石鹸シャンプーで髪がベタベタになる原因と解消法

石鹸シャンプーで髪がベタベタになる原因と解消法

Thumb?1414295452 muah♪さん

625

通常のシャンプーから石鹸シャンプーに変えた時、髪がベタベタするようになった…とお悩みではありませんか?市販の合成シャンプーから石鹸シャンプーに変えると、成分の違いから違和感を感じることが多いです。
今回は石鹸シャンプーによる髪のベタベタと、その原因、解消法をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 市販の合成シャンプーの問題点
  • 頭皮や髪に優しい石鹸シャンプー
  • 石鹸シャンプーで髪がべたつく原因
  • べたつきの解消法とは
  • 将来の頭皮や髪の健康にために
  • 市販の合成シャンプーの問題点

  • 市販の合成シャンプーの問題点
  • 抜け毛や薄毛を気にしている人は髪の毛の洗い方にも気を配っていると思いますが、なにより気をつけなくてはいけないのが、シャンプーそのものです。

    市販の商品の中には頭皮に悪影響を与える、危険な成分が含まれているものがあります。

    一般的に市販されている商品には、合成界面活性剤が入っています。

    合成界面活性剤を使った商品を長期間使用すると、髪、頭皮はおろか体にも悪影響が出る場合があります。

    合成界面活性剤を使った商品はその強い洗浄力によって、頭皮や毛髪の油を奪い、キューティクルを破壊します。

    このため、長期間使い続けると、頭皮が荒れて炎症を起こしたり、抜け毛やフケに悩まされたりするのです。

    これらの症状に悩んでいる人は、合成シャンプーが原因だとは思わないので、新たに育毛剤やフケ対策用商品を使ってケアしようとします。

    しかし、それよりもまずは、合成界面活性剤を使った商品の使用をやめて安全なものを使用することが大切です。
  • 頭皮や髪に優しい石鹸シャンプー

  • 頭皮や髪に優しい石鹸シャンプー
  • 合成シャンプーの使用によって頭皮や髪に抱えたトラブルを優しく解消するには、石鹸シャンプーがおすすめです。

    合成界面活性剤は、油などの汚れを落とす力が非常に強く、たんぱく質を溶かしてしまう作用もあるため、肌や髪に優しいとは言えません。

    しかし、石鹸の場合、その成分や原料は天然成分で作られており、合成界面活性剤のような強力な洗浄力やたんぱく質を溶かす作用がないため、安全性が高く、安心して使うことができます。

    基本的には、動植物の油脂をアルカリで煮て作られており、煮るアルカリによって、2つの種類に分けられます。

    油脂を水酸化ナトリウムで煮て作った脂肪酸ナトリウムは固形物として良く利用され、水酸化カリウムで煮て作った脂肪酸カリウムは液体のものとして利用されます。

    天然成分である石鹸も、科学的に作られた合成洗剤も、どちらも固形や液体、粉など形状はさまざまなので、見た目だけでは判断できません。

    製品の成分表記を見て、判断するようにしましょう。
  • 石鹸シャンプーで髪がべたつく原因

  • 石鹸シャンプーで髪がべたつく原因
  • 石鹸シャンプーで洗髪をすると、多くの人が最初はベタベタすると感じます。

    べたつくのは、汚れが落ちきっていないことや、すすぎ残しが原因だと考えられます。

    天然成分から作られた界面活性剤のため、肌や頭皮にも優しく安全性の高い商品ですが、そのため、残念ながら合成のものよりも洗浄力は低くなってしまいます。

    髪がベタベタになるというのは洗浄力が低いため、汚れが落ちきっていないことが原因です。

    汚れが落ちきっていないとべたつきの原因となるので、使い始めは何度か繰り返して洗う必要があります。

    また、汚れを落とすためには、一定以上の濃度が必要です。

    その濃度の目安となるのが泡です。

    泡立ちが悪いと感じるなら、それは汚れが落ちきっていない証拠ですので、再度洗う必要があります。

    また、すすぎ残しが原因でベタベタする場合もありますので、洗髪の際には、すすぎ残しがないように、時間をかけてしっかりとすすぎましょう。
  • べたつきの解消法とは

  • べたつきの解消法とは
  • 洗髪の際のべたつきを解消するためには、まずは洗髪方法を見直してみましょう。

    シャンプーを付ける前に、頭皮と髪お湯ですすぎ、汚れをざっと洗い流します。

    お湯だけでもある程度の汚れは洗い流せるので、このステップが大切です。

    お湯の温度はやや高めの方が汚れがよく落ちます。

    大切なのは、シャンプーの量を多めに使い、しっかりと泡立てることです。

    一度で汚れが落ちなかった場合は、繰り返し洗いましょう。

    シャンプーブラシなどを利用すると、汚れが落としやすくなります。

    すすぐ際には髪や頭皮に成分が残らないようしっかりとすすぎましょう。

    また、リンスを見直すのもべたつきの解消に効果的です。

    酸性リンスを使うと、べたつきやごわごわ感を防ぐことができます。

    リンスは髪に長い時間つけておくものではなく、さっと髪に浴びせるようにした後で、しっかりとすすぎましょう。

    合成の商品と違って、使い心地に慣れるまでが大変ですが、自分なりの方法をつかむことができれば快適になるので、少しの間は我慢が必要です。
  • 将来の頭皮や髪の健康にために

  • 将来の頭皮や髪の健康にために
  • 石鹸シャンプーは、髪や頭皮に負担をかけることなく洗髪ができるため、抜け毛や薄毛、頭皮トラブルに悩む人にはおすすめです。

    ただし、始めて使う人は、べたつきやごわごわ感が気になる人が多いようです。

    その場合は、洗髪方法やリンスを見直すことで解消することができます。

    合成の商品に比べると、使い勝手が悪いかもしれませんが、頭皮や髪の毛には負担が少ないため、頭皮トラブルや抜け毛が気になる人や、育毛を意識する人にはぜひ使ってほしい商品です。

    ただし、最近では「石けん」と表記されていても合成界面活性剤を使用した商品も販売されているので、購入する際には、商品の成分表示をよく確認してから購入するようにしましょう。

    合成の商品と違い、洗いあがりの感触もなめらかではありませんが、それだけ肌と髪には安全なのです。

    使い心地がよいものほど危険な成分が入っているといっても良いほどです。

    将来的に髪に不安を感じる人や薄毛が気になる人は、地肌と髪に優しい石鹸シャンプーを試してみてはいかがでしょうか。
石鹸シャンプーで髪がベタベタになる原因と解消法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事