潤いを損なわずに頭皮ケアを行えるクリームシャンプーについて

潤いを損なわずに頭皮ケアを行えるクリームシャンプーについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

198

最近、泡立たないシャンプーというのが注目されています。その名もクリームシャンプーと言い、第三のシャンプーとも言われています。では、どのようなシャンプーなのか?使うことで得られるメリットを特徴や注意点などを踏まえて説明していきます。

  • クリームシャンプーとは

  • クリームシャンプーとは
  • クリームシャンプーとは、簡単に言えば「泡立たないシャンプー」です。

    シャンプーなのに泡立たないなんて、洗浄力とか大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、世界各国のセレブが愛用していることからその良さがうかがえます。

    そもそも、泡立ちがどうして起きるのかを知っていますか?

    泡立ちがあるからこそしっかり洗えている認識が広まっている中で、研究によって明かされた内容は次のことでした。

    「泡立つのは石油系界面活性剤であり、植物性界面活性剤は泡立たない若しくは泡立ちが弱い」という内容です。

    そう、泡を生じさせるのは石油系の界面活性剤なのです。

    石油系界面活性剤は合成界面活性剤と呼ばれることもありますが、刺激性が強く環境にとっても有害であることを知っている方は少なくないでしょう。

    洗浄力の高さは認められている石油系界面活性剤ですが、皮膚や自然界にとっては悪影響を及ぼすものであることが明らかになっています。

    頭皮ケアを行う上で、皮膚への刺激性については考えなければなりません。

    皮膚への刺激が強いと、もともと存在している皮膚のバリア機能が破壊されてケアをしているつもりでも皮膚が弱くなっていたり、髪の毛が健康ではなくなっていうことがあります。

    クリームシャンプーは低刺激で洗浄力も劣らないことから、頭皮ケアを意識しているセレブたちに愛用され、最近は一般的にも名前が知られるようになっています。

    メーカーによりますが、頭皮ケアに欠かせない保湿や潤いの成分を配合しているものもあります。

    低刺激を実現するために、天然由来成分をメインに用いて作られているクリームシャンプーも珍しくはありません。

    泡立たないのは刺激性が強い石油系が不使用であることを示しており、植物性で低刺激な安全性があることを表してるのです。

    皮膚は刺激に弱いので、強い刺激や余分な刺激は省くことが求められます。

    クリームシャンプーでは低刺激で頭皮と髪に有効な成分が含まれていることから、頭皮ケアに有用なシャンプーとして注目されています。
  • 泡立たない上に低刺激で楽チン!

  • 泡立たない上に低刺激で楽チン!
  • クリームシャンプーが頭皮ケアに有用な理由は、低刺激なことだけではありません。

    なんと、クリームシャンプー一つでシャンプーとしての洗浄力だけでなく、リンスやコンディショナーといったトリートメント効果も得られます。

    クリームシャンプーが一つあれば頭皮ケア及び髪のケアが全て完了することも魅力であり、頭皮への刺激を軽減させることにもつながります。

    泡立たないということで、洗いあがりはサッパリしている商品が多いです。

    これまで泡立つタイプのシャンプーを使用していた場合、泡立たないと違和感を覚えたり使い過ぎてしまうことがあるかもしれません。

    しかし、使い続けることで良さを実感することができ、使い方にも慣れてくることでしょう。

    洗い方はゴシゴシとした感じではなく、優しくマッサージするような感じで洗うと良いです。

    泡立たないのでゴシゴシしても泡立たないし、違和感が増すだけです。

    サロンなどで行われる頭皮マッサージではオイルを用いて行われますが、そのように頭皮をオイルマッサージしているような感覚でクリームシャンプーを使用すると使い慣れてくると思います。

    配合されている成分はメーカーによって違いますが、「髪に優しい」ので基本的に天然由来(植物性)です。

    そして、化学的な添加物も不使用で鉱石油などの刺激性が強いことが指摘されている成分は排除されています。

    界面活性剤は含まれていない商品もあり、界面活性剤類ではなく植物性の乳化剤が用いられていることもあります。

    ツヤを出すシリコンも髪をキシませることが指摘されているので、クリームシャンプーはほとんどの商品がノンシリコンで作られています。

    ツヤの問題は、クリームシャンプーに含まれている天然由来の保湿成分が解決してくれることでしょう。

    また、天然由来成分による優しい洗浄力と健康な髪に関する効果によって、本来備わっている髪の健康を保つ人体の力が邪魔されなくなるので自然と美しい髪になることも期待できます。

    クリームシャンプーは一つでケアを完了できる手軽さと低刺激なのに洗浄力も劣らないことが特徴であり、頭皮や髪を傷めることなく適切な頭皮ケア&髪のケアを行えることが魅力です。

    健康志向の方や髪のことを意識している方に注目されるのは、その魅力が理由となっているようです。
  • 商品説明と成分を見て合う商品を探そう

  • 商品説明と成分を見て合う商品を探そう
  • クリームシャンプーの商品には「クリームシャンプー」という言葉が商品名に付いていることもありますが、有名な商品には付いていないこともあります。

    それでは、どのような言葉が用いられていることが多いのでしょうか?

    多くは「コンディショナー」「トリートメント」「クレンジング」です。

    このような商品名だと、シャンプー機能のないコンディショナーやトリートメント、クレンジング商品と間違えてしまいそうですよね。

    間違えないようにするためには、商品名以外もちゃんと確認することが大事です。

    この商品はどのようなものなのか、という内容を確認することでクリームシャンプーであることが分かります。

    商品名にはコンディショナーと付いているけど、シャンプーである内容が説明されていた場合はクリームシャンプーの可能性が高いです。

    商品説明を見るためには、インターネットを活用した方が便利でしょう。

    クリームシャンプーをネットショッピングや検索エンジンで調べてみると商品が表示されるので、その中から自分に合いそうな商品か使ってみたい商品を選ぶと良いです。

    クリームシャンプーはドラッグストアや薬局などの直接購入の店舗でも、取り扱っているところがあります。

    そのような店舗ではシャンプー棚のところに置いていたり、シャンプーであることやどのようなシャンプーなのかを手書きなどで説明してくれていることもあるので、間違えずに購入することができると思います。

    クリームシャンプーの存在を見つけたら、成分もチェックしてみましょう。

    頭皮ケアに於く刺激性を考えると、天然由来成分が全体の100%に近いくらい含まれていると刺激性が弱いので安心です。

    クリームシャンプーは天然由来成分100%の商品もあるので、頭皮と髪を大事にしている方には100%の商品がおすすめです。

    メーカーによっては、潤いなどの意識が高い商品もあります。

    潤いのためには潤い成分のある天然由来成分が用いられているので、優しく潤いを与えることができます。

    潤いは基本的に頭皮に与えるもので、要は保湿です。頭皮も皮膚なので、乾燥します。

    乾燥すると顔の皮膚から分かるように、機能低下が引き起こされるので外部刺激に弱くなったり健康な髪を保ちにくくなります。

    潤い成分も要チェックして、頭皮ケアのためになるクリームシャンプーを選びましょう。
  • 使用するメリットは?

  • 使用するメリットは?
  • 頭皮ケアに有用なクリームシャンプーは第三のシャンプーになる日も近いと囁かれているほどの優しさと効果を持っているわけですが、実際に使ってみることで得られるメリットはどのようなことなのか気になりますよね。

    低刺激によって得ることができるメリットの他にも、クリームシャンプーには使用者にありがたいメリットがあります。


    ○とにかく低刺激で頭皮を傷付けない

    配合されている成分自体も低刺激ですが、洗う時に起きる摩擦刺激も軽減されているので他のシャンプーよりも低刺激になっています。
    髪を洗う時に泡立つシャンプーを使用すると、泡は頭皮を保護しないので洗う刺激が直接的に頭皮に伝わりやすくなってしまいます。
    泡立たないクリームシャンプーでは名称の通りクリームのように頭皮になじむので、頭皮を保護して洗う時の刺激を軽減してくれます。
    頭皮ケアで重要なことは商品そのもので髪質を良くすることではなく、頭皮の油分と水分のバランスを正常にして、もともと存在している機能を阻害しないことです。
    低刺激さは油分の取り過ぎ防止になるので乾燥を防ぎ、潤い不足を防ぎます。


    ○節約になることもある

    シャンプーとしての機能とコンディショナー・リンス・トリートメントといったケア用品の機能が一つになっているのがクリームシャンプーなので、全てを別で買い揃えるよりもお得になる可能性があります。

    天然由来成分をメインに使用している商品は一般的なヘアケア商品よりも高価になりやすいのですが、全部を別で揃えるよりも一つ買った方が安くなる商品もあるので、経済的な面も考えてクリームシャンプーを選ぶと使い続けやすいことでしょう。


    ○使用感がスッキリなのに乾燥しない

    泡立たない=洗浄力弱、そんなイメージが強い中で泡立たないのにスッキリすることは概念を覆されますよね。
    頭皮の汚れをスッキリ落とすので使用感及び洗いあがりもスッキリしますが、潤いはそのままです。
    しっかり洗えたことがスッキリ感につながりますが、洗い過ぎないので潤いは損なわれません。
  • 使用前と使用時の注意点

  • 使用前と使用時の注意点
  • 天然由来成分が基本になっていて、低刺激なので使用することで副作用などが起きることは稀です。

    しかし、天然由来であっても人によって合う成分と合わない成分があります。

    皮膚に合わないこともそうですが、効果をあまり得られないといったことも否定できません。

    皮膚に合わなかった場合はかゆみなどの症状が現れると思いますが、そのような報告は見当たらないので成分的に問題が無い商品では皮膚にトラブルを引き起こす心配はないと言えます。

    ただ、確実にないとは言えないので使用前にはパッチテストを行うと安心して使えます。

    頭皮は顔の皮膚とつながっているので同じ皮膚であり、顔の皮膚は体の皮膚と同じ皮膚なので手の甲などでパッチテストをしてみましょう。

    効果をあまり得られない場合は人それぞれの原因があるかと思いますが、現状の髪質や頭皮の状態に合っていなかった可能性が考えられます。

    効果をあまり感じられなかった時には、別のメーカーを試してみると良いでしょう。

    メーカー及び商品によって取り入れている原料や成分が異なり、目的としている効果が違います。

    口コミで評判だからとか売り上げランキングで上位にいるからということも選ぶ時には参考となることですが、自分が求めている効果が得られるかどうかを重視して選ぶことで使い続けられる商品と出会うことができます。

    頭皮も顔と同じ皮膚なので、顔に使う化粧品と同じように合う合わないがあって当然です。

    合わないものを使い続けても意味がないので、一つを使い切っても効果を感じられない場合は他のメーカーに変えましょう。

    使用する時に気を付けることは一般的なシャンプーと同じことで、誤飲・目に入る・異常がある時は使用しないなどです。

    誤飲してしてしまった時には、多量の場合は吐き出す必要性があるケースもありますが微量であれば口をゆすいでうがいをしましょう。

    目に入った場合は、目を洗います。

    皮膚の異常とは湿疹などの病的なものから傷のことで、治りを遅くさせるといけないので念のために使用は避けます。

    低刺激で安全性が高くても予期せぬ危険は考えられるので、メーカー側は使用上の注意としてそれらのことを呼びかけています。

    呼びかけを守り、適切に使うようにしましょう。
  • 有名な商品をご紹介!

  • 有名な商品をご紹介!

    出典: wenhaircare.jp

  • ○クレンジングコンディショナーwen(ウェン)

    wen(ウェン)はとても有名で、ハリウッドのセレブを手掛けているチャズ・ディーン氏が開発したことからセレブたちの間でも人気の高いシャンプーとなっています。
    髪に潤いを与えながら強くするためにバランス良く配合された植物由来成分で、シャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメント・頭皮ケアをwen一つで全て行えます。
    配合されている保湿成分は、アロエベラ液汁・ローズマリーエキス・カモミールエキス・プルヌスセロチア樹皮エキスです。
    フレーバー(香り)の種類はアーモンド・ザクロ・キューカンバー・ラベンダーで、期間限定フレーバーが登場することもあります。
    女性にとって香りを選べることは嬉しいですよね。
    好みのフレーバーを選んで、心地良い頭皮ケアを行いましょう。


    〇TERRAMS(テラムス)エデンの女神

    石澤研究所が開発し、販売を行っている洗顔料&地肌用トリートメントです。
    シャンプーの使用をやめてトリートメントで洗髪することをコンセプトに開発された商品で、最近話題となっているノー・シャンプー(シャンプー不使用の洗髪)ができます。
    スッキリするのにトリートメントの効果がある、という不思議だけど素晴らしい効果が得られるので潤いを大事にした頭皮ケアに有用です。
    配合している成分はアーモンド油・カミツレ花エキス・ローレル油・ラベンダー油・オリーブ油などの15種類の植物性成分で、潤いと保護、キューティクルを阻害せずダメージ補修を行えるとされます。
    洗浄力の強い泡立つシャンプーでは、刺激が強いので潤いが流れてしまいます。
    ゴシゴシ洗うタイプでは、キューティクルを傷付けるので髪の美しさが心配です。
    トリートメントで洗うエデンの女神はこれらの問題を解決し、爽快感を得ながら髪を大事することができます。


    シャンプー選びで何より大切なことは、自分に合った商品を使うことです。

    さまざまな情報を参考にして、自分に合った商品を探してみましょう。

    合うものと出会えたら、髪質や頭皮の状態が改善されても使い続けるようにすると髪の健康を保てますよ。
潤いを損なわずに頭皮ケアを行えるクリームシャンプーについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事