抜け毛を防ぐシャンプーの正しい使い方とは?

抜け毛を防ぐシャンプーの正しい使い方とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

665

髪を洗っているとき、流れてくる抜け毛の量に驚いた経験はありませんか?脱毛症なんじゃ…と不安に思ってしまいますが、実は抜け毛自体はごく自然に起こることなのです。そうはいっても、抜けすぎるのも困りますよね。そんな時はシャンプーの使い方の見直しを試してみてください。今回は、抜け毛でお悩みの方のために、抜け毛予防のためのシャンプーの使用法を紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • シャンプー時の抜け毛
  • 抜け毛の原因となること
  • 正しい髪の洗い方を習慣にする
  • シャンプーの後に行うこと
  • 抜け毛をふせぐためにできること
  • シャンプー時の抜け毛

  • シャンプー時の抜け毛
  • 髪を洗ったときに、たくさんの抜け毛を見てびっくりすることがあります。

    普段の生活でも髪は抜けますが、最も髪が抜けるのシャンプーの時です。

    頭皮がシャンプー剤やお湯で刺激を受けることで、抜けかかっていた毛が落ちやすくなるためです。

    正常で自然な事であるため、ほとんどの場合は心配ありません。

    平均すると一日に百本程度抜けます。自覚はないかもしれませんが、気がつかないうちに百本近くの髪が抜けています。

    これは新陳代謝が正常に行われている証拠です。人の体は常に古い細胞が破棄されて新しい細胞が作り出されています。

    一般家庭と同じく、要らないものを破棄し必要なものを購入します。

    抜けた髪は不要な髪なので心配する必要はありませんが、特にシャンプーの時に目につくため、驚いて不安になってしまうのも無理はありません。

    中には、抜ける量が多いため髪がなくなるのではと心配する人もいます。

    当然ながら時として正常な範囲を超えた抜け毛が生じる場合もあります。
  • 抜け毛の原因となること

  • 抜け毛の原因となること
  • 抜け毛の原因にはいくつかあります。加齢によるもの、ホルモンバランスの変化などがあります。中にはストレスなどが原因で一時的に生じることもあります。

    根本原因を解決して対処することが必要です。原因を取り除くようアプローチしないと、薬などを使っても効果があらわれません。

    ホルモンバランスが原因であれば、ホルモンを整えるよう生活スタイルを改善するようにしましょう。

    妊娠などの一時的な体調の変化により、髪が抜けやすくなることもありますが一時的なのでまた元に戻ります。

    当然のことですが原因がわからない場合もあるに違いありません。

    稀にシャンプーが原因となることもあります。

    シャンプーが体質にあっていないと、刺激が強すぎて抜け毛が生じます。

    原因不明の場合はこれまで使ってきたものを変えてみましょう。

    或いはすすぎが十分でない場合も、髪が抜けやすくなります。

    正しい洗い方で洗えていないこともありますので、意識してよくすすぐようにしましょう。
  • 正しい髪の洗い方を習慣にする

  • 正しい髪の洗い方を習慣にする
  • 髪の毛の洗い方は人によって異なります。多くの人はざっと濡らしたあと、シャンプーを直接つけて耳の上あたりから洗います。

    これでも間違いではありませんが、抜け毛を予防したいのであれば正しい洗い方をマスターしなければいけません。

    最初にお湯洗いを行います。お湯だけで良く洗います。

    お湯をかけながら、全体を軽くマッサージするようにします。

    お湯洗いをすることで、泡だちが良くなり汚れが浮き上がってきます。食器を洗うのと同じです。

    主婦の方は油汚れのついた食器をいきなりスポンジでこするようなことはしませんよね。お湯で流すか、ペーパーでふき取ってから洗います。

    お湯で良く洗ったなら、シャンプー剤を手に取ります。手の中で泡を作ってから頭に全体につけます。

    特に汚れやすい後頭部や頭頂部を中心に泡をのせていきましょう。

    頭全体をマッサージしていきます。指で円を描くようにして洗います。最後はすすぎを行います。泡が残らないように、十分すすぎましょう。
  • シャンプーの後に行うこと

  • シャンプーの後に行うこと
  • きれいに洗ったあとはそれだけで満足してはいけません。タオルで良く拭きましょう。

    良く拭かないと冷えて風邪をひくばかりか、髪にもよくありません。

    体を拭いたタオルとは別のタオルを使う方が効果的です。体を拭いたタオルはすでに水分の吸収力が落ちているからです。

    ゴシゴシとこするのではなく、髪の毛を挟むようようにします。

    櫛でとかしてからドライヤーで乾かします。水分が抜けて乾く時に形が決まります。

    次の日のヘアスタイルに合わせて、櫛で形作りドライヤーをかけましょう。

    完全に水分を飛ばす必要はありませんが、湿った部分がないようにします。

    ドライヤーは近づけすぎないように気をつけます。熱で傷むことも、抜ける原因になるからです。

    決して濡れた髪の毛のまま寝ないようにしなければいけません。濡れている状態は痛みやすく、絡まって抜けやすくなるからです。

    乾かさないと、湿気がこもって臭いの原因となることもあります。
  • 抜け毛をふせぐためにできること

  • 抜け毛をふせぐためにできること
  • 正しい洗い方と体質に合ったシャンプーを使うことは欠かせません。

    ブラッシングや頭皮のマッサージも効果的です。

    他にも食生活も関係しています。良質のタンパク質を十分に取りましょう。髪の毛はタンパク質からできているからです。

    海藻類や黒豆なども美しい髪を作るのに助けになります。

    逆にインスタント食品やスナックは控えるようにしましょう。外食も控えた方が賢明です。

    添加物の取りすぎにより、せっかくとったミネラルが排出されることもあります。

    当然のことですが、厳密に一切自炊以外食べないと決める必要はありません。

    毎日決まった時間に寝て、起きることでホルモンのバランスが整い新陳代謝がうまく行われるようになります。

    特に夜ぐっすり眠ることで体の調整が行われるため予防になります。軽い運動はよく眠れるようになります。

    生活全体を通して、髪が抜けやすい体質へと改善することができます。年齢や体質だからとあきらめる必要はありません。
抜け毛を防ぐシャンプーの正しい使い方とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事