シャンプーでダメージ補修するには?効果的な方法を紹介!

シャンプーでダメージ補修するには?効果的な方法を紹介!

Thumb?1414295452 muah♪さん

627

パサつきやごわつき、枝毛など、髪の傷みに悩んでいる方は多くいることでしょう。中には「そういう髪質だから…」と諦めている方もいるのではないでしょうか。しかし、諦めるのはまだ早いです。今回は、そんな方におすすめしたい、ダメージ補修に効果的なシャンプーを紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 髪の毛が傷んでいませんか
  • 話題のノンシリコンはなぜ良いのか
  • アミノ酸系がおすすめ
  • 正しい方法できちんと修復を
  • 早く乾かすこともポイント
  • 髪の毛が傷んでいませんか

  • 髪の毛が傷んでいませんか
  • 髪の毛がまとまらない、ブラッシングの時に絡まりやすいなど髪の毛が傷んでいると感じることはありませんか。髪の毛は、とてもデリケートなので、ヘアケアを考え直したほうが良いかもしれません。

    特に気を配りたいのは、頭皮です。頭皮環境によって髪の毛が大きく左右されます。頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まっていたり、頭皮が乾燥してしまうと髪の毛が抜けやすくなりますし、ハリやコシもなくなってしまいます。そしてそれは枝毛や切れ毛にもつながってしまいます。
  • このほかにも、日常生活の中で、髪の毛に汚れはとてもつきやすいです。臭いがとてもつきやすいと感じている人も多いでしょう。髪の毛が受けてしまったダメージをシャンプーで修復しましょう。今では、各メーカーからかなり優秀なシャンプーがたくさん発売されています。

    ですので、髪の毛の状態があまりにもよくないと思っているのならば、何を使うべきかをよく考えてください。ヘアケアアイテムで髪の毛は変わります。
  • 話題のノンシリコンはなぜ良いのか

  • 話題のノンシリコンはなぜ良いのか
  • よくノンシリコンという言葉を耳にしませんか。以前は、あまり聞かなかった言葉です。ノンシリコンとは、シリコンが使われていないということです。シリコンが使われていないことで、髪の毛に何かいいことがあるのでしょうか。

    もともとは、シリコンが入っていることで、髪の毛全体をコーティングする効果があります。すると、髪の毛がとてもさらさらになります。だから、シリコンが使われ続けていました。
  • しかし、最近ではこのシリコンによって髪の毛がコーティングされてしまうと、シャンプーに入っている栄養成分が髪の毛に浸透しなくなると考えられるようになりました。また、シリコンが頭皮の毛穴に詰まるので、頭皮環境を悪化させかねません。

    だから、ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良いと言われています。ダメージ補修できると謳っている商品を見ると、たいていはノンシリコンです。髪の毛に必要な成分を浸透させる必要があるので、ノンシリコンにこだわっているからです。

  • アミノ酸系がおすすめ


  • 種類がとても多い中で、特におすすめしたいのは、アミノ酸系シャンプーです。弱酸性だとかいろいろな言葉が飛び交っていますが、ダメージ補修にはアミノ酸系が特に良いです。

    髪の毛は、アミノ酸からなるケラチンというたんぱく質が主な成分です。ケラチンは髪の毛だけではなく、頭皮や皮膚も構成しています。だから、アミノ酸で洗ったほうが刺激がとても少ないですし、洗浄力が高すぎないので、頭皮を乾燥させる心配もありません。
  • 頭皮の毛穴のつまりを改善しようと思うと、どうしても洗浄力が高いほうが良いと思ってしまいませんか。

    洗浄力が高すぎると頭皮や髪の毛に必要な皮脂まで落としてしまうので、かえって頭皮環境が悪化してしまいます。

    すでに髪の毛がダメージを受けている状態で、必要な皮脂まで落としてしまうと、より一層髪の毛の状態が悪くなってしまいます。だから、適度に皮脂を落としてくれるアミノ酸系シャンプーが一番です。

  • 正しい方法できちんと修復を

  • 正しい方法できちんと修復を
  • ダメージ補修成分が入っているシャンプーを正しく使って髪の毛を元気にさせましょう。最初に、ブラッシングをしてください。ここで、大きな汚れを落とします。また、汚れを落としやすくする為に、汚れを浮かせる効果もあります。

    ブラッシングが終わったら頭皮や髪の毛をしっかりと濡らしてください。予洗いすることで、かなり汚れが落ちます。だから、軽く濡らすのではなく、しっかりと汚れを落とすように洗ってください。
  • そして、しっかりと泡立てたシャンプーを指の腹を使って髪の毛や頭皮を洗います。特に、頭皮の皮脂や汚れを丁寧に落としてください。爪を使うと頭皮が傷つくので指の腹を使ってください。

    最後に、泡が残らないようにしっかりとすすぎましょう。泡が残るとかゆみや肌荒れなどが起こることもあります。特に生え際は泡が残りやすいので気を付けてください。正しい洗髪に変えるだけでも髪の毛を修復する効果があるので試してみませんか。

  • 早く乾かすこともポイント

  • 早く乾かすこともポイント
  • シャンプーやリンスで髪の毛を洗ったら、なるべく早く髪の毛を乾かしてください。まずは、タオルドライしましょう。髪の毛は摩擦に弱いので、柔らかいタオルを使って、髪の毛を挟むように水分を吸収してください。しっかりと、髪の毛全体をタオルドライしてから、ドライヤーの出番です。

    髪の毛は熱にも弱いので、ドライヤーはあまり髪の毛に近付けないほうが良いです。20㎝くらいは離すようにしましょう。髪の毛の根元から乾かします。徐々に毛先のほうまで乾かしてください。
  • ドライヤーになぜ冷風があるのか気になっていませんでしたか。最後に冷風をかけてください。髪の毛に冷風を当てるとキューティクルが引き締まります。

    髪の毛がぬれている状態にしておくと、キューティクルがはがれやすくなるので、早く乾かしたほうが良いです。髪の毛がぬれたまま寝てしまうと髪の毛が余計に傷んでしまいます。正しいヘアケアをして、髪の毛を守りましょう。

シャンプーでダメージ補修するには?効果的な方法を紹介!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事