる中年と呼ばれる世代で多く発症が見られると言われています。しかし、新型うつの場合は、10代から30代ほどの比較的若い世代で発症者が多く、男性に比べて女性の方が発症しやすいとも言われています。


    10代の後半から30代の女性は、生活環境が変わりやすいことや多感な時期であることから、新型うつを発症しやすいのではないかと言われています。

    新型うつを発症しやすい性格としては、プライドが高く、自分の間違いやミスを認めず責任を他人に求める、自己主張を上手くすることが出来ない、人の目が気になる、マイナス思考であるなどが挙げられます。
  • これまでのうつ病と共通することもありますが、新型うつ独特の性格の傾向も見られます。特に、自分がミスをした場合に、他の人から責められるということに対しては、異常なまでに感情的になることがあります。

    それは悲しみという感情として現れることもあれば、怒りとして現れることもあります。なお、新型うつの発症原因は特定されておらず、なぜ女性に発症する人が多いのかも、正確には解明されてはいません。

    しかし、これまでのデータに基づいた結果として、新型うつは女性に発症することが多く、発症年齢も若いということを知っておくことで、症状の見分け方とすることが出来ます。

    重要なことは、病気を早期に発見し、新型うつに対して適切な治療を早く受けるということでしょう。
  • 勘違いされることもある

  • 勘違いされることもある
  • 女性に発症しやすいとされている新型うつと他の病気との見分け方は簡単ではありません。新型うつの見分け方は多岐にわたり、専門医でも見分けることは難しいとされています。

    一般的に言われている見分け方としては、症状のあらわれ方です。うつ病や他の病気である場合、その多くは時間帯もしくは行動によって短期間に症状が重くなったり軽くなるという事はありません。

    しかし、新型うつの場合は、症状の変化が顕著にあらわれます。新型うつの場合、好きなことをしている時は時間が経つのも忘れ、そのことに没頭します。好きなことを行うためであれば、仕事でも休むことがあります。
  • 会社を具合が悪いとの理由で休んだにも関わらず、一歩外に出た途端に買い物や旅行などを楽しむことが出来るという事も新型うつの特徴と言えます。

    ただし、その一方で、自分が好きでないことや嫌なことをしているという場合には、うつ症状が強く出てしまう可能性もあります。病気を理解することが出来ない人から見ると、サボっている、わがままを言っていると判断されることもあります。

    新型うつを発症する場合の特徴として、幼少期は育てやすい子供であった場合が多いようです。その為、叱られるという経験をしておらず、何らかの事で叱られた場合には、感情のコントロールを摂ることが難しくなるかもしれません。

    新型うつは、これまでのうつ病にも増して、周囲の人の理解、サポートを必要とする病気です。
  • 大切な人が新型うつになった場合の対処法

  • 大切な人が新型うつになった場合の対処法
  • 家族や仕事の同僚などの大切な人が新型うつ病を発症したかもしれないという場合には、いくつかの対処法があります。まず、基本的には怒らない、相手と同じ土俵には上がらないということです。

    ミスなどを指摘する場合には、どのような点が悪かったのかや、これからの対策について冷静に話をするようにしましょう。この時、余計なことを付け加えると、トラブルの原因となりますので、あくまでも起こったことに対する指摘をすることだけに専念するようにしましょう。

    新型うつは、周囲の人の理解を得ることが出来ない本人が最も苦しんでいるものです。人の感情は、目には見えませんので、分かりにくいものですが、好きで病気になるという人はいません。一見すると楽しそうに見えても、心のなかでは違うことを考えていることもあります。
  • 一般的なうつ病の場合、頑張れなどの励ましの言葉は避けるべきことであると言えます。しかし、新型うつの場合は、例外もありますが、過度に期待をしたり激励をするということは避けるべきことですが、少しの励ましは、良い結果に繋がることもあります。

    新型うつを発症した場合、もしくは発症した可能性があるという場合には、避けた方が良いこともあります。それが、アルコールやカフェインを多く摂取しすぎないということです。

    アルコールやカフェインの含まれている飲み物を摂取することで、発作が起きやすくなる、歯止めがかからなくなるなどの危険性があります。
  • 新型うつの特徴とはどのようなものか

  • 新型うつの特徴とはどのようなものか
  • 新型うつもしくは非定型うつと呼ばれる病気は、いくつかのタイプに分けることが出来ます。これまでのうつ病との特徴が違い過ぎるため、症状を発症している本人ですら気が付かないこともあります。

    新型うつ病は10代から30代までの女性が多く発症するとされています。その為、新型うつの症状が見られた場合には、早期に専門医を受診するようにしましょう。

    新型うつは、これまでのうつ病に対する治療では、効果が見られないこともあります。専門医ですら、病気であるか否かを見分けることが難しいとされていますので、信頼することが出来るクリニックに相談をするようにしましょう。
  • 医師のもとで診察を受けるという場合、医師との相性も重要になります。人には合う、合わないという事があります。その為、医師やクリニックを選ぶという場合には、いくつかのクリニックに相談をしてみると良いでしょう。

    完治するまでの期間には、個人差があります。一般的には、発症してからの時間が短ければ短いほど、治療期間も短くて済むとされています。症状があらわれている本人はもちろん、周囲の人も異常を感じたら、医療機関を受診することを勧めるようにしましょう。

    新型うつでも一般的なうつでも、絶対に行ってはいけないことが、治療結果を早急にも求めることと途中で治療を中止するということです。新型うつの場合、確定診断を受けるまでも治療効果が出るまでも長い傾向にあります。医師の指示に従って、治療を受けるようにしましょう。
女性に多い新型うつと他の病気との見分け方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事