乾燥によるダメージが気になるならシャンプーの見直しを

乾燥によるダメージが気になるならシャンプーの見直しを

Thumb?1414295452 muah♪さん

262

毎日髪を洗っているのに、髪の状態が悪くなっていく…という方は、使用しているシャンプーが合っていないか、適した洗い方をしていない可能性があります。
今回は、ダメージヘアにならないためのシャンプー選びや正しい洗い方をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • シャンプーが頭皮に合っているか確認
  • 正しく洗えているかチェック
  • 低刺激のシャンプーを選ぶ
  • 保湿効果が期待できるものを選ぶ
  • 生活習慣や紫外線対策も大切
  • シャンプーが頭皮に合っているか確認

  • シャンプーが頭皮に合っているか確認
  • 髪の乾燥やダメージが気になるのなら、シャンプーが頭皮に合っているか確認してみましょう。

    自分に合っていないものを毎日使っていると、ダメージを招く原因になります。髪は頭皮から生えていますので、頭皮の健康状態が髪にも影響を及ぼします。

    髪がダメージを受けていると感じるのなら、頭皮にもダメージがある可能性が高いです。

    健康な頭皮を作ることが健康な髪を作ることにも繋がります。

    シャンプーは洗浄力が高すぎても頭皮を傷める原因を作ってしまいます。

    一般的に店頭で手に入るシャンプーは洗浄力の高い高級アルコール系のものが多いです。

    そのため、知らず知らずのうちに頭皮の刺激となっている可能性があります。

    また、季節や体調によっても頭皮の状態は変わってきます。

    夏と同じものを秋や冬に使っていると頭皮を傷めてしまう可能性も出てきます。

    乾燥が気になるなど髪の状態が気になるのであれば、頭皮に合ったケアをしているか見直しておくことが大切です。
  • 正しく洗えているかチェック

  • 正しく洗えているかチェック
  • 洗い方が間違っていても髪の状態は悪くなってしまいます。

    乾燥が気になるのなら、正しく洗えているのかについてもチェックしてきましょう。

    髪を洗うときには、まずはブラッシングをしておくとよいです。

    髪のもつれをといておけば髪の傷みを少なくできますし、頭皮の汚れも落としやすくなります。

    洗うときには、頭皮をしっかり濡らして予洗いをします。

    シャンプーは泡立ててから頭皮に乗せます。いきなり液体の状態で頭につけてはいけません。

    泡を使って優しく洗っていきます。

    頭皮の汚れを落とすのが目的ですから、指の腹を使って頭皮を優しく洗いましょう。

    ゴシゴシ洗うのはよくありません。髪や頭皮を傷める原因になるからです。

    濡れている状態の髪や頭皮は傷つきやすいですから、優しく洗うようにしましょう。

    しっかりとすすぐことも大切です。髪や頭皮にシャンプーなどの薬剤を残してしまうと傷みの原因になります。

    洗い終わったら、手早く乾かすほうが髪によいです。タオルドライをしっかり行い、ドライヤーを適度に使って手早く乾かしましょう。
  • 低刺激のシャンプーを選ぶ

  • 低刺激のシャンプーを選ぶ
  • 頭皮や髪に刺激となる成分が少ない、低刺激のシャンプーを選ぶことで髪や頭皮を守りながら洗うことができます。

    すでに乾燥が気になる状態であれば、頭皮はデリケートになっている可能性が高いです。

    肌に優しい低刺激のシャンプーを選ぶほうが、頭皮を健康な状態に導きやすくなります。

    髪や頭皮は汚れますので、洗う回数そのものを極端に減らすというのは賢い選択とはいえません。

    洗う回数は一日一回か限度ですが、洗うほうが望ましいです。

    すでにデリケートになっている状態の場合、雑菌など外からの刺激に弱くなっていることが考えられます。

    清潔にしたほうが安心です。

    高級アルコール系のものは洗浄力が高すぎるので避けましょう。

    添加物が少なく、石油系の界面活性剤を使っていない、低刺激の製品から頭皮に合うものを選んで使うとよいです。

    シャンプーを選ぶときにも化粧品を選ぶときと同じように成分表をチェックして、刺激の少ないものを選びましょう。
  • 保湿効果が期待できるものを選ぶ

  • 保湿効果が期待できるものを選ぶ
  • 保湿するということも対策としては有効です。

    低刺激で保湿効果のある製品を選ぶことができるのなら、より効果的です。

    保湿効果が期待できるものには、アミノ酸系の製品とオイル系の製品があります。

    それぞれに特徴がありますので、自分の頭皮に合ったものを選んで使うとよいです。

    アミノ酸系シャンプーの場合には、洗浄力がマイルドです。

    優しく洗うことができますので、必要な皮脂まで落としてしまうようなことは避けられます。

    マイルドに洗うことができますので、敏感肌の方など肌の弱い方におすすめです。

    オイル系の場合には、優しく、しっかりと洗うことができます。

    髪や頭皮に潤いを与えることもできます。

    ホホバオイルやアルガンオイルなどを使っている製品を選ぶことで、潤いを与えながらしっかりと汚れを落とすことができます。

    乾燥対策のためには頭皮との相性や継続するということも大切です。

    頭皮と相性が良くて継続しやすい値段のものを探しましょう。
  • 生活習慣や紫外線対策も大切

  • 生活習慣や紫外線対策も大切
  • シャンプーや洗い方などを見直してもダメージの回復が見られないという場合には、生活習慣や紫外線対策なども見直してみましょう。

    せっかくケアをしていても、生活習慣が悪かったり、栄養バランスが乱れていたりすると思うように乾燥が改善しないという場合も考えられるからです。

    髪を作るために大切なたんぱく質や頭皮の血行を促して皮膚の代謝を促してくれるビタミンB6やビタミンEなど、栄養をしっかり摂りましょう。

    また頭皮も皮膚ですから、紫外線を浴びるとダメージを受けます。

    髪も日焼けしますので、紫外線から守ることが必要です。

    帽子や日傘を使ったり、なるべく日陰に入るなど、紫外線の害から髪や頭皮を守るようにしましょう。

    また、シャンプーも保管方法が悪かったり、使用期間が経過してしまった、など管理が悪いと傷んでしまいます。

    せっかく頭皮に合ったシャンプーを選んだのなら、正しく保管して使用期限内に使うようにしましょう。
乾燥によるダメージが気になるならシャンプーの見直しを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事