ボタニカルシャンプーの特徴、スムースなど種類や香りをご紹介

ボタニカルシャンプーの特徴、スムースなど種類や香りをご紹介

Thumb?1414295452 muah♪さん

507

最近「ボタニカル」と書かれた商品をよく見かけますが、その中でも特に「ボタニカルシャンプー」は若い女性を中心に人気が出ています。
そこで、今回はボタニカルシャンプーの種類とその特徴、メリット、香りなど様々な観点から徹底的に分析していきます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ボタニカルシャンプー(スムース)とは?
  • ボタニカルシャンプーの特徴とその効果
  • ボタニカルシャンプーはどう見分ける?
  • ボタニカルシャンプーのメリットについて
  • ボタニカルシャンプーで副作用はある?
  • おすすめボタニカルシャンプーをご紹介!
  • ボタニカルシャンプー(スムース)とは?

  • ボタニカルシャンプー(スムース)とは?
  • ボタニカルシャンプーの「ボタニカル」とは、「植物の・植物学の」という意味を持っており、簡単に言うと「植物由来の成分を配合したシャンプー」のことです。

    一般的なシャンプーには、泡立ち感や洗い上がりのしっとり感などをアップさせるため、様々な合成成分が使用されています。

    そのため、使い続けることで頭皮から合成成分を吸収し続けることになり、髪や頭皮には良いとは言えません。

    一方、ボタニカルシャンプーは合成成分の代わりに植物由来成分で洗浄するため、より髪と頭皮に優しい製品となっています。

    女性にとって髪の毛はとても大切であり、誰もがキレイな髪でいたいと思っています。

    そのためには、髪と頭皮にダメージを与えるシャンプーは控え、より自然に近い素材・成分で作られたシャンプーを求めた結果、このシャンプーが人気となったわけです。

    ボタニカルシャンプーのような植物の力を配合したシャンプーは他にも販売されており、その代表がオーガニックシャンプーです。

    では、ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーはどこが違うのでしょう?

    オーガニックシャンプーもボタニカルシャンプーと同様に、多くの女性から支持されているシャンプーです。

    オーガニックシャンプーの特徴は、シャンプーに配合している素材がオーガニック素材から抽出した天然成分であり、合成成分は一切使用せずに作られています。

    このオーガニックとは、化学肥料や化学合成農法などを用いることなく、有機肥料と有機栽培によって作物を栽培することをいいます。

    そして、オーガニック認定を受けたものだけがオーガニック製品として販売することができるのです。

    ボタニカルはオーガニック認定は問題ではなく、植物由来成分でも合成成分のような泡立ちと洗い上がりの質感が得られることにこだわって作られています。

    ボタニカルやオーガニックの線引きは曖昧ではありますが、どちらも合成成分に頼らない、自然派のやさしいシャンプーであるという点では一致していると言えます。
  • ボタニカルシャンプーの特徴とその効果

  • ボタニカルシャンプーの特徴とその効果
  • ボタニカルシャンプーの特徴は、植物由来の成分が配合されたシャンプーのことです。

    「植物由来」というのが少々気になりますが、この植物由来とは植物から抽出した有効エキスを、化学処理を施して有効成分に変化させたものです。

    化学処理の方法によっては、合成成分が多少含まれることもあります。

    しかし、合成成分よりも刺激が少なくやさしい成分となっています。

    このシャンプーは、こうした植物由来成分を配合して刺激の少ないシャンプーとなっています。

    シャンプーでは洗浄力が大切になりますが、一般的なシャンプーには洗浄成分として石油系界面活性剤が使われており、その割合は最も多いです。

    特に「ラウレス硫酸」・「ラウリル硫酸」と書かれた成分が配合されている場合には、石油系界面活性剤が使用されています。

    これらの成分は刺激が強く、使い続けることで頭皮から少しずつ吸収されていくといわれています。

    その点、このシャンプーに使われている洗浄成分は、「ココイル」・「ラウロイル」などと書かれた成分を使用していることが多く、これらの洗浄成分は最も髪や頭皮にやさしいとされる、アミノ酸系の界面活性剤となります。

    界面活性剤は全て人体に悪いわけではなく、天然系やアミノ酸系の界面活性剤は刺激が少なくやさしい成分です。

    ボタニカルシャンプーのように、アミノ酸系界面活性剤を配合した製品は、多くの美容室でも使用されています。

    香りは合成香料ではなく、ハーブや果物から抽出した天然精油を調合して配合しているものが多いです。

    このシャンプーの中には、スムースとモイストなどいくつかの種類を揃えた製品もあります。

    スムースは、洗い上がりはサッパリと爽快で、サラサラと軽い質感に仕上がります。

    指通りもスムーズなので細い髪質の方にもおすすめです。

    また、香りは爽快感を感じるローズやベリー系などが使われたりします。

    モイストは、洗い上がりはしっとりしなやかで、潤いを持った質感に仕上がります。

    毛先までしっかりと潤うので、ダメージを受けたパサつく髪質の方におすすめです。

    香りは、落ち着きのあるアプリコットやジャスミンなどが使われたりします。
  • ボタニカルシャンプーはどう見分ける?

  • ボタニカルシャンプーはどう見分ける?
  • シャンプーには様々な種類があるため、選ぶ際にはどれを使えば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

    特に、刺激の強いとされる石油系成分などが使用されているものは、髪はもちろん頭皮にも悪影響を与える恐れがあります。

    数多くあるシャンプーの中からボタニカルを選ぶには、どの点に注目して見分けると良いのでしょう?

    ボタニカルの見分け方としては、まずは配合されている原料をチェックすることが大切です。

    そこで第一に「界面活性剤」に注目しましょう。

    シャンプーに使用されている界面活性剤には、アミノ酸系・石けん系・高アルコール系・石油系の4種類が主に配合されています。

    このうち、刺激の強い合成界面活性剤に分類されるのは高アルコール系の一部と石油系です。

    ボタニカルは、この中で刺激の少ないアミノ酸系界面活性剤を使用していることが多いです。

    アミノ酸系界面活性剤に含まれるのは、ココイルメチルタウリンNa・ラウロイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸Na・ラウラミドプロピルベタインなどです。

    これらは低刺激な洗浄成分であり、赤ちゃん用のボディソープにも使用されています。

    アミノ酸系の他に刺激の少ないものとして、両イオン性界面活性剤もあります。

    両イオン性は、刺激が非常に弱いため肌にも大変やさしいですが、その分洗浄力はアミノ酸系よりも低いです。

    そのため、両イオン系単体では洗浄力に欠けるのでアミノ酸系などのサポート役として配合されることが多いです。

    両イオン系界面活性剤の代表がコカミドプロピルベタインという成分になります。

    また、高アルコール系の中には天然界面活性剤と合成界面活性剤の2種類があります。

    このうち、ボタニカル製品に利用される高アルコール系は、刺激の少ない天然界面活性剤に分類される成分になります。

    例えば、ラウレス‐4カルボン酸Naがあります。

    この成分は、弱酸性の石鹸系洗剤であり、優れた洗浄力を持ちながら肌には刺激が少ない成分になります。

    ボタニカルにはこのような洗浄成分が配合されており、刺激の強い成分は使用されていません。

    また、製品によっては、「植物由来成分○○%配合」などと書かれているものもあり、割合が高いほど植物由来成分が多く使用されていることになります。
  • ボタニカルシャンプーのメリットについて

  • ボタニカルシャンプーのメリットについて
  • ボタニカルシャンプーを使うことでどのようなメリットが得られるのでしょう?

    ボタニカルには、製品によってスムースタイプとモイストタイプの2種類を揃えているものがあり、使用するタイプによって得られるメリットが多少違ってきます。

    スムースタイプは、軽い使い心地で洗い上がりはサッパリとした感じです。

    香りでも爽快感を得られる様に、グリーンアップルやローズなどが配合されていたりします。

    スムースタイプを使用することで、髪にハリとコシが生まれ、サラサラと弾むような髪質となります。

    そのため、髪が細くて絡まりやすい方にもおすすめのタイプです。

    モイストタイプは、スムースタイプとは異なり、洗い上がりは毛先までしっとりとまとまります。

    香りでは、スムースタイプが弾むようなイメージの香りを使用している一方、モイストタイプはジャスミンなどリラックスできる香りを使用して分けています。

    髪が受けたダメージをシャンプーが補うため、髪に潤いが与えられ柔らかな仕上りになります。

    パサつきで髪が広がってしまう方におすすめのタイプです。

    ボタニカル製品では、スムース・モイストのように髪の仕上がり方によって2つのタイプをラインナップしていますが、中にはスムース・モイストの他に頭皮ケアもできるスカルプタイプも揃えているものもあります。

    スカルプタイプは、健康な髪を生やす土台となる頭皮をケアできるよう、弱酸性のアミノ酸系洗浄成分で洗い上げます。

    頭皮をマッサージしながらシャンプーすることで、血行を促進して健康で抜けにくい髪を育てていきます。

    スムースと同様、サッパリとした洗い上がりなので頭皮も爽快感を得ることができます。

    香りは、心地良い爽快感を得られるライムやアップルなどが使用されています。

    ボタニカル製品は、一般的になシャンプーに使用されているシリコンは配合されていません。

    シリコンが配合されていないと、洗い上がりがキシキシして絡まりやすいように感じますが、様々な植物由来成分がシリコンと同様の効果を髪に与えてくれるので、洗い上がりもキシキシすることはありません。
  • ボタニカルシャンプーで副作用はある?

  • ボタニカルシャンプーで副作用はある?
  • ボタニカルシャンプーは、植物由来成分が配合されており、低刺激のシャンプーとなっていますが、このシャンプーを使うことで副作用などは起こるのでしょうか?

    ボタニカル製品によって使用している植物由来成分は異なりますが、よく利用される素材にはココヤシ・パームヤシ・大豆・甘草・ナッツ類などがあります。

    また、洗浄成分としてアミノ酸系界面活性剤を使用しています。

    アレルギーを引き起こす食材として知られているものに、大豆やナッツ類などがありますが、ボタニカル製品には、こうした素材から抽出した植物由来成分が配合されているものがあります。

    素材から抽出したエキスを独自製法で加工することによって、違った性質を持った成分になるものもあるため、大豆やナッツ由来の成分で100%アレルギーが出るわけではありませんが、特に敏感な方の場合には、痒みなどの副作用が起こる可能性もあります。

    また、副作用を引き起こすアレルゲンは人それぞれ異なるため、低刺激のアミノ酸系界面活性剤を使用していても敏感に反応してしまう可能性もあります。

    実際、アミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーでアレルギー症状が出たというクチコミもあります。

    ボタニカル製品の香りは、合成香料を使用しない代わりに精油を使用していることが多いです。

    精油には様々な種類があるため、種類によってはアレルギー反応を起こしてしまうものもあります。

    製品によってシャンプーのい香りは異なるため、使用している精油の種類や調合方法なども異なっています。

    ボタニカルシャンプーを使用する際に注意すべき点は、特にアレルギー体質の方の場合、シャンプーの原材料を確認して、アレルゲンになり得る成分が含まれていないかしっかり確認することが大切です。

    また、「ボタニカルだから副作用やアレルギー症状は起きない」という考え方は避けた方が良いでしょう。

    もちろん、刺激の強い合成成分を多く含むシャンプーよりは副作用が起こる確率は格段に低いですが、100%とは言い切れないので注意しましょう。
  • おすすめボタニカルシャンプーをご紹介!

  • おすすめボタニカルシャンプーをご紹介!

    出典: andhabit.com

  • ボタニカルシャンプーの中でもおすすめな商品をいくつかご紹介します。

    【BOTANIST(ボタニスト)】

    ボタニカル製品の中でも特に人気の高いシャンプーです。
    植物由来成分が実に90%以上も配合されています。

    使用している界面活性剤は特に刺激の低いアミノ酸系・両イオン系・高アルコール系などです。

    ボタニストには、スムース・モイストに加え、新たにスカルプタイプが登場しました。

    香りもタイプごとに異なった精油を使っており、心地良い香りとなっています。

    スムース・モイスト・スカルプ共に、シャンプーは490ml、トリートメント490gで、価格はシャンプー・トリートメント共にそれぞれ1,400円(税抜)となっています。


    【KUSU HANDMADE カンフル&ボタニカル】

    このシャンプーは、九州生まれの国産ボタニカル製品で、クスノキとハーブの有効成分を配合したやさしいシャンプーです。

    クスノキにはカンフルと呼ばれる成分が含まれており、このカンフルには皮膚病予防効果や精神安定効果があります。

    洗浄成分は刺激の低いアミノ酸系と両イオン系界面活性剤です。

    清涼感のある香りによって、頭皮と心も癒してくれるシャンプーです。

    内容量は250ml、価格は3,400円(税抜)です。


    【あきゅらいず きのねシャンプー】

    きのねシャンプーは、頭皮ケアから美しい髪を養うことにこだわったボタニカルシャンプーで、頭皮環境を整える効果のある10種類の東洋ハーブの抽出エキスが厳選配合されています。

    更に、洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分がベースなので、東洋ハーブの効果を低下させることなく洗い上げることができます。

    刺激の強い洗浄成分では、頭皮環境を正常に保つ働きをする常在菌までも死滅させてしまい、これが逆に頭皮環境を崩す原因になります。

    低刺激のアミノ酸系洗浄成分を使用することで、雑菌だけを除去して洗いすぎを防ぎます。

    きのねシャンプーには、しっとりタイプとふんわりタイプがあります。

    内容量は、共に300mlでセミロングの方で約1ヶ月半使えます。

    価格は共に2,571円(税込)となっています。
ボタニカルシャンプーの特徴、スムースなど種類や香りをご紹介
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事