美容院のシャンプーと市販シャンプーの違いって?

美容院のシャンプーと市販シャンプーの違いって?

Thumb?1414295452 muah♪さん

388

販売されているシャンプーには様々なものがありますが、市販されているものとは別に、主に美容院でのみ使用されるシャンプーがあります。個人でも購入できますが、少し値段が高くなっています。
そんな美容院のシャンプーですが、市販されているシャンプーとどこが違うのでしょうか?特徴も含めご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 美容院と市販のシャンプー、どっちが良い?

  • 美容院と市販のシャンプー、どっちが良い?
  • あなたが普段使用しているシャンプーは、どういった基準で選んでいますか?

    いつも通っている美容院でおすすめされたブランドの製品?

    インターネットで評価の高い市販の製品?弱酸性?

    それぞれこだわりがあると思います。

    お気に入りのブランドはもちろん、香りや髪質や体質により、選択肢が人によってガラリと変わるのが、シャンプー選びの難しいところです。

    髪のトラブル・頭皮のトラブルを抱えている方は特に、ここを見直すだけで改善されることも。

    皮膚の健康状態やフケの量、髪の毛のキューティクルやダメージ、くせ毛の状態までシャンプーひとつで解決する問題も多いのです。

    ここでは、美容院のシャンプー・市販のシャンプーのそれぞれの特徴、そしてどちらを選ぶべきかをご紹介していきます。

    きちんと両者の違いを把握しつつ、どこの製品が、どんな製品があなたの髪の毛や頭皮にマッチするのかを理解した上で、検討・購入しましょう。
  • 市販のシャンプーの特徴は?

  • 市販のシャンプーの特徴は?
  • 市販のシャンプーは、使い心地のよさ、そしてイメージの良さがメインとなります。

    簡単にクリーミーな泡が立つことや、泡立ちがよくてさらに指通りが良いこと、香りが良いこと、他にもCMに人気の女優さんが採用されていること、容器がおしゃれでかわいいこと、などなどイメージや心地よさが重視されている製品が多くリリースされています。

    また、1回使用するだけで効果が分かるような構造になっているのも大きな特徴。

    分かりやすい、インパクトのある変化を求めて購入されることが多いジャンルなので、こういった派手な効果も加えられていることを把握しておかなければなりません。
    (もちろん、自然に近いナチュラルな製品に関してはこの限りではありません。)

    そして、何より価格が安いという点も挙げられます。

    ただ、その分長期間使用すると髪の毛自体や皮膚に負担をかけてしまったり、髪の毛がペタンと寝てしまったり、カラーリング・パーマのかかりが鈍くなるといった弊害も持ち合わせています。
  • 美容院のシャンプーの特徴

  • 美容院のシャンプーの特徴
  • 反対に、美容院のシャンプーは、髪の毛や頭皮の健康、そしてカラーリングやパーマのかかりをサポートする役割などをメインに製造されています。

    美容院で使用されているだけあって、スタイリングをしやすい髪質を作り上げてくれて、なおかつ髪の毛や肌の健康状態を気遣う成分が含まれています。

    そのため、市販の製品と比べると泡立ちはあまりせず、効果がなかなか感じられないものだったりしますが、継続的に使うことにより、じっくりと効果が出てきます。

    何より、髪の毛・頭皮にやさしいというのは、大きなメリット。

    その分、ダメージを和らげる効果があるため、髪の毛の状態が改善されます。

    デメリットとしては、髪の毛の健康やヘアスタイリングがしやすくなるなどさまざまな向上が見られる代償として、一般的な製品よりも少し高額になってしまいます。

    ただし、使用し続けるうちに髪の毛の状態が改善されてくるので、長期間使えば納得できるはず。
  • どんな観点でシャンプーを選ぶ?

  • どんな観点でシャンプーを選ぶ?
  • それでは、どんな基準でシャンプーを選べば良いのでしょうか。

    まずは、洗浄力から見ていきましょう。

    ドラッグストアなどで並んでいる製品は、石油由来の高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分が主体となったものが多いです。

    実は、この成分は台所用洗剤と同じものが使用されており、安価でありつつも泡立ちが良いという製品。

    その分、身体に必要な、特に頭皮や髪の毛に必要な脂分まで洗浄してしまうため、ダメージを与えてしまうというわけです。

    一方、美容院の製品に関しては、洗浄成分はアミノ酸系がメインに使用されたものが多いです。

    こちらは、肌や髪の毛にやさしい成分であるものの、どうしても値段が上がってしまいます。

    ただ、身体への負担が少なく、安全なのは言うまでもありません。

    ココイルやコカミドなど、ヤシ油から採取された成分が含まれています。

    裏の成分表を見て、上から順番に分量が多いものとなっているため、水の次に表記されている製品を購入するようにしましょう。
  • シャンプー選び・シリコンにも注目

  • シャンプー選び・シリコンにも注目
  • 洗浄力の他に注目したいのがシリコン。コンディショナーに含まれている、髪の毛のコーティングを作る役目を担っている成分ですが、「泡立ちが良いのに指通りが良い」という格安の製品の特徴は、主にぬめりを発するシリコンのおかげ。

    泡立ちの良い製品の穴埋め的な要素で含まれているため、頭皮の毛根までコーティングしてしまい、毛根の健康状態が悪くなってしまいます。

    そのため、シリコンはなるべく含まれていない製品の方が良いでしょう。

    美容院の製品に軍配が上がってしまうのは、こういった髪の毛にダメージを与えない洗浄成分、そしてシリコンを含まない、という条件が揃っているからに他ありません。

    また、高額ではあるものの、先述の通り、カラーリングやパーマをかけやすく、長期にわたって髪質や頭皮の健康状態の改善が図れるため、美容師がおすすめするのも納得ですね。

    せっかくお金や手間をかけて施されたヘアスタイルやカラーリング・パーマも、安価な製品でダメージを与えてしまってはもったいないです。

    シャンプーもぜひ髪の毛に良いものを使用しましょう。
美容院のシャンプーと市販シャンプーの違いって?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事