シャンプーで髪をさらさらにする方法とは?

シャンプーで髪をさらさらにする方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

729

髪をさらさらにしたいというときにはシャンプーを選び直すことも大事ですが、同時に洗い方も重要になります。汚れを落とすためといってガシガシ洗っている方はいませんか?さらさらな髪を手に入れるためには、適切な洗い方を知る必要があります。
今回は、さらさらな髪を目指すための洗い方のコツをご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • シャンプーをする前に行うヘアケアとは
  • 髪がさらさらになるシャンプーの使い方
  • さらさらヘアになる髪を洗う際の仕上げ
  • 髪を洗った後の仕上げ方法
  • 様々な種類のシャンプーについて
  • シャンプーをする前に行うヘアケアとは

  • シャンプーをする前に行うヘアケアとは
  • シャンプーで地肌や髪の清潔を保つ事は大切ですが、洗い方が悪いとキューティクルを傷つけて髪が傷む原因となります。

    髪をさらさらにしたいという時シャンプー選びも大切ですが、洗い方も同時に大切な物となります。

    シャンプーをする前に行うヘアケアの方法としては、まずブラッシングにより髪のからみや汚れを落としておく事が挙げられます。

    このことにより切れ毛や抜け毛を防げるようになり、シャンプーの泡立ちもスムーズになります。

    更にブラッシングにより血行が良くなり汚れが浮かしやすくなり、落としやすくなります。

    とかす際に髪は刺激を与えないよう強い力で根元から一気にとかさずに、毛先のもつれを解いた後に最後に根元からとかします。

    この次にシャンプーの泡立ちを良くするために予洗いで髪と地肌を十分に濡らします。

    これにより髪を痛めず地肌をまんべんなく洗えるようになります。

    また泡立ちを良くする事で汚れを落とすだけでなく髪同士の摩擦が防げるため髪の痛みを防げ、さらさらに仕上がります。
  • 髪がさらさらになるシャンプーの使い方

  • 髪がさらさらになるシャンプーの使い方
  • さらさらヘアを売りにしたシャンプーを選んで購入すること以外にも、シャンプーをつける方法も髪をさらさらにするには大切です。

    シャンプーはそのまま髪や頭皮に付けてしまうと刺激が強すぎる場合やムラになって付いてしまう、すすぎ残りが多くなるなどが起こりやすくなります。

    このためいったん手に取って良く泡立ててから頭に付けます。

    頭頂部は紫外線などの影響によりダメージを受けやすくなっているため、シャンプーは後頭部や側頭部に付けてから全体になじませていきます。

    洗う時にはこすると摩擦により髪が傷むため、こすらず頭皮を揉み解すようにして洗います。

    特に耳の後ろや襟足、耳の上辺りの頭周りの地肌は洗いにくく洗い残しやすい部分であるため特に丁寧にマッサージし、泡を行き渡らせるようにします。

    また髪や地肌をマッサージする方法としては、爪は立てずに指の腹で地肌全体に行き渡るようにマッサージし、泡が行き渡れば十分に汚れが落ちます。
  • さらさらヘアになる髪を洗う際の仕上げ

  • さらさらヘアになる髪を洗う際の仕上げ
  • 洗い終わって泡を洗い流す際にはシャンプーが残らないように髪に残った泡を軽く手で落としてから十分にすすぎます。

    特に耳の後ろや襟足、耳の上辺りの頭周り、生え際には洗い残しが出やすいため意識して念入りに洗い流すようにします。

    この後にリンスをつけますが、地肌に付かないように毛先から髪全体になじませ、その後は十分にすすぐようにします。

    髪をさらさらにするリンスやコンディショナーの成分としてはハリやコシを出す加水分解ケラチンや加水分解卵殻膜、指通りを良くするジメチコンやポリオクタニウム-10、うるおいをキープするコレステロールやセラミドなどが挙げられます。

    この他にも髪を健やかに保つ場合には、髪内部に毛髪保護タンパク、アミノ酸、油分を浸透させる事が大切です。

    このためリンスやトリートメントを髪になじませた後はしばらく置き、その後で十分に洗い流す事でよりさらさらやしっとりなどの効果を得やすくなります。
  • 髪を洗った後の仕上げ方法

  • 髪を洗った後の仕上げ方法
  • 髪を洗った後にタオルで乾かす際、髪をポンポンとやさしく抑えるように水気を拭き取り、地肌を中心にタオルドライして乾かします。

    タオルで髪同士を強くこするとキューティクル同士がこすれて髪が傷む原因となるため避けるようにします。

    こうしてあらかたタオルで髪を乾かした後、ドライヤーで乾かします。

    ドライヤーは風量の多い状態で使い、温風で水分を吹き飛ばすよう蒸発させます。

    乾かす際には髪の根元に指を入れ、小刻みに動かしながら温風をそこへ送り込むようにします。

    髪の温度が100度を超えると髪が傷みやすくなるため、ドライヤーの吹き出し口からは10cm以上の距離を保つようにして乾かします。

    どうしても髪の痛みが気になる場合にはヘアオイルを利用する事で髪の油分を補いツヤやなめらかさ、柔軟性を与えられるようになります。

    日本では古くから椿油などの植物油が使われてきたという歴史がありますが、現在では油溶性コラーゲンなどのリペア成分を配合している物もあります。
  • 様々な種類のシャンプーについて

  • 様々な種類のシャンプーについて
  • シャンプーには石けん系、高級アルコール系、アミノ酸系などいくつか種類があります。

    これらのうち石けん系は生分解性にすぐれているため環境にやさしく自然派志向の人に好まれていますが、洗浄力が非常に高いためその分刺激を感じる場合があります。

    またごわつきやきしみを感じやすい他、パーマやヘアカラーがとれやすいということもあります。

    この他にも高級アルコール系もまた洗浄力が高い分刺激を感じやすくなっています。

    一方でアミノ酸系は弱酸性で低刺激であり、髪のタンパク質を守りながら洗浄できますが、泡立ちや洗浄力は弱めで強固な汚れは落としにくくなっています。

    これら以外にもタンパク系という物もあり、これは弱酸性で低刺激である事に加え、髪のタンパク質を補いヘアカラーの退色を抑えながら洗浄できるものの、強固な汚れは落としにくくなっています。

    更にベビー用などに取り入れられるベタイン系は安全性が高く低刺激であるものの泡立ちや洗浄力は弱めです。
シャンプーで髪をさらさらにする方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事