アミノ酸シャンプーの特徴は?デメリットはあるの?

アミノ酸シャンプーの特徴は?デメリットはあるの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

530

インターネット上で「おすすめのシャンプー」などの記事を見てみると、高い頻度でアミノ酸シャンプーが登場しています。アミノ酸はたんぱく質を構成する物質であり、髪の構成にも関わる重要な物質です。そんな大切なアミノ酸が含まれているシャンプーですが、デメリットはないのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、アミノ酸シャンプーの特徴と、気になるデメリットを紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • アミノ酸シャンプーの特徴、他との違いは?

  • アミノ酸シャンプーの特徴、他との違いは?
  • アミノ酸と言うのは、私たちの体や髪を構成しているタンパク質を構成している物質のことです。

    ですから、人体にとって非常になじみの良い、刺激が少ない成分だと言うことができます。

    この成分を主な洗浄成分として使用しているのが、アミノ酸シャンプーです。

    普通のものは、人体にとってはあまりなじみのない化学成分を主な洗浄成分として使用しています。

    これらの成分は、成分としての機能が少し強めであることが多いのが特徴です。

    勿論、これらの安全性は発売前に厳しくチェックされていますから、使ったから即、その影響が出てくると言うことはほとんどありません。

    ただ肌が弱い人、敏感な人の場合は、それらのシャンプーだと洗浄力が強過ぎて、乾燥が発生して更に敏感肌の程度が酷くなったり、痒みや赤みが発生することも少なくはありません。

    ですがこちらは、人体になじみがある成分が使用されているため、穏やかな洗浄力で優しく洗い上げます。

    よって肌が弱い人、敏感な人でも刺激が少なく、安心して使用できると言う特徴があります。
  • デメリット① 洗浄力の弱さ

  • デメリット① 洗浄力の弱さ
  • しかし、どんな製品にも言えることですが、アミノ酸シャンプーにもデメリットがあります。

    まずひとつめは、洗浄力が弱いと言う点です。

    肌が弱い人などにとっては、このことはメリットにもなります。

    しかし洗髪に使うものですから、ある程度はしっかりと髪や頭皮の汚れを除去する効果を期待したいですが、アミノ酸シャンプーの場合は、どうしてもその効果が低いことが多いと言えます。

    これはやはり、化学成分ではなくアミノ酸、刺激が少ない成分を洗浄成分として使用しているためです。

    よってさっぱりとした洗い上がりを求めている人には不向きですし、普通の人でも、しっかりと洗髪したのに清涼感が足りないとか、においが気になると感じる人もいるかもしれません。

    特に夏場で汗をたくさんかいた時や、整髪剤などを使用して髪をセットしていた場合には、1度の洗髪では不十分であると言う場合もあります。

    こうした汗、汚れはしっかり洗浄しないとダメージになり得るので、2度洗いなどが必要になるかもしれません。
  • デメリット② 保湿性が高すぎる

  • デメリット② 保湿性が高すぎる
  • 頭皮や髪にとって優しいと言うことは、それらの潤いを奪いにくいと言うことです。

    そしてコンディショナーなどを利用すれば、より保湿は高まります。

    頭皮や髪に潤いがあると言うのは嬉しい点ですが、このシャンプーの場合、保湿性が高すぎると言うことがあり、それがデメリットのひとつと言えます。

    保湿性が高すぎると、まず髪が湿気を含んだように、ぺったりと重々しい質感になる場合が多くあります。

    そのため、スタイリングに手間取ったり、髪のボリュームを出す際には苦労するかもしれません。

    整髪剤などの使用質感にも違和感が出てくることも考えられます。

    ただでさえ梅雨時期などには湿気を含むと言う人は、ますます重い仕上がりになってしまうことが懸念されます。

    それから頭皮の場合だと、洗髪直後から高い保湿効果が発揮されるので、さっぱりとした洗い上がりを感じることが難しいと言えます。

    冬場はそれでも良いのですが、夏場などは洗髪直後に汗をかくこともあるので、そうするとこの高すぎる保湿性はネックです。
  • デメリット③ 価格が高めである

  • デメリット③ 価格が高めである
  • そして最後は、一般的な化学成分を洗浄成分としているシャンプーに比べると、価格が高めであることが多いと言う点が挙げられます。

    化学成分は大量に生産することも可能ですが、シャンプーに含まれるアミノ酸の場合には、そうはいきません。

    ですから、その成分そのものの価格が高いことが多く、結果として一般的なシャンプーに比べると価格が高いことが多い傾向にあります。

    どれくらい価格に差があるのかは、勿論、商品や販売店により差があります。

    ですが一般的なシャンプーの中には350mlくらいの量で400円前後のものもあり、それに対してこちらのシャンプーの場合は、同量で10倍近くの価格がするものもあります。

    よって髪の量が多く、一度に使うシャンプーやコンディショナーの量が多いと言う人、1日に何度も洗髪をすると言う人は、これらを買い揃えるだけで結構な額の出費になってしまうことも考えられます。

    普通の人でも、洗い上がりを良くするため使用量が多くなってしまうこともあり、結果として出費額が高くなることもあり得ることです。
  • デメリットを軽減するための方法とは

  • デメリットを軽減するための方法とは
  • ですがこうしたことだけで、アミノ酸シャンプーの使用を検討しない、あるいは使用を止めると言うのは、勿体ないことです。

    特に肌の弱い人、敏感な人にとっては、こうしたことがあったとしても、このシャンプーを使う意味は高いものがあると言うことができます。

    まず洗浄力の弱さですが、これは洗髪前にブラッシングを丁寧にすることで軽減が期待できます。

    実際の洗髪に入る前に、お湯でしっかりと頭皮や髪を濡らして予洗いをするだけでも、洗浄力の弱さを補うことは可能です。

    それから保湿性が高すぎると言う点です。

    これは洗髪後、しっかりと髪をドライすることで軽減が期待できます。

    その際に、髪がさらさらに仕上がる機能を持っているオイルやヘアケアグッズなどを使用すれば、保湿性はありつつも、適度な軽さを持った髪に仕上がります。

    夏場の場合は、清涼感のある頭皮ケア用品を使用しても良いかもしれません。

    そして価格の高さについてです。

    金銭感覚は人それぞれですが、やはり費用対効果を改めて実感してみることが重要です。
アミノ酸シャンプーの特徴は?デメリットはあるの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事