シャンプーでハリやコシがある髪の毛を作ろう!

シャンプーでハリやコシがある髪の毛を作ろう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

461

ハリやコシのある髪を手に入れるためには、頭皮を清潔に保つことが大切です。頭皮が汚れていると髪の毛にも影響を及ぼすので、ハリやコシがある健康な髪の毛を保つためにも正しいシャンプーをすることが重要になってきています。では、正しいシャンプーとはどのようなものでしょうか?
今回は、ハリやコシのある髪を作る為のシャンプー方法を紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 健康な髪の毛には清潔な頭皮が必要
  • ハリやコシが失われている原因
  • 毎日のケアで気を付けたいこと
  • シャンプーの成分と選び方
  • 洗うときのポイントとは
  • 健康な髪の毛には清潔な頭皮が必要

  • 健康な髪の毛には清潔な頭皮が必要
  • 髪の毛は頭皮の表面にある毛と頭皮の中にある毛根から出来ていて、髪の毛となる部分は自ら健康にするような機能が無いので、ハリやコシがあるような髪の毛を作るためには毛根が重要になります。

    毛根を清潔に保つことで美しい髪の毛が育ち、ヘアサイクルを正常に戻してくれます。

    頭皮の構造は肌と同じようになっていますが、肌よりも皮脂の分泌量が多くなっています。

    また汗腺の数も多いので、肌よりも汚れやすい場所です。

    頭皮が汚れていると髪の毛にも影響を及ぼすので、ハリやコシがある健康な髪の毛を保つためにも正しいシャンプーをすることが大切です。

    ハリやコシがある健康な頭皮や髪の毛は柔らかくて弾力があり、手で揉みながら動かすことが出来ます。

    スムーズに動かすことが出来れば健康な状態で、硬くて動かすことが出来ないときには不健康な状態なので注意が必要です。

    頭皮が弱っているので、シャンプーを変えたり方法を変えるようにします。
  • ハリやコシが失われている原因

  • ハリやコシが失われている原因
  • 髪の毛にハリやコシが無いときには、原因として様々なトラブルが考えられます。

    ヘアカラーやパーマ、誤ったヘアケアによるダメージや頭皮の血行不良も原因です。

    頭皮が凝っていたり、頭皮環境が悪化しているときにも髪の毛に栄養が行き届かなくなり、ハリが失われていきます。

    特にカラーリングやパーマは化学処理を行うため、様々な成分の影響でキューティクルが剥がれます。

    髪の毛の栄養が流れてしまうので、トラブルに繋がるのです。

    そのままの状態にしていると髪の毛が痩せてボリュームが無くなり、薄毛や抜け毛に繋がることもあります。

    まずは血行を促進するためにマッサージをして、そこから正しいシャンプーの方法や選び方を駆使して健康な頭皮を作ることが大切です。

    さらにシャンプーで汚れを落としたらトリートメントなどで栄養を与えて、剥がれたキューティクルを閉じるようにします。

    栄養を補給することで、健康的な髪の毛を取り戻すことが出来ます。
  • 毎日のケアで気を付けたいこと

  • 毎日のケアで気を付けたいこと
  • 頭を洗い過ぎると頭皮の皮脂を取り過ぎてしまうことがあり、炎症や切れ毛などを引き起こしてしまいます。

    乾燥した状態になるので皮脂が余計に分泌されるようになり、ベタついてしまいます。

    夏の暑い時期やスポーツをした後などは除いて、1日1回にするようにします。

    シャンプーは髪の毛に付着した汚れを落とすために行いますが、髪の毛ばかりを洗っていたも意味が無いのです。

    大切なのは髪の毛を作る頭皮を洗うことで、毛穴の詰まりや皮脂を取り除くことです。

    頭皮を洗えば清潔な状態が保たれ、ハリやコシがある髪の毛を作ることが出来ます。

    髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、キューティクルが剥がれやすくなります。

    匂いや抜け毛の原因になるので、ドライヤーでしっかり乾かしてから就寝するようにします。

    ドライヤーで乾かせばキューティクルが閉じるので、髪の毛を傷付けずに済みます。

    カラーリングやパーマをしたときには施術から1日から2日空けるようにして、綺麗な状態がキープ出来るようにしておきます。

    洗浄力が高いシャンプーは色落ちしやすく、乾燥の原因にもなるので避けることが大切です。
  • シャンプーの成分と選び方

  • シャンプーの成分と選び方
  • シャンプーの成分は、水と洗浄成分でもある界面活性剤です。

    この界面活性剤の種類によって、分類することが出来ます。

    アミノ酸系のものは弱酸性の性質を持っていて、肌に優しいのが特徴です。

    泡立てるとマイルドになり、保湿力があるのでパサつきを抑えてくれます。

    洗浄力はあまり無いのですが、時間を掛けて洗うことで効果を発揮します。

    ボリュームが出にくいので、髪の毛のまとまりを重視するならこれを選びます。

    ベタイン系は天然アミノ酸系の保湿成分が入っていた、低刺激です。

    安全性もあり、髪や頭皮に必要な脂質は残してくれます。

    高級アルコール系は一番多く発売されているもので、泡立ちが良いのが特徴です。

    価格も安いので手に取りやすく、気軽に使うことが出来ます。

    刺激があるので、選ぶときには注意が必要です。

    石けん系のものはアルカリ性なので洗浄力が高く、洗い上がりはスッキリします。

    環境に優しい成分で、刺激が少ないです。

    注意したいのはアルコール系のもので、人によっては刺激が強すぎる場合があります。

    洗浄力があるので汚れを落とすことに向いていますが、不安定な状態の髪には使わないようにします。
  • 洗うときのポイントとは

  • 洗うときのポイントとは
  • シャンプーで洗うときには髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うようにします。

    シャンプーは髪の毛を洗うことが目的だと考えてしまいますが、髪の毛に付着した汚れはお湯で流すだけで簡単に落とせます。

    たっぷりの泡で頭皮を洗うようにして、余分な皮脂を落としながらマッサージするように洗うようにするのがポイントです。

    髪の毛ばかり洗ってしまうと頭皮が清潔にならずに、皮脂の分泌が激しくなります。

    全体のボリュームがダウンして、見た目にも影響します。

    また皮脂が溜まって毛穴を塞いでしまうと形が歪み、ストレートヘアの人でもクセ毛のようになってしまうことがあります。

    もみあげや襟足は皮脂が分泌しやすいので、しっかり洗います。

    シャンプーをするのは朝よりも夜にして、日中活動した汗や皮脂を落として寝るようにします。

    全身の肌と同じように頭皮の細胞も夜中に再生するので、しっかり乾かして清潔にしてから寝ることが大切です。
シャンプーでハリやコシがある髪の毛を作ろう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事