毎日のシャンプーで薄毛を予防しよう!

毎日のシャンプーで薄毛を予防しよう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

343

歳を重ねるにつれて、だんだん髪が薄くなってきた気がする…とお悩みではありませんか?
これ以上薄毛が進んでほしくないという方ために、気軽にできる、シャンプーを使用した薄毛予防をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 頭髪ケアにおけるシャンプーの重要性
  • シャンプーはよく泡立てて使うこと
  • 頭髪はもちろん頭皮をよく洗うこと
  • 十分な水量で洗い流すこと
  • 薄毛の予防には洗髪後も大事
  • 頭髪ケアにおけるシャンプーの重要性

  • 頭髪ケアにおけるシャンプーの重要性
  • 加齢とともに薄くなるのは自然だとわかってはいても、できるだけ長くとどまって欲しいと思うのが頭髪です。

    育毛剤の使用や頭皮ケア専門店に行くなどの対策の他、毎日の生活の中でできることはあります。

    その一つがシャンプーです。

    日々行う洗髪で薄毛の予防のためできることは多く、毎日行うだけに、月日を重ねた時、差が出やすいという特徴もあります。

    正しくシャンプーをすることは、長く頭髪を残すためにとても役立ちます。

    1日を過ごすと、頭皮や頭髪にはたくさんの汚れ、埃等が付着します。

    また、頭皮は皮脂の分泌が多い箇所なので放置しておくと育毛を阻害してしまうおそれがあります。

    薄毛を予防するために、1日で溜まった汚れや脂を綺麗に洗い流して、育毛に適した環境を整えてあげたいです。

    まずその準備として、シャンプーを頭につける前におこなうべきことがあります。

    それは、十分な水量でよく洗い流すことです。

    しっかり流せば、頭髪の表面についた埃などを落とすことができます。
  • シャンプーはよく泡立てて使うこと

  • シャンプーはよく泡立てて使うこと
  • よく頭と頭髪を洗い流したら、いよいよシャンプーです。

    体育会系の人など、シャンプーをダイレクトに頭にかける人をしばしば見かけますが、これはNGです。

    頭皮はとてもデリケートで、傷みやすいものですので、直接皮膚につけるのは刺激が強過ぎてしまいます。

    洗髪の仕方にはそれぞれ癖があり、同じ箇所に毎日ダイレクトにつけていると、最悪の場合そこから頭髪が薄くなるおそれがあります。

    頭に乗せる前に、十分に泡立てることが大切です。

    手のひらに出して、細かく指を動かしながら泡立てます。

    キメの細かい泡になるまでよく泡立ててください。

    最近では泡立てるための専用器具まで販売されています。

    慣れないうちはそれを利用するのも一つの手です。

    十分に泡立てられたら、そっと頭に乗せます。

    薄毛になるのは頭の頭頂部、前髪部分が主です。

    薄くなりにくい側頭部や後頭部に最初にシャンプーを乗せるくらいの気遣いがあればベターです。
  • 頭髪はもちろん頭皮をよく洗うこと

  • 頭髪はもちろん頭皮をよく洗うこと
  • 薄毛の予防に必要なのは頭皮を清潔に保つことです。

    頭髪が長めの人に特に見られがちですが、頭髪ばかり洗うことを意識して、頭皮を疎かにしていませんか?

    これではせっかくのシャンプーも効果半減してしまいます。大切なのは頭皮であることを意識しましょう。

    しっかりと泡立てたシャンプーを頭に乗せたら、頭皮を綺麗にする意識を強く持ってください。

    頭髪が生えている箇所は満遍なく洗っていきます。

    ここでも注意点があります。

    汚れや脂をしっかりと落としたいという気持ちが強いと、ついつい力が入ってしまいがちです。

    そうなると、ゴシゴシと力を入れ過ぎることがあります。力を入れ過ぎると、頭皮を傷めてしまうことがあるので注意が必要です。

    頭皮はとてもデリケートですので、顔の皮膚の延長と捉え、優しく洗いましょう。

    指の腹を使って優しくマッサージをするように、丁寧に洗うと良いでしょう。

    同じ方向だけではなく、あらゆる角度から洗うことがコツです。前後、左右、斜め方向と洗う事で、汚れが効率良く落ちてくれます。
  • 十分な水量で洗い流すこと

  • 十分な水量で洗い流すこと
  • しっかり泡立て、優しく丁寧に頭皮、頭髪を洗い終えたら、流してあげます。

    ここでも注意すべきことはあります。

    それは、シャンプーの成分を頭に残さないことです。

    洗髪の後、頭皮にその成分が残って良いことは何もありません。育毛効果があると言われているシャンプーでもそれは同じです。

    大切なのは汚れを落とすことだということを忘れてはいけません。

    育毛を期待するなら、頭皮が綺麗になった後に育毛剤などを使用することが大事です。

    洗髪では頭皮にその成分を残さないため、十分な水量で綺麗に洗い流します。

    目安としては、シャンプーのヌルヌルが感じられなくなってから十秒から十数秒は流すようにしたいです。

    ここまでやってすっきりと綺麗な頭皮の完成です。

    洗い流す時も同じく、力を入れ過ぎてはいけません。

    ゴシゴシ指に力を入れた方が早く綺麗になりそうと感じてしまうかもしれませんが、あくまでも優しく頭皮を扱うことを心がけてください。
  • 薄毛の予防には洗髪後も大事

  • 薄毛の予防には洗髪後も大事
  • 薄毛を予防するには、洗髪後の頭皮ケアも大切です。

    育毛にとっては湿気も良くありません。濡れたままにしておくのは薄毛を助長してしまいます。すぐに乾かしてあげることが大事です。

    頭髪と頭皮を柔らかいタオルで優しく乾燥させます。

    ここでも力を入れ過ぎてはいけません。

    優しく水分をタオルに吸収させてあげるイメージです。頭髪の水分を取り、頭皮も軽く押さえる要領で行なってください。

    ドライヤーの熱も頭皮にとっては良いものではありませんが、長く湿度の高い状態に晒すのはもっと駄目なので、手早く使うなどの工夫が必要です。

    温度を低くするなり、優しい風を使うなり、極力刺激を避けてください。

    正しく準備をし、シャンプーで頭皮の汚れを落とすことができれば、それが薄毛を予防する強力な対策になり得ます。

    毎日の積み重ねは大きいです。

    日々頭皮をいたわり、清潔に保つことで、できるだけ長い間若々しい髪の毛を維持したいです。
毎日のシャンプーで薄毛を予防しよう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAの対策・治療のための総合研究サイト
解決方法を見つけたいなら

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事