植物や動物の成分が入った肌に優しい天然由来洗剤について

植物や動物の成分が入った肌に優しい天然由来洗剤について

Thumb?1414295452 muah♪さん

49

肌に触れる機会の多い衣類には、洗濯する際に使用する洗剤にも気を遣いたいものです。衣類と着ると痒み湿疹などの肌トラブルがでる場合には、洗剤に問題があるかもしれません。そこで、洗濯には動・植物の成分を配合した優しい天然由来洗剤をおすすめします。

  • 天然由来洗剤とはどんな洗剤?

  • 天然由来洗剤とはどんな洗剤?
  • 私達が洗濯の際に使用している洗剤には、配合されている洗浄成分によって様々な種類に分類されています。

    衣類についた皮脂や汚れを落とすには、界面活性剤が必要不可欠となります。界面活性剤を水に溶かすことで、成分が水と空気の境目や水と固体(汚れなど)の境目、また水と油分(皮脂など)の境目に吸着します。これにより、水の表面張力が低下し洗濯物が濡れやすくなり洗剤が浸透していきます。

    さらに、水と油分を乳化によって混ざりやすくし、汚れを粒子を界面活性剤の分子が吸着して水中に分散する働きをします。この乳化と分散が起こることで衣類の様々な汚れを浮かして落とすことができるのです。

    洗剤の洗浄成分である界面活性剤には、天然界面活性剤と合成界面活性剤の2種類に大きく分類されています。

    天然界面活性剤は、植物や動物などの天然に存在している界面活性剤のことで、原料には大豆に含まれる多糖体のサポニンや、卵黄に含まれるリン脂質の一種であるレシチンなどがあり、その他にもヤシ油、パーム油、ホホバ油、オリーブ油、牛脂など、天然の素材が原料となっています。

    石鹸も天然界面活性剤の一種で、動物や植物の油から作られています。
    合成界面活性剤は、高い洗浄力を得るために人工的に開発された洗浄成分であり、天然には存在する成分ではありません。

    合成界面活性剤には、使用している原料によっていくつかの種類に分類することができます。

    ココナツ油やヤシ油などの含まれる成分(ラウリン酸Na)を使用した石ケン系、ヤシ油などから精製した成分(アシルグルタミン酸)などを使用したアミノ酸系、ショ糖と食用油脂を分解した成分(ショ糖脂肪酸エステル)を使用した脂肪酸エステル系、エタノールなどのアルコールを使用した高級アルコール系、石油を原料とした成分(ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなど)を使用した石油系など、様々な種類があります。

    このうち、石鹸系、アミノ酸系、脂肪酸エステル系は、天然素材を加工して作られているため天然系合成界面活性剤とも呼ばれます。
    合成界面活性剤のうち、特に刺激の強いのが石油系界面活性剤で、刺激の優しいのが天然系の界面活性剤です。

    天然由来洗剤とは、植物や動物の素材を原料に加工された成分を配合している洗剤のことで、天然系合成界面活性剤を使用していることが多いです。

    合成界面活性剤の中でも、肌に優しい成分を使用している洗剤となります。
  • 天然由来洗剤の特徴とその効果

  • 天然由来洗剤とは、植物や動物から抽出した素材を加工してできた新たな成分を配合しているところが大きな特徴です。

    ただし、植物などの天然成分をそのまま配合している洗剤ではないため、製品に「天然由来洗剤」と記載されていても全ての天然由来洗剤が肌に優しいとは限りません。

    天然由来の洗剤は洗剤の中でも特に幅が広く、メーカーによっては天然由来成分と共に化学成分も配合していても、天然由来洗剤として販売しているものもあります。

    しかし、全ての天然由来洗剤が強い刺激を持つ成分を配合しているわけではありません。天然由来成分と共に、石油系界面活性剤や石油系合成成分を配合している洗剤は、石油系合成成分を配合していない天然由来の洗剤よりも刺激が強くなります。

    石油系合成成分を配合せずに、なるべく植物や動物から抽出した素材を活かして製造された天然由来成分であれば、天然界面活性剤のように肌に優しいものも多くあります。

    天然由来成分には、正式な基準や定義などが定められていないため、植物や動物由来の成分を少しでも配合していれば天然由来とできるのです。そのため、同じ天然由来の洗剤として販売していても肌への刺激で差が生じているのです。
    天然由来洗剤は、石油系合成成分を配合していないものを選ぶことで、天然成分だけで作られた洗剤よりも高い洗浄力を得ることができます。

    また、石油系界面活性剤は植物などから作られた天然由来成分に比べて、皮膚への浸透性が高いとされています。また、皮膚から体内に取り込まれた化学成分は強い作用を持っているため、そこに蓄積されていき長い年月を経て発がん物質へと変わっていくとされています。従って、石油系界面活性剤を使用した洗剤を高濃度で使用することは、肌への刺激も強くなるほか、人体にも影響を与える可能性があるのです。

    石油系界面活性剤を使用していない天然由来洗剤ならば、肌に優しい界面活性剤を使用しているのため、肌にも人体にも優しい洗剤と言えます。また、肌に優しく洗浄力は高いので、汚れのひどい衣類でも効果的に落とすことができます。
  • 肌に優しい天然由来洗剤の見分け方

  • 天然由来洗剤には、配合している合成界面活性剤やその他の成分によって、刺激の強いものと刺激の低いものがあります。

    では、様々な天然由来成分の洗剤から、肌に優しいものを見分けるためには一体どの点に注目して見分けると良いのでしょうか?

    肌に優しい天然由来洗剤を見分けるには、製品の裏面に記載されている成分を確認するのが最も有効です。

    製品によっては、表に石油系界面活性剤を使用していない旨が記載されているものもありますが、表だけでは分からない場合には、成分を確認しましょう。

    石油系合成成分は安価で安定した生産量を確保できるため、幅広く使用されています。洗剤ならば、主に洗浄成分、着色料、香料、防腐剤などに石油系合成成分が使用されています。どの成分も刺激が強く、人体に良いものではありませんが、特に界面活性剤に石油系を使用している製品は避ける必要がります。

    石油系界面活性剤として洗剤に使用されているものには、スルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸アンモニウム、パレス-3硫酸ナトリウム・アンモニウム、ラウリル硫酸ナトリウム・アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウム・アンモニウムなどがあります。「スルホン酸」や「~硫酸」などから始まっている成分などが石油系と言われています。

    成分欄を確認して、このような界面活性剤が使用されている場合には、刺激が強いので避けるようにしましょう。

    天然系の合成界面活性剤には、ラウリン酸Na(石ケン系)、ショ糖脂肪酸エステル(脂肪エステル系)、アシルグルタミン酸・ラウロイルメチルアラニンNa(アミノ酸系)などがあります。

    低刺激として知られているのがアミノ酸系、脂肪酸エステル系です。石ケン系も比較的低刺激であり、人体への有毒性については石油系よりも低く安全であると言えます。

    石ケン系は弱アルカリ性であるため、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の方の場合、健康肌の方に比べて肌が弱酸性に戻るまでに時間が掛かる可能性が高いです。そのため、アルカリ性の石ケン系は避けるようにしましょう。

    肌に優しいものを選ぶ際には、配合している合成界面活性剤の種類と、自分の肌質を考慮して選ぶのが最適です。
  • 天然由来洗剤のメリットとは?

  • 天然由来洗剤のメリットはどこにあるのでしょうか?

    1つは、使用している天然系界面活性剤によって使い分けができることです。

    例えば、人体に影響のないものを選びたい場合には、植物などの素材を使用した石ケン系の天然由来成分を配合したものを選ぶと良いです。

    また、アトピー肌や敏感肌の方は、弱アルカリ性の石ケン系よりも、弱酸性のアミノ酸系を選ぶ方が肌に優しいです。アミノ酸系はベビーシャンプーにも使用されることもあります。

    2つ目は、肌に優しいのにふんわりとした仕上がりになることです。
    天然由来成分100%という洗剤も販売されており、この洗剤には石油系界面活性剤やリン酸塩、蛍光増白剤、酵素、着色料などを一切使用していません。

    また、石ケン素地に近い界面活性剤を使用し、植物の天然油脂を配合することで、ごわつくこと無くふんわりとした仕上がりを可能にしています。

    衣類に腕を通した際に、着心地が固くごわつく感じがあると気分も下がってしまいます。無添加洗剤には、洗浄すること炊きにこだわり成分がシンプルなものがありますが、肌には優しくても着心地はあまり良くありません。天然由来の洗剤ならば無添加洗剤もデメリットもカバーしつつ、植物・動物由来の成分が肌への刺激を抑えてくれるので、デリケートな赤ちゃんの衣類にも使用できる信頼性あります。

    3つ目は、環境保護にも貢献できることです。
    この洗剤の中には、無添加洗剤のように配合成分をなるべくシンプルにして、自然に戻るように開発された洗剤もあります。

    石油系系面活性剤やその他の合成成分を使わず、植物などの天然由来成分からで作られた界面活性剤を使用することで、洗濯後の排水が川に流れ込んでも微生物に分解されるため、水質を低下させたり魚に悪影響を与えることがありません。

    このような天然由来の洗剤を選ぶことで、自然と環境保護に貢献することができます。

    インターネットでは、「天然由来成分は天然成分とは異なるため安全ではない!」と断言しているのを見かけますが、決して全ての洗剤が危険なわけではありません。きちんと成分を見て使用することで、天然由来の洗剤で多くのメリットを得ることができます。
  • 天然由来洗剤で副作用は起こる?

  • 天然由来洗剤を使用することで、副作用などが起こることはあるのでしょうか?

    この洗剤は、製品によって肌への刺激の度合いに大きな差があります。

    特に、肌への刺激や人体への悪影響が強いとされる石油系界面活性剤や、合成着色料、防腐剤、蛍光増白剤などを使用している製品については、「天然由来成分配合」などと記載されていても注意が必要です。

    石油系界面活性剤やその他の合成成分で起こる副作用としては、痒みや湿疹、肌荒れなどの肌トラブルがあります。また、アレルギー体質の方の場合、洗剤に配合されている化学成分によっては強いアレルギー症状を引き起こる可能性があります。

    石油系界面活性剤には、「タンパク質変性作用」と呼ばれる特殊な性質を持っています。このタンパク質変性作用とは、様々なタンパク質の性質を本来のものから変化させてしまう性質をいいます。日常生活で言うと、台所洗剤を使用した後によく手が荒れますが、これは台所洗剤に含まれる石油系界面活性剤のタンパク質編背作用によるものです。

    人間の皮膚はタンパク質からできており、素手で洗剤に触れることで皮膚のタンパク質が傷つき、肌荒れを起こすのです。肌荒れを起こすと、傷ついた皮膚の間から体内に合成成分が浸透していくことになります。

    洗濯洗剤の場合、すすぎをして合成成分を洗い流すため体内に入ることはないように感じます。
    しかし、すすぎを十分に行っても100%洗剤を洗い流せているわけではありません。そのため、洗剤成分が残った衣類を着ることによって、痒みや湿疹などを引き起こす可能性があるのです。

    こうしたことから、「天然由来成分と書かれているから安全!」と思うのではなく、まずは配合されている成分を確認してその安全性を確認することが大切になります。

    特にアレルギー体質の方や敏感肌の方、小さなお子さんに使用する場合には、注意して選ぶようにしましょう。

    より天然の素材に近い洗剤を選ぶことで、このようなアレルギー症状や副作用などが起こることはありません。
  • おすすめの天然由来洗剤をご紹介!

  • 天然由来洗剤の中で、肌に優しい植物由来のおすすめ製品をいくつかご紹介します。


    【Choice!】

    この洗剤は、石油系の合成成分を一切使用せず、石ケン、植物性洗浄成分、酵素を効果的にブレンドして洗い上げる、人・繊維・地球に優しい粉末洗濯洗剤です。

    天然由来成分として、石ケン素地・植物系の発酵マフア油由来成分(アルキルポリグリコシド)・ソープナッツの洗浄成分(サポニン)・バイオ生成酵素の4つです。

    粉末洗剤にすることで、植物エキスや酵素の洗浄成分をバランス良く配合することができ、低刺激なのに驚きの洗浄力を可能にしています。

    天然アロマを使用しており、すがすがしい「青空の香り」とあたたかみのある「太陽の香り」の2種類があります。

    内容量は700gで、価格は500円(税抜き)となっています。


    【ヤシノミ洗剤】

    この洗剤は、日本で初めて医師が推奨する洗濯洗剤です。ヤシノミ由来の植物性洗剤で、人間はもちろん地球へのやさしさも考えて作られています。そのため、洗濯に必要のない香料や着色料は一切無添加です。

    内容量は本体:420ml、詰替え:360ml・900mlがあり、価格は本体が430円、詰替えが360ml:376円・900ml:862円(共に税込み)となっています。


    【method(メソッド)ランドリーリキッド】

    この洗剤は、ココナッツオイル由来の洗浄成分を使用しており、自然の高い洗浄力で効果的に洗い上げます。

    洗うことを楽しくする洗剤であり、香りにもこだわっています。香りには、スプリングガーデン・ジンジャーマンゴー・ビーチセージの3種類から選ぶことができます。香料として使用されているのは人間と地球に優しい厳選素材です。その日の気分によって香りを変えることもでき、毎日の洗濯も楽しくなります。

    毎日使うものなので、デザインも可愛らしくなっています。

    内容量は1,580ml(約130回分)で、価格は2,592円(税込み)となっています。洗濯1回あたりの価格は、約18円と大変リーズナブルです。
植物や動物の成分が入った肌に優しい天然由来洗剤について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事