髪にツヤを出すノンシリコンシャンプー

髪にツヤを出すノンシリコンシャンプー

Thumb?1414295452 muah♪さん

246

多くのシャンプーに配合されているシリコンには、髪の毛をコーティングしてきしみや絡みを防ぐ働きや、界面活性剤の洗浄力をマイルドにして髪を守る働きがあります。しかし、毛穴詰まりを引き起こしやすいなどのデメリットもあるため、最近ではノンシリコンのシャンプーを使う方が増えてきています。そんなノンシリコンシャンプーの魅力をご説明します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • シャンプーに使用されているシリコンとは

  • シャンプーに使用されているシリコンとは
  • シャンプーに配合されているシリコンには、摩擦から髪を保護する役割があり、ドライヤーの熱や乾燥から髪を守る働きもあります。

    髪を1本ずつコーティングするため手触りが滑らかになり、シャンプーをした時のきしみやからみを防いでまとまりやすい状態に整えてくれます。

    シャンプーには洗浄成分として界面活性剤が入っていますが、皮脂や汚れを洗い流す力が強いほど刺激も強くなるため、髪と頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。

    シリコンは洗浄成分の刺激をマイルドにする働きがあるので、使用感を良くする目的でも利用されています。

    このように洗い上がりを快適にするために使用されているシリコンですが、良いことばかりではなく髪と頭皮の状態によっては悪い影響を与えてしまうこともあります。

    ちなみに成分表示ではシリコンではなく、ジメチコンやシクロメチコン、シロキサン、シリカなどと書かれています。

    クロスポリマーはシリコンを粉末にした物なので、シリコンと同じような働きをします。
  • シリコンシャンプーのデメリット

  • シリコンシャンプーのデメリット
  • キューティクルを守る役割を持つシリコンですが、シャンプーをした時のすすぎが不十分だと成分が頭皮に残ってしまい、毛穴が詰まってしまうことがあります。

    ダメージヘアでツヤがなくなっている場合には、コーティングにより適度なツヤ感をもたらしてくれますが、健康な髪に使用するとツヤは抑えられてしまうため、本来の輝きが減ってしまいます。

    パサつきがちな髪をしっとりさせて、広がりやすくなった髪に適度な重さをもたらしてくれる効果も、毛量が少ないとペッタリとしてしまうため全体的にボリュームダウンしてしまい、薄毛が目立ってしまうことになります。

    髪のダメージがひどい時にはシリコンは効果的ですが、頭皮の毛穴が詰まりやすく抜け毛が多くなってきた時、毛が細くなっていて髪にボリュームが欲しい時などはノンシリコンが最適です。

    シリコンそのものは有害な成分ではありませんが、髪と頭皮の状態に合わせて使い分けてみましょう。
  • ノンシリコンシャンプーの特徴

  • ノンシリコンシャンプーの特徴
  • 髪を保護するシリコンが配合されていないため、ノンシリコンシャンプーは洗浄力が控えめになっています。

    そのため皮脂が不足して乾燥しやすくなった頭皮や、炎症を起こしやすい弱った頭皮でも使いやすくなっています。

    シリコンが入っていないと髪がきしんでゴワゴワしてしまう、といったイメージがあるかもしれませんが、髪に潤いを与える成分やオイルが配合されていれば、パサつきやゴワつきのない使用感になります。

    健康が回復してくると自然なツヤとハリのある髪になり、コーティング剤に頼らなくても指通りの滑らかな質感に近づいてきます。

    シリコン入りのシャンプーに慣れていると、泡立ちが弱いように感じるかもしれませんが、シャンプーを付ける前にぬるま湯で予洗いして髪を十分濡らしておくと泡立ちが良くなります。

    そして予洗い前には丁寧にブラッシングをしておくと、頭皮に付着した皮脂やほこりが浮き上がってくるため、汚れをきれいに洗い流す効果も高まります。
  • ヘアケア剤の美容成分を効果的に吸収

  • ヘアケア剤の美容成分を効果的に吸収
  • ヘアケア剤で使用されているシリコンは網目状になっているため、成分が全く浸透しない訳ではありません。

    しかしコーティングされていない状態に比べると、カラーリングの時に色が染まりにくかったり、パーマがかかりにくくなることがあります。

    薬剤をつける時間が長くなってしまうと刺激を多く受けてしまうため髪が傷んでしまい、使用している薬剤が経皮毒として頭皮に蓄積する可能性も高くなります。

    シリコンの入っていないシャンプーは髪に膜を作らないので、カラーやパーマで使用する薬剤が浸透しやすくなり、作業が効率的になるといった面もあります。

    また、その後使用するトリートメントの栄養が髪に浸透しやすくなるため、薬剤により傷んでしまった髪の回復力を高める効果が期待できます。

    また、シャンプーに配合されているシリコンが原因となって、背中や顔周りにニキビができることもあるため、髪と頭皮以外の肌ケアをしたい時にも適しています。
  • ダメージヘアでもノンシリコンが使いたい

  • ダメージヘアでもノンシリコンが使いたい
  • ダメージヘアがノンシリコンシャンプーを使ってみると、シリコンでコーティングされなくなった分、洗髪後にパサつきやゴワつきを強く感じてしまうことがあります。

    そのような時はヘアケア製品をすべてノンシリコンで揃えるのではなく、シリコン入りのトリートメントやスタイリング剤を使ってみましょう。

    頭皮にはつけないようにして、乾燥しやすい毛先を中心に使用すると、シリコンによって毛穴が詰まりやすくなることもなく、髪の根元が重くなってボリュームダウンすることもなくなってきます。

    すぐに絡まってしまいダメージを受けやすい毛先を保護してサラサラにする効果が高まるため、スタイリングが快適になります。

    そして髪のダメージが落ち着いてきた頃に、シリコンの入っていないヘアケア製品を使用すると、髪にかかる負担が少なくなります。

    オーガニックの植物成分から作られている物や、合成香料や石油系界面活性剤を使っていない自然派の物は、やさしい洗い心地でダメージヘアでも使いやすくなっています。
髪にツヤを出すノンシリコンシャンプー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事