環境と人に優しい植物性の「天然由来洗剤」が人気な理由は

環境と人に優しい植物性の「天然由来洗剤」が人気な理由は

Thumb?1414295452 muah♪さん

262

清潔で心地よい生活を送るためには、洗剤が欠かせないものです。しかし排水による環境への影響や、お肌への刺激などが気になる方も多いでしょう。今、環境にも人にも優しい、天然由来洗剤に注目が集まっています。

  • 普通の洗剤とどう違う?天然由来洗剤とは

  • 普通の洗剤とどう違う?天然由来洗剤とは
  • 化粧品を選ぶ際には、お肌への影響をしっかりと考えるものですが、洗剤を買う際には気にしたことがない、そんな方も多いのではないでしょうか。

    しかし、衣服に残っている合成洗剤の成分によって、肌に痒みや炎症がおきてしまうこともあるといわれています。

    一般的な洗剤の多くが合成洗剤であり、様々な化学物質によって汚れを落し、また製品によっては漂白をしたり、シワを防ぐなどの効果を与えています。
    これらの成分が洗濯後も衣服に付着しており、汗をかいた際に溶け出して、皮膚に刺激を与えてしまうことがあるのです。

    敏感肌の方、あるいはお肌がデリケートな赤ちゃんにとって、衣服による刺激はできるだけ避けたいものです。

    とはいえ、洗剤を使用せずに衣服を洗濯すると、汚れが落ちきらず、においや雑菌の発生を招いてしまいます。直接肌にあたる衣服やタオルなどを清潔に保ち、なおかつお肌への刺激を最小限に抑えたい、そんな場合に最適なのが、植物性の天然由来洗剤なのです。

    合成洗剤には合成界面活性剤、蛍光増白剤、殺菌剤などの化学物質が含まれていますが、天然由来洗剤の多くは、これらの成分を含んでいません。トウモロコシ由来やヤシ油由来の洗浄成分を使用することで、優しく衣類を洗い上げ、洗剤残りによるお肌への刺激やダメージを抑制します。

    植物性の天然由来洗剤に注目が集まるようになり、様々な製品が販売されていますが、多くの場合生分解性が高い成分を使用しています。

    生分解性とは、微生物によって分解される性質を指しており、この性質を持つ洗剤であれば、排水が環境に与える影響も、抑えることができるのです。

    天然由来洗剤には、洗濯や食器洗い、拭き掃除など原液を希釈することで幅広い用途に使用が可能な製品もあります。掃除や洗い物など様々なシーンで、余計な成分を含まない洗剤を使用することは、日々の生活をより快適で、安全なものにしてくれるでしょう。環境と人、そして住まいに優しい洗剤、それが天然由来洗剤だといえます。
  • 天然由来洗剤の特徴と効果

  • 天然由来洗剤の特徴は、ヤシやトウモロコシなどの植物から抽出した原料を使用している点にあります。

    原液を薄めて使用するタイプの製品が多く、住まいのクリーナーとして、あるいは台所用洗剤、洗濯洗剤、浴槽の掃除など様々な用途に使えるのが魅力です。

    掃除や洗濯に欠かせない洗剤ですが、しっかりとすすぎを行っても、成分が残留してしまうことが多いといわれています。化学物質にアレルギーがあったり、お肌がデリケートな方の場合、こうした残留成分による影響が気になってしまうことも多いでしょう。

    とくに肌着やシャツなどは、直接お肌にあたるものですから、なるべく成分が残りにくく、刺激が少ない洗剤を選びたいものです。植物由来の洗剤であれば、洗浄成分などが多少残留してしまっていても、お肌への刺激を低く抑えることができます。

    また、合成香料や着色料といった余計な成分が入っていないため、安全性が高く、安心して使用できるのも、こうした製品の大きな魅力でしょう。

    植物性の成分ではしっかりと洗浄できない、というイメージがありますが、実際にはこうした天然由来の洗剤でも、普段の汚れ落としには十分だといわれています。洗剤が汚れを落としてくれる理由は、界面活性剤という成分にあり、これは水分と油分を混ざりやすくするという性質を持っています。この働きによって、皮脂などの油性の汚れと、水分をなじませて落とすことが可能なのです。

    この界面活性剤にも様々な種類があり、一般的な合成洗剤には石油系の合成界面活性剤が使用されています。天然由来洗剤の場合、この界面活性剤についても、植物など天然由来の原料を使用しているため、より安全性が高く、低刺激に作られているのです。

    植物性の原料を使用して作られているため、多用途タイプの製品であれば、希釈して使用すればお野菜などの洗浄にも安心して使うことができます。

    成分から安全性にこだわって製造されている洗剤なら、生活の様々なシーンで気軽に使用することができるでしょう。
  • 天然由来洗剤の見分け方

  • アレルギーや、化学物質による健康への影響を気にする方が増え、天然由来成分使用や、無添加をアピールする製品も増えています。

    しかし、単純に無添加、天然由来といっても、その内容は製品によって様々ですので、しっかりと見極めて選ぶことが大切です。

    たとえば、100%天然由来とアピールしている製品であっても、よく説明を読むと洗浄成分の100%が植物原料であり、香料などには化学物質が使用されている、ということがあります。

    また、無添加という表記についても、すべての化学物質が無添加としているもの、あるいは特定の成分についてのみ無添加のものなど、製品によって様々です。天然由来洗剤を選ぶ際には、どの程度まで無添加なのか、そして一部の成分について植物性の原料を使用しているのか、すべての成分が植物由来なのかという点をまずはチェックしておきましょう。

    もちろん、必ずしも天然由来100%でなければならない、というわけではありません。通常の合成洗剤よりも少しお肌に優しいものが選びたい、という場合であれば、そこまでこだわる必要はなさそうです。

    しかし、可能な限り化学物質は使用したくない、体に優しい洗剤をしっかりと選びたいなどの場合には、よく確認してから選んだほうが良いでしょう。

    また、成分内容だけでなく使用方法についても、購入前にチェックが必要です。原液を希釈して使用する濃縮タイプの製品と、そのまま使用できる製品がありますので、使いやすい方を選びましょう。

    濃縮タイプの製品は、希釈する割合によって様々な用途に使用できることが多いですが、希釈した状態では長期保存できません。使用ごとに薄める必要がありますので、面倒な場合はそのまま使えるタイプの洗剤を選びましょう。

    そのまま使うタイプの製品は、洗濯用、食器洗い用など、一種類の用途にのみ使用できるものが多くなっています。洗濯だけでなく食器洗いや家の中の清掃など、多目的に使用したい場合には、濃縮タイプを選ぶのがおすすめです。
  • ここが嬉しい!天然由来洗剤のメリット

  • 天然由来洗剤のメリットとして、まず挙げられるのは低刺激であること、そしてお肌に優しいことでしょう。

    洗い物をすれば、洗剤が手指に触れますし、洗濯をすれば衣服に洗剤の成分が多少残留するものです。

    お肌が敏感なタイプの方、赤ちゃんがいる家庭にとって、洗剤選びはとても重要だといえるでしょう。敏感になっているお肌は、ちょっとした刺激に対しても炎症やかぶれを起こしやすくなっているため、衣服や手に残る成分の影響を受けやすくなっています。知らず知らずのうちに、合成洗剤の影響によって、肌荒れが引き起こされてしまう場合もあるのです。

    お肌に優しい天然由来洗剤に切り替えることで、肌荒れを防ぎ、敏感肌をダメージから守ることができます。
    実際に、お肌に優しい植物性の洗剤に切り替えた人の口コミなどでも、刺激を感じにくくなった、肌荒れしにくくなったという意見があります。

    衣服に残る洗剤の成分は、目で見てわかるものではないため、完全に落し切るのは難しいものです。成分が残留することを防げない以上、植物性でお肌に優しい洗剤を選ぶことが、一番の対策となるのではないでしょうか。

    また、洗剤を使用した後は、すすいで排水を行なうことになりますが、この排水による環境への影響についても、合成洗剤と天然由来洗剤では大きく異なるといわれています。合成洗剤には石油系の界面活性剤が使用されているため、排水された後分解が行われず、自然界に蓄積してしまう、といわれているのです。

    逆に、植物性の原料を使用した天然由来の洗剤であれば、時間とともに成分が分解するため、自然に大きな影響を与えないといわれています。環境に優しい洗剤を使うことが、将来の自然を守ることにつながるのです。

    一回一回に使用する洗剤の量はごくわずかであっても、洗濯や洗い物はほぼ毎日行われるものであり、たとえば年間を通して見れば、相当の量を排水していることになります。自然界への影響が少なく、環境に優しいということも、天然由来洗剤の大きなメリットだといえるでしょう。
  • 天然由来洗剤の副作用や注意点は?

  • 天然由来洗剤にも、植物原料の洗浄成分が含まれていますので、刺激が全くないというわけではありません。

    人の肌には皮脂を分泌する機能があり、この皮脂が表面に薄いバリアを作っているため、うるおいが保たれています。洗浄成分は、油分と水分を混ぜてから落とすという作用を持っていますので、植物性の洗剤であっても、高濃度で直接肌につければ、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。

    ゴム手袋などをせず、素手で食器洗いなどをした場合、お肌の油分が損なわれ、乾燥を招くことがあるでしょう。

    お肌に優しい原料で作られている洗剤であっても、使用時には必要に応じてきちんと希釈し、終わった後に保湿クリームなどでお肌を保護することが大切です。

    また、合成洗剤と比較すれば、残留した成分の影響も少ないといえますが、きちんとすすぎを行わないと、一度離れた汚れがもう一度付着してしまいます。

    食器、洗濯などの際には、しっかりとすすぎを行って、成分や汚れの残留を防ぎましょう。
    一般的に、天然由来の洗剤は、合成洗剤よりもやや泡立ちが弱いといわれています。しかし泡立ちが少ないからといって、必要以上に高い濃度で使用したり、多めに使うといったことは避けましょう。

    天然由来洗剤と一言にいっても、粉タイプであったり、濃縮液体タイプなど、製品によって形状も様々となっています。それぞれ使い方も異なりますので、使用する製品の用法や注意点などをしっかりと確認し、正しく使用することが大切です。

    粉タイプの洗剤の場合、やや溶けにくい場合もありますので、洗濯に使用する際には溶け残りが出ないよう、気を配る必要があります。一度に多量に洗濯物を入れてしまうと、衣服の間に粉洗剤が入り込んでしまい、洗濯後まで残ってしまう場合があります。多少余裕を持って、中の物がきちんと回転できる容量で洗濯を行いましょう。

    また、液状タイプの製品の場合、容器の口部分に洗剤が固まり、液垂れを起こしてしまう場合があります。必要に応じて注ぎ口の拭き取りなどを行い、容器を清潔に保ちましょう。
  • こんなにある!人気の天然由来洗剤

  • 洗剤による健康や環境への影響を意識する人が増え、赤ちゃんやお肌がデリケートな人にも安心な、天然由来洗剤が多数販売されています。

    しっかりと洗濯をしているはずなのに、肌荒れやかぶれが起きやすいなど、肌トラブルから洗剤選びの重要性に気が付く方も多いようです。

    赤ちゃん用の衣服にも使える人気の洗剤としてDolci Bolleナチュラルウォッシュが挙げられます。蛍光剤や漂白剤などの化学成分を排除し、植物性のお肌に優しい成分を配合している製品です。

    さらに、洗浄補助成分としてケイ素を配合し、洗濯時の洗浄効果を高めています。この製品は濃縮タイプですので、用途に応じて希釈し、洗濯や食器洗い、お風呂掃除など、多用途に使用できます。

    洗濯用の天然由来洗剤として、人気が高いのはarau.です。こちらは希釈せずそのまま使う液状タイプの製品で、溶解性に優れており、溶け残りがないのが魅力です。

    合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤を使用していないほか、合成香料、着色料なども無添加となっています。天然ハーブを配合しているため、洗い上がりに優しい香りが残り、衣類をふっくらと洗い上げてくれるのが特徴です。

    石鹸メーカーとして有名な、シャボン玉石けんからも、合成界面活性剤を使っていない、無添加の液体洗濯洗剤が販売されています。シャボン玉液体洗濯洗剤は、皮膚アレルギーテスト及び皮膚刺激テスト済みですので、敏感なお肌に優しいのが魅力です。熟練の石けん職人が炊き上げた石けんを液状にした洗剤ですので、生分解性が高く、環境にも優しい洗剤です。

    石油系ゼロ!のChoice!は石けんと天然由来の植物洗浄成分のみで洗い上げてくれる、環境にもお肌にも優しい洗剤です。石油系の原料を一切使用せず、酵素を利用して、高い洗浄力を実現しています。

    さらに、すすぎ一回で素早く洗い上げることができるため、洗濯時間を短縮したい方にもおすすめだといえるでしょう。天然アロマの香りをプラスしており、青空の香りと太陽の香り、二種類から選ぶことができます。
環境と人に優しい植物性の「天然由来洗剤」が人気な理由は
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事