くせ毛を矯正しやすいシャンプーとは?

くせ毛を矯正しやすいシャンプーとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

392

くせ毛を矯正するには、パーマをかけたり、ヘアアイロンやスタイリング剤を使用するなどさまざまな方法があります。その中でも一番手軽な方法は、シャンプーでのヘアケアです。
くせ毛の原因にはいくつか種類があり、使用すべきシャンプーも異なります。ここでは、くせ毛の原因別のシャンプーの選び方をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • くせ毛の対策はシャンプーから

  • くせ毛の対策はシャンプーから
  • くせ毛を矯正したいと考えている方にとって、手軽で取り入れやすい対策の1つがシャンプーです。

    シャンプーは多くの方にとって毎日の習慣ですから、使う物を変えるだけで手間もからない、有効な方法です。

    ここでは、くせ毛の状態別にシャンプーの選び方と矯正のコツを紹介していきます。

    シャンプーを変えれば髪の状態が改善するので、髪のセットにかかる時間を少なくしたり、整髪料の種類や使う量も変えられます。

    髪型をより自然に仕上げるだけでなく、これまで試した事がない髪型に挑戦するきっかけにもなるでしょう。

    くせ毛の原因は人それぞれですから、状態によって選ぶべき製品は異なります。

    適切な対策を取り入れれば真っ直ぐに伸びる髪を維持しやすくなりますし、完全に矯正できなくてもセットした髪型を長時間保ちやすくなるものです。

    具体的な原因と対策には、大きく分けて4つがあります。

    自分の状態に近いものを参考にして対策をすると良いでしょう。
  • 皮脂が原因のくせ毛にマイルドなシャンプー

  • 皮脂が原因のくせ毛にマイルドなシャンプー
  • 皮脂髪の状態に、大きな影響を与えています。

    例えば、朝にセットした前髪が昼を過ぎる頃には髪型が崩れているなら、余分に分泌される皮脂の対策をしておきましょう。

    特に、基本的には直毛だけれど前髪にだけ癖がついている方は、簡単な対策で髪を真っ直ぐに伸ばせます。

    皮脂が原因と見られる場合は、洗浄力が強すぎない製品を使うと髪の改善に繋がります。

    シャンプーは頭皮や生え際等を綺麗にできれば十分なので、洗浄力の強すぎないマイルドな使い心地の物を選びましょう。

    人間の体は皮脂が多く取り除かれると不足した分を補う為に分泌量が増すので、皮脂のバランスを取る為に重要な選択になります。

    髪質を改善する補助として、洗顔料も同様に強すぎないものを選びましょう。

    普段の習慣として、あぶらとり紙の使用量を適度に抑えるのも重要です。

    シャンプーと洗顔料とでバランスの整った状態を維持すれば、前髪のセットを決めやすく長持ちしやすくなります。
  • 水分が原因のくせ毛対策は水分コントロール

  • 水分が原因のくせ毛対策は水分コントロール
  • 水分が原因で髪型を長く維持できない場合は、水分コントロールをしてくれるシャンプーを選びましょう。

    例えば、髪が乾燥しやすい方は、保湿成分が配合されている製品がお勧めです。

    セットした髪が時間と共に広がったり、うねりが生じたりして安定しにくい場合に有効です。

    髪がベタつきやすい方は、水分コントロールのできる湿気に強い製品ーを選ぶと良いでしょう。

    髪にダメージがある場合は、ダメージケアに有効な成分を配合している物を選ぶのもお勧めです。

    長くセットを維持しやすい、扱いやすい髪になるでしょう。

    また、ベビーパウダーを補助として使うのも有効です。

    髪や額に適量を使うと、髪がベタつきにくくなり髪のセットが長続きします。

    使いすぎると香りが強くなったり、白い汚れとして目立ったりするので適量を使えるように少しずつ使いましょう。

    髪につける場合は、額と接触するエリアを中心に広げるのが上手につけるコツです。
  • 髪が細い方のくせ毛には機能性が重要

  • 髪が細い方のくせ毛には機能性が重要
  • 髪が細いのが原因で髪のセットがしにくい方は、機能性の高いシャンプーを選ぶと改善しやすくなります。

    例えば、髪や頭皮の状態を改善する成分が配合されている製品がお勧めです。

    例えば、ダメージケアをしやすい製品は髪の状態を良くしつつ、新しく生えてくる髪も良い状態で伸ばしやすくなります。

    長期的に矯正していく為に役立ち、髪のまとまりも向上しやすい特徴があります。

    スキンケア機能あれば頭皮の良好な状態も維持しやすく、より一層効果的です。

    また、水分コントロールがしやすい成分が配合していると、髪が湿気の影響を受けにくくなるのでセットも決まりやすくなります。

    髪が細いのに加えて絡まりやすくい方は、柔毛向けの製品を選ぶと指通りが良くなるでしょう。

    ブラシやコームを使った時も、毛先まで引っかかりにくくなります。

    製品によっては、アンチエイジング向けの物もあります。

    髪が細くなっている原因によって、上手に選択しましょう。
  • くせ毛の体質の方にはヘアケアシャンプー

  • くせ毛の体質の方にはヘアケアシャンプー
  • 体質が原因で美容院でストレートパーマをかけてもらっている方には、ヘアケア成分の配合されたシャンプーがお勧めです。

    ストレートパーマや縮毛矯正をした方に専用の製品もあるので、真っ直ぐな髪を長続きさせたい場合は利用を検討する価値があります。

    ヘアケア成分の配合されている製品を使うと、髪の広がりやパサつきを抑えてくれるので特に有効です。

    毎日の洗髪の後、朝まで髪がしっとりまとまるようになるのでセットも簡単に短時間で済みます。

    髪の根元からうねりのある方にも使いやすい製品があるので、ストレートパーマをかけた後のヘアケアとして有効な対策になります。

    ストレートパーマをかけた直後は真っ直ぐな髪になるものの、徐々に乱れやすくなるという方にもお勧めです。

    毎日の習慣の中でヘアケアを適切に行いやすくなるので、一度真っ直ぐ整えられた髪を長く保ちやすくなります。

    扱いやすく乱れにくい髪を維持する為に、重要な要素の1つです。
くせ毛を矯正しやすいシャンプーとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事