生理前に子宮がチクチクする!その理由と改善方法とは?

生理前に子宮がチクチクする!その理由と改善方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

2,650

生理前に子宮周辺の下腹部がチクチクするような痛みを感じたことはありませんか。実は、それは子宮に病気が隠れている可能性もあるのです。子宮が痛いと感じたら放っておかないようにしましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 生理前に下腹部が痛くなる理由は?
  • 子宮が痛いのは婦人科系の病気?
  • 病気以外での子宮の痛み、妊娠初期でも!
  • 生理前の下腹部の痛みを改善するには?
  • 生理前の下腹部の痛みは病院で受診してみよう
  • 子宮のチクチク、放っておかないで
  • 生理前に下腹部が痛くなる理由は?

  • 生理前に下腹部が痛くなる理由は?
  • 生理の前に子宮がチクチク痛いと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。子宮が痛くなる原因は、様々なことが考えられます。

    例えば、生理によって体内で分泌されるホルモンが作用していたり、子宮に炎症が起こる場合もあるのです。その他にも、婦人科系の病気が原因になっていることもあるため、放ってはいけません。

    生理前のホルモンバランスの変化によって子宮がチクチク痛いだけなら良いですが、病気だと不安になるでしょう。病気と見分ける方法としては、子宮に痛みが出るのが生理前だけか、またおりものの量は普段通りか、などをチェックしておきましょう。
  • さらに、子宮に痛みが生じるときの体調はどうか、ということも確かめておく必要があります。月経前症候群を強く感じる人は精神的に気分が下がり、体調の変化があらわれるかもしれませんが、いつもの月経前症候群と違うような違和感を感じた場合は注意が必要です。

    吐き気や、過多月経などがある際には子宮に炎症が起こっている可能性もあります。現れる自覚症状を把握しておくことで、生理前だけの子宮の痛みか、病気によって子宮が痛いのかを見極める大きな手がかりとなるでしょう。
  • 子宮が痛いのは婦人科系の病気?

  • 子宮が痛い原因に、現れる自覚症状によって大きく変わってきます。生理前だけの子宮の痛みもありますが、婦人科系の病気が原因になっている場合もあります。

    婦人科系の病気が原因になっている時に現れる症状は、子宮の痛みとともに月経量が増えるということが挙げられます。

    生理前にチクチクと子宮が痛いと感じていたときの月経量がいつもと違うということはありませんか。経血の量が増えたり、レバー状の塊の経血が出る生理に注意してください。

    このような症状が見られた場合には、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺維症などの婦人科系の病気が考えられます。これらの病気が進行すると、不妊の原因となることもあります。少しでも早く発見し、早めの治療に取りかかることが大切です。
  • 生理の前はホルモンバランスの影響で特にチクチク痛いと感じるかもしれませんが、生理の前に限らずチクチクするかどうかということも重要になってきます。

    また、日を追うごとに子宮の痛みが強くなってくる場合はこのような婦人科系の病気を疑ってみてください。不妊になってしまう前に病院を受診するようにしましょう。
  • 病気以外での子宮の痛み、妊娠初期でも!

  • 病気以外での子宮の痛み、妊娠初期でも!
  • 子宮の痛みは生理前のホルモンバランス、また婦人科系の病気が隠れている可能性があることがわかりました。しかし子宮が痛い原因はそれだけではありません。実は、妊娠超初期の症状でも同じような子宮のチクチクを感じることがあります。

    妊娠の初期に感じる自覚症状には様々なことが考えられますが、その1つに下腹部の痛みを感じる人もいるのです。
    子宮がチクチクする症状とともに、吐き気やつわりのような症状はありませんか?

    また、それに加えて生理がいつもより遅かったり、基礎体温の高温の時期が長い場合には妊娠している可能性があります。妊娠によって起こる子宮の痛みは着床痛とも言われ、だいたい生理が始まる予定日の1週間前くらいに起こります。
  • この時期から子宮の痛みが始まる場合は妊娠かもしれません。先ほど生理の遅れが見られるということを挙げましたが、数日の遅れなら誰にでもあることです。

    生理が始まる予定日から1週間が経過しても生理が来ない、という場合には妊娠を疑ってみてください。妊娠しているかどうかを調べる方法としては、妊娠検査薬があります。妊娠検査薬を使って陽性反応が出た場合は、早めに産婦人科に受診するようにしましょう。
  • 生理前の下腹部の痛みを改善するには?

  • 生理の前には子宮がチクチクしたり、下腹部が重だるいような感じがしたり、症状の現れ方は人それぞれかもしれません。そんな辛い下腹部の痛みですが、日常の生活の中で改善することができます。

    病気が原因になっている子宮の痛みには病院を受診するのが1番ですが、生理前のホルモンバランスの影響によって現れる子宮の痛みには大きな効果が期待できるでしょう。

    まずは基本的なことですが、生理前にはあまり予定をつめすぎず、ゆっくり休むようにしましょう。
  • 生理の前はホルモンバランスの変化によって自律神経も乱れやすくなっています。そのため、精神的にもリラックスする時間を作ることが大切なのです。また、軽い運動を取り入れることも効果的です。生理前は気分が落ち込んだりする人も多いでしょう。

    そこで軽くジョギングしたりサイクリングしたりすることでストレスの発散になるのです。さらに、食生活にも気を使ってみましょう。

    女性ホルモンとよく似た働きをする大豆製品を積極的に摂ったり、鉄分を豊富に含む食品を意識して食べるようにしてください。また、生理前の食事では体を冷やさないことも重要なポイントです。温かい汁物をプラスしてみてはいかがでしょうか。
  • 生理前の下腹部の痛みは病院で受診してみよう

  • ホルモンバランスの変化によって起こる子宮の痛みは、日常生活を整えることで大きく改善できるでしょう。しかし、子宮のチクチクがひどく、何をしても改善されないということもあるかもしれません。そのような場合には病院を受診することが1番です。

    子宮の痛みで病院を受診すると、ピルや漢方薬を処方してもらえるでしょう。
    ピルは避妊薬というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、月経前症候群の治療薬にも使われています。

    ピルを服用することで生理によって作用するホルモンの働きを抑えることができます。その結果、ホルモンによって出ていた子宮の痛みが改善されるというわけです。
  • このように、ホルモンバランスによって起こる子宮の痛みは、自宅でも病院でも対処することが可能です。しかし、子宮の痛みでは、必ず病院を受診しなければならない場合もあります。

    例えば、日常生活に支障が出るほど痛みが強い、鎮痛剤が効かない、子宮がチクチク痛む以外に症状がある、妊娠検査薬で陽性反応が出ている、このようなときには病院を受診してください。

    婦人科系の病気が隠れている場合には放置しておくと不妊になることもあるので早めの対処が必要です。
  • 子宮のチクチク、放っておかないで

  •  子宮のチクチク、放っておかないで
  • いかがでしたか。子宮がチクチク痛いというときには生理前のホルモンバランスの変化だけでなく、病気の可能性、妊娠している可能性も考えられます。

    生理前のホルモンバランスによって起こっている痛みは、生理が始まる3日前から10日前の間に症状が出ることが多いでしょう。

    また、子宮のチクチク痛む症状に加えて、胸の張りや脚のむくみなど、月経前症候群に当てはまる変化も多く見られるのがポイントです。肉体的にも精神的にもスッキリとしない期間ですが、生理が始まるとスッキリとなくなってしまうことも特徴です。
  • 一方、婦人科系の病気が原因となっている場合は、生理が始まってもまだチクチクと痛みスッキリと改善されないことが多いでしょう。

    子宮の痛みには、婦人科系の病気の他に、子宮内膜炎や付属器炎という病気の可能性も考えられます。このような病気の場合は、おりものが増えたり、発熱も伴うことがあるので注意してください。

    このような病気を放っておくと、子宮に膿がたまって、他の病気につながってしまうこともあります。月経前症候群とは違うような違和感を覚えたときには、早めに病院に受診するようにしましょう。
    病気は早期発見が大切です。
生理前に子宮がチクチクする!その理由と改善方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事