シャンプーが育毛の基本と言われる理由とは?

シャンプーが育毛の基本と言われる理由とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

157

薄毛を改善して育毛するためには、栄養バランスを考えた食事や適度な運動、ストレスを溜めないなどはもちろんですが、同じくらいにシャンプーも大切です。髪や頭皮の状態に合ったシャンプーを選び、正しい洗い方で髪を守りましょう。

  • 頭皮の汚れを落とす必要性とは

  • 頭皮の汚れを落とす必要性とは
  • 育毛ケアには様々な方法がありますが、基本とも言えるのがシャンプーによる洗髪なのです。

    髪を元気にするには頭皮から健康にする必要があり、頭皮の状態が髪の状態となります。

    頭皮のスキンケアというイメージでケアすれば、抜け毛を減らして髪を太くすることができます。

    最近はお湯を使用した洗髪が流行っていますが、ヌルヌルして不快感を覚える方も少なくありません。

    日本人はもともと皮脂量が多いため、頭皮がオイリーになりやすいのです。
    脂漏性脱毛の発症率も高いので、お湯洗髪が合わない方はシャンプーを使用するべきです。

    洗髪で大切なのは毛穴内部までスッキリと汚れを落とすことであり、そのためにはシャンプーを十分に泡立ててから洗うことをおすすめします。

    指圧するようにマッサージし、決して爪は立てないようにしてください。爪を立てて頭皮を傷つけると、そこから炎症・ニキビなどを引き起こす可能性もあるのです。

    爪は定期的に切っておき、誤って爪を立てても大丈夫なようにしておきましょう。
  • 育毛剤の浸透力をアップさせる

  • 育毛剤の浸透力をアップさせる
  • シャンプーで洗髪する目的には育毛剤の浸透アップもあります。

    皮脂はギトギトとした油膜を形成し、育毛成分の浸透を悪くしてしまうのです。
    だからこそ洗髪をして毛穴内部の皮脂まで除去していく必要があります。

    抜け毛が多い状態が続くようなら、洗髪の方法が間違っている可能性があります。

    頭皮に合わないケアを続けると、頭皮が敏感になって痛みを感じることもあるでしょう。

    何となくヒリヒリするなら敏感肌になっていますし、洗髪して2時間程度でベタベタするなら脂性肌と言えるでしょう。

    食生活で脂肪をあまり摂らない方、ハードなダイエットをしている方などは、乾燥肌を招く可能性があるので注意してください。

    乾燥肌は女性に多く見られ、頭皮のバリア機能を低下させて抜け毛を増やしてしまうのです。

    抜け毛が多くて困っている方は、保湿力の高い育毛剤を使用して潤いを与えていきましょう。
    バリア機能を高めるために一番効果的なのは、保湿力を与えることなのです。
  • アミノ酸シャンプーのメリットとは

  • アミノ酸シャンプーのメリットとは
  • 頭皮が敏感で肌荒れが起こりやすいという方には、アミノ酸シャンプーをおすすめします。

    肌を構成する主成分であるアミノ酸は、髪に栄養を与えてサラサラに導いてくれるのです。
    髪がパサついている方は栄養不足が原因と考えられるので、食生活を改善しつつアミノ酸シャンプーに乗り換えましょう。

    洗浄力はそれほど高くないので最初は違和感を覚える方もいますが、必要な皮脂を残せるのでむしろよいのです。

    適量の皮脂は保湿力を発揮し、頭皮を紫外線からブロックしてくれます。また、アミノ酸が毛母細胞を活性し、発毛を促進してくれるのです。

    抜け毛も少しずつ減っていき、やがて産毛が成長を始めます。

    産毛は一気に太くなることはなく、時間をかけて少しずつ太く長くなります。

    いきなり普通の髪として生えてくることはないので、気長にケアすることが大切なのです。

    6ヶ月を目安にケアすれば、何らかの結果は期待できるでしょう。結果を感じることは最大のモチベーションとなるため、最低6ヶ月を目安にケアすることをおすすめします。
  • コンディショナーも併用しよう

  • コンディショナーも併用しよう
  • シャンプーの目的は皮脂落としであり、保湿する機能はそれほど高くはありません。

    保湿力の不足を感じる方は、コンディショナーを使用して潤いを与えていきましょう。
    保湿をするだけで抜け毛は減少し、髪はハリを取り戻してくれるのです。

    乾燥肌になると抜け毛が増えやすくなるのは間違いないので、なるべく早く普通肌に戻していきたいものです。

    薄毛に悩んでいる方の多くは、肌状態が普通肌から外れてしまっています。薄毛とは肌トラブルの一つなので、普通肌に戻すことで解消することが多いのです。

    コンディショナーを使用するときの注意点は、若干ぬめりを残す程度に洗うことです。

    シャンプーで洗髪するときは完全に洗い流す必要がありますが、コンディショナーは保湿成分を残すのが目的なので、すすぐ程度に洗髪してください。
    保湿された髪は乾燥・熱にも強く、ドライヤーのダメージを軽減してくれます。

    頭皮が乾燥しやすい方は、ドライヤーで大まかに乾燥させたら、あとは自然乾燥に任せるようにしましょう。
  • 頭皮クレンジングを定期的に使用

  • 頭皮クレンジングを定期的に使用
  • 育毛のためには頭皮に適量の皮脂を残すのが好ましいですが、毛穴内部の皮脂はゼロにしたほうがいいのです。

    シャンプーで正しく洗髪すればほぼ確実に皮脂を除去できますが、若干は残ってしまいます。
    それが毛穴に詰まって蓄積し、毛穴を狭くしてしまうのです。

    皮脂でフタをする状態になると、育毛剤の浸透力が大幅に低下してしまいます。
    6ヶ月以上にわたって育毛剤を使用しているのに、ほとんど効果を実感できない場合は毛穴に詰まった汚れが原因かもしれません。

    定期的に頭皮クレンジングを行って、毛穴の皮脂を完全に落としていきましょう。
    クレンジングの頻度は週に数回が適切ですが、頭皮状態にあわせて調整してかまいません。

    週1回だとオイリーになるという方は、週2~3回というように調整してください。

    頭皮クレンジングはシャンプーよりも刺激が強いのが普通なので、乾燥肌が気になる場合は使用頻度を減らしていきましょう。

    一般的に週2~3回も使用すれば、オイリーの方でも皮脂量を適切に調整できるはずです。
シャンプーが育毛の基本と言われる理由とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事