【幸せホルモン】ってなに!?日常生活で増やす方法とその効果は?

【幸せホルモン】ってなに!?日常生活で増やす方法とその効果は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

695

『幸せホルモン』と呼ばれる物質があることをご存知ですか。人に多幸感を与え、人生を充実させるために欠かせない物質は、「どうやって作られるの?」「意識的に作り出す方法は?」
満ち足りた生活を送るためにも知りたいと思いませんか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 「オキシトシン」と「セロトニン」とは?
  • セロトニンは“落ち着きを与えるホルモン”
  • オキシトシンは“絆を深めるホルモン”
  • セロトニンを増やすには“生活習慣”と“感動”が大切
  • オキシトシンを増やすには“スキンシップ”が大切
  • 幸せになるためにできること
  • 「オキシトシン」と「セロトニン」とは?

  • 「オキシトシン」と「セロトニン」とは?
  • 人から施された親切に感謝の気持ちを持ったり、自分の行いに感謝をされて心が軽くなったり、音楽や小説や、漫画でも、方法は何でもよいですが、感動を味わう瞬間が誰しもあるものです。そんなとき、人は皆優しく穏やかな気分になっているはずです。

    人や動物の赤ちゃんや、ペットの愛らしい仕草、あるいは恋人が自分に向ける信頼や愛情を確信したとき、その存在をたまらなく愛しいと感じるでしょう。

    私達は心を満たされると穏やかで優しくなれます。そして人生を前向きにとらえ、さらなる幸せに向かって自然に前進するのです。

    このとき、私達の体の中では“幸せホルモン”とも言える物質が分泌されていることが分かっています。
  • 幸せホルモンは心身の健康に役立っており、それは柔らかな表情や体調の変化となって表面に現れてきます。

    実際に、その物質が合成できるようになって、母乳促進薬として投与したり、乳液や香水として出回り始めると、「肌がつやつやになった」とか「気持ちが優しくなる」といった女性たちの感想を見れば良く分かります。  

    人を優しく穏やかな気持ちにさせ、心身に良い影響を与えてくれるのが“幸せホルモン”と呼ばれる “オキシトシン”と“セロトニン” です。
  • セロトニンは“落ち着きを与えるホルモン”

  • セロトニンの効果はイライラを我慢できることです。感情的にならず、気持ちをコントロール出来ることで平常心を保ちやすい効果があり、気分が落ち込むことが少なくなるので、そういう意味で幸せホルモンだと言えるでしょう。

    セロトニンは、ストレスがないことと日光を浴びることで分泌されやすく、人間以外にも哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類に存在しています。
  • セロトニンは精神状態を安定させる効果があり、それは快感を感じる“ドーパミン”と、恐怖や興奮を感じる“ノルアドレナリン”をコントロールしてくれます。精神病患者さんにはセロトニンが不足していることが判明しています。

    脳の海馬(かいば)という場所は記憶に関係する場所ですが、セロトニンは海馬に作用することが分かっています。セロトニンは“落ち着きを与えるホルモン”と言いましたが、落ち着いた気分で勉強に集中できることで、記憶力に良い効果が現れます。

    さらに、セロトニンは顔や背筋の筋肉に作用するため、顔のたるみや猫背の防止になるので、見た目を若々しくする効果もあります。

    セロトニンを充たすには精神の安定と負の感情を抑制し、張りのある容姿を保つのに効果的だと分かりましたが、多幸感を増やす幸せホルモンは他にもあります。それは“オキシトシン”です。
  • オキシトシンは“絆を深めるホルモン”

  • オキシトシンは“絆を深めるホルモン”
  • 誰かと触れ合っていると幸せな気持ちになりませんか。家族、恋人、友人、ときにペットでさえ寄り添い抱き合うと人は安心し、幸せで満たされます。

    他者とのコミュニケーションによって幸福感を与える物質、それが“オキシトシン”です。

    オキシトシンとセロトニンは多幸感を増やす意味では同じ効果を持ちますが、作用するエリアが違うと言えます。
    セロトニンが個人の幸福とすれば、オキシトシンは繋がりの幸福と言えるでしょう。

    オキシトシンは、ギリシャ語の「早く生まれる」から付けられた名前で、女性に深い関係があるホルモンと考えられてきましたが、現在では性別に関係なく重要な物質だと分かってきました。
  • コミュニケーション能力に困難が生じる「自閉症スペクトラム」という障害がありますが、患者さんにオキシトシンを投与したところ、症状が改善すると同時にセロトニンを増やす効果のあることが分かりました。
    他者との意思疎通に困難を生じている人にとってオキシトシン投与は効果的な治療方法と言えます。

    人と接することで感じる安心や幸せ、また信頼といった、いわば世界と繋がることで得られる幸福感を生み出す効果が、オキシトシンにはあるのです。

    オキシトシンもセロトニンも、多幸感を増やす効果を持った素晴らしい物質ですが、どうすれば分泌されるのでしょうか?日常生活で意識するべき方法を考えてみましょう。
  • セロトニンを増やすには“生活習慣”と“感動”が大切

  • セロトニンを増やすには“生活習慣”と“感動”が大切
  • セロトニンを増やす方法は「早寝早起き」、「たっぷりの睡眠」、「適度な運動」、「バランスの良い食事」です。現代人の生活は不規則不摂生になりがちで、結果セロトニン不足の状態のため、できるだけ規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

    そして最も重要なことは「継続すること」です。セロトニン研究の第一人者の先生が「セロトニンの活性には3ヶ月の継続が必要」と言っています。

    ・規則正しい生活や睡眠の方法を知る
    ・ストレスを溜め込まない
    ・適度な運動を心がける
    ・過度なダイエット・偏食・好き嫌いをしない
    ・太陽光を十分浴びる
    ・人との交流やコミュニケーションは積極的に
    ・腸内環境を整える



    生活の全てを見直すのは難しいですが、何か一つでも継続することで幸せホルモンは分泌されやすくなります。
  • 人から受けた親切や恩、また自分が人に対して行った行為や言動への、相手からの感謝によっても、セロトニンを増やすことが出来るでしょう。 
    さらに、直接人と係わらなくても、例えば好きな映画やドラマを見たり、思いがけず素晴らしい内容の本に出合ったり、意外にも思い切り泣くこともセロトニンは分泌されます。

    心が動くことが重要ならば、日々色々なことに感謝し、感動を意識するだけで、幸せホルモンの分泌が増えるでしょう。
  • オキシトシンを増やすには“スキンシップ”が大切

  • オキシトシンを増やすには“スキンシップ”が大切
  • オキシトシンは「非言語コミュニケーション」で増やすことができると言われます。つまり相手とのスキンシップで刺激を受けることが、分泌されやすくなる方法と言えます。

    スキンシップは相手の存在を認め、相手との距離を縮めるための行為であり、触れ合うことで安心し、それが信頼へと発展していきます。
    信頼とは心を許すことであって、そこに言葉は必要とされません。ペットと会話はできませんが、自分よりはるかに大きい飼い主に触れることを許すのは心を許している証拠であり、それは飼い主側も同じです。

    言葉では伝わらない何かが、互いに触れ合うことで伝わって、満ち足りた気持ちになる。このとき私達の脳内ではオキシトシンが大量に分泌されているのです。
    これは一方通行的なものではなく、愛や信頼を確認し合うべき間で共有する感覚です。
  • そのために行動を共にする機会も増えるでしょう。会話や遊びやショッピング、スポーツなど、コミュニケーションを図る中で、多くの時間を共有することでも充実感は得られるはずです。

    相手がいなくても、感動することでオキシトシンが増やせることも分かっています。色々なことに興味を持ってチャレンジすることで、感動の機会も増えて幸せホルモンも増えることでしょう。
  • 幸せになるためにできること

  • オキシトシンもセロトニンも、密接に関係しながら私達の心身の健康に作用しています。
    両者の説明を見ると、増やす方法も得られる結果にも大きな違いはないことが分かるでしょう。

    人は人を愛し、信頼し、心を許し合うことで、物心両面から満たされ多幸感を得ます。それはオキシトシンとセロトニンのおかげですが、注意したいのは多ければ良いわけではないことです。

    セロトニン症候群という症状をご存じでしょうか。セロトニン中毒と呼ばれることもありますが、脳内のセロトニン量が過剰になると起きる症状です。

    主にうつ病患者による治療薬の過剰摂取や、他の薬との併用が原因となり、頭痛、めまい、吐き気、昏睡などに至る場合もあるので、何事もほどほどが良いでしょう。
  • 夜更かし、食事の好き嫌い、日光に当たらない、運動しない、会話が少ない。恋人や友人との付き合いも、理由をつけて断ることが多い。刺激の少ない生活で、誰とも触れ合わず心の動くことがあまりないなど、いくつか当てはまるようでしたら見直してみてはいかがでしょうか。

    程度の差はあっても案外当てはまっていたりするものです。
    幸福を感じるのに特別な方法は必要なくて、いつもより少しだけ人との距離を縮めてみる。少しだけ親切を気にかける。少しだけ大げさに感情を出してみる。

    少しだけ思い切れば、あとは「幸せホルモン」がサポートしてくれるでしょう。
【幸せホルモン】ってなに!?日常生活で増やす方法とその効果は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事