石油を使っていない「植物性洗剤」は、地球にも人間にも優しい洗剤!?

石油を使っていない「植物性洗剤」は、地球にも人間にも優しい洗剤!?

Thumb?1414295452 muah♪さん

202

今、使っている洗剤で満足していますか。環境にも肌にも優しい洗剤にしてみましょう。環境に良いことも大事ですが、肌が荒れにくくなるほうが良いでしょう。そんな植物性洗剤を使ってみませんか。

  • どんな洗剤のことなのか

  • どんな洗剤のことなのか
  • 洗剤と言っても、種類があるのはわかっていても、どうやって区別すれば良いのかは意外と知らない人も多いかもしれません。

    普通の洗剤には、石油が原料の界面活性剤が使われていることが多いです。汚れを落とすために使われており、洗浄力が高いので多くの洗剤に使われています。

    しかし、今では界面活性剤を使わない洗剤も増えています。

    その一つが植物性洗剤です。

    石油を使わずに、植物由来成分だけで作られています。植物からできた界面活性剤を使って汚れを優しく落とします。石油系界面活性剤と比べると洗浄力はそれほど高くはありません。

    洗浄力があまり高くないと、汚れが落ちないのではと思うかもしれませんが、十分に汚れを落とすことができるだけの洗浄力がありますので、あまり心配する必要はありません。石油系界面活性剤よりは洗浄力が低いというだけです。

    しかし、最近は植物系界面活性剤でも十分に洗浄力があるので、頑固な汚れも落とせることもあります。たくさんの種類が出ていますので、どれくらい洗浄力が高いのかも含めて選んだほうが良いかもしれません。

    洗浄力が高くても、植物由来成分ばかりでできていれば、手荒れの心配があまりありません。もちろん、肌が弱い人は気を付けなくてはなりませんが、肌に優しいので安心して使えます。

    また、比較的泡があまりたたないので、すすぎが楽に済むことが多いです。よく泡で汚れを落とすと聞きますが、必ずしもたっぷりの泡がないと汚れが落ちないというわけではありません。だから、あまり泡が出来なかったとしても気にする必要はありません。十分、汚れを落とす力はあります。

    今では業務用として使っていることもあるほど、洗浄力もあれば、肌にも優しい植物性洗剤が広く浸透しています。環境に配慮している企業も多いので、今では必需品となっている企業さえあるほどです。

    家庭でも使っている人が増えていますし、使い勝手が決して悪いわけではありません。特に肌が弱い人には人気が高いようです。
  • どんな特徴や効果があるのか

  • 石油系原料が使われていないことが最大の特徴ではないでしょうか。

    植物系原料だけで作られていますので、肌がとても弱い人でも安心して使えます。敏感肌、乾燥肌、アトピーの人でも植物性洗剤であれば肌荒れを心配することなく使えるでしょう。

    手荒れを気にすることなく使える上に、洗浄力に関しては従来の洗剤とほとんど変わりがなくなりました。洗浄力が高くなったおかげで、今ではたくさんの人が使うようになったのでしょう。

    油汚れは油で落とすと良く落ちると言われていましたが、植物系界面活性剤でも十分に油汚れまで落ちるようになりました。

    今では、植物性洗剤の種類もかなり増えています。とても敏感な洗顔料にも使われますし、ボディーソープはもちろん、食器用洗剤や車用洗剤といろいろなところに使えるくらい汚れが良く落ちます。
    しかも、肌に優しいので安心してどこにでも使えます。

    ただし、絶対に肌荒れしないとは限りませんので、気になる人はゴム手袋などをはめて使ったほうが良いでしょう。
    泡立ちがあまり良くないことも特徴の一つですが、汚れが落ちやすいことには変わりありません。

    また、よく希釈して使うことがあります。希釈する場合は、頑固な汚れなら原液でも良いでしょうし、落としやすい汚れならかなり希釈しても大丈夫です。

    家庭でも業務用でも使われていますが、赤ちゃんがいる家庭でも植物性洗剤ならば、安心して使えるでしょう。赤ちゃんの体を洗うときに使うと良いかもしれません。

    デリケートな赤ちゃんの肌にもとても優しいので肌荒れなどしなくて済むでしょう。アトピーならばなおさら選んだほうが良いのではないでしょうか。

    植物だけで作られていますから、症状が悪化する恐れがほとんどないはずです。アレルギーを発症させるようなことがほとんど考えられないので、幅広い人が使うことができます。

    優しさと洗浄力の両方を併せ持った洗剤です。だから、いろいろな場面で使われているのでしょう。このような特徴、効果があるので洗剤を選ぶ時に検討してみてください。
  • 見分け方を知ってしっかり選ぶ

  • パッケージにはっきりと植物性洗剤と書いてあることもあります。これなら、石油系の原料が入っていないから、安心して使えると思って購入するのではないでしょうか。

    確かに、植物性と大きく書いてあると安心してしまいます。しかし、本当にそれだけで判断して良いのでしょうか。

    洗剤には界面活性剤が入っているのですが、界面活性剤によって汚れを落とすからです。しかし、パッケージを見たところで界面活性剤と書いているとは限りません。界面活性剤にも種類がありますから、どんな種類があるかを知ることです。そうすれば、どれが植物系界面活性剤で、どれが石油系界面活性剤かを見分けることができます。

    ヤシの実から作られたと謳っている洗剤があります。ヤシの実から作られた場合は、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルアミドプロピルベタイン、脂肪酸アルカノールアミドなどと書いてあるでしょう。ただ、名前を覚えようとしても長くてなかなか覚えにくいかもしれません。

    植物性洗剤と書いてあったとしても、気を付けなくてはならないポイントがあります。
    天然素材100%とあれば、植物系の原料しか使っていないと言っても良いでしょう。しかし、中には、天然系素材100%というように紛らわしい書き方をしている場合もあります。天然と書いてあれば、天然のものを原料にして使っているので問題ありません。

    しかし、天然系とはどういうことでしょうか。天然の原料を使ってはいるのですが、その原料を使って化学合成しています。だから、天然系と書いてあるわけです。

    この点を抑えておくと、見分けやすいのではないでしょうか。石油系ではないことを確かめる場合は、石油系界面活性剤不使用というようにわかりやすく表示されていることもあります。

    以上のことを踏まえて洗剤を選ぶようにしてみてください。たくさんの洗剤があるために、選ぶ時にも苦労するかもしれません。パッケージのわかりやすい場所に、天然原料だとかわかりやすい文言が書いてあるものを選んでみてください。
  • どんなメリットが考えられるのか

  • 植物性洗剤の最大のメリットは肌に優しいことかもしれません。

    どんなものを洗う場合も手を使います。だから、手はとても酷使されているのです。

    手に年齢が出ると言われるほどですから、気が付いていないかもしれませんが、手は荒れやすい場所なのです。石油系界面活性剤が入っている洗剤を使い続けていれば、その分、手にも負担がかかってしまいますから、年齢が出やすくなるでしょうし、肌荒れもしやすいでしょう。

    しかし、植物性洗剤であれば肌に優しい原料ばかりで作られているので、肌荒れをする可能性がとても低くなります。とても肌が弱い人もいますから、そういう人はゴム手袋などをしてから使ったほうがより肌荒れしにくいでしょう。このような使い方とはなってしまいますが、それでも石油系の洗剤を使うよりも安心して使えます。

    ボディーソープなどであれば、より肌に優しいと実感するかもしれません。肌への負担が少ないので、赤ちゃんの体にも使えるくらいです。それだけ肌に優しいので、家族全員で同じ洗剤を使うことができます。

    そして、環境に優しいことです。洗剤を洗い流した水は、下水を通るわけですが、最終的には海へと流れつきます。もちろん、汚れを取り除いてからですが、植物性洗剤であればあまり環境への影響がないので、安心して流せます。

    ただし、下水が浄化されるというわけではありません。あまり水を汚さないで流せるということです。
    比較的環境に優しいことは確かです。

    さすがに、川などで洗剤をそのまま流すわけにはいきませんが、毎日使う洗剤を植物性洗剤に変えることで、下水道への負担は小さくなるでしょう。

    このようなメリットがあるので、石油系洗剤もまだまだたくさんありますが、肌にも環境にも優しい植物性洗剤を選ぶ人が多くなることも納得できます。
    自分にだけ優しいわけではなく、地球にも優しいことを考えて選んでいる人もたくさんいます。植物性洗剤にはとても大きなメリットがありますから、種類が多くなるのも当然ではないでしょうか。
  • 副作用や注意点はあるのか

  • とても環境にも優しい植物性洗剤ですから、石油系洗剤ほど気を付けなくて良さそうに見えます。

    しかし、気を付けなくてはならないことがないわけではありません。肌にも環境にも優しいとは言え、油断することなく使ってください。

    まずは、石油系洗剤とは違うとはいえ、そのまま河原などで使って、川にダイレクトに流さないでください。環境に優しいとは言え、そこまでではありません。洗剤であることは確かなので、石油系の原料が使われていなくても川などでは使わないようにしてください。ただし、使っても良いと書いてある洗剤は別です。

    肌に優しいとは言え、誰の肌にも合うとは限りません。
    ボディーソープなどで使う場合は、パッチテストを行ってから使いましょう。植物系の原料だけとはいえ、肌荒れを絶対にしないとは限りません。

    とても安全性が高いので、口に入れても大丈夫だと思う人もいるようですが、決してそんなことはありません。なので、間違っても口に入れないようにしてください。

    赤ちゃんが誤って口にしてしまうこともあるかもしれません。石油系ではなくてもすぐに吐き出させるなどしてください。

    安全だと言われてしまうと、植物性洗剤なら何をしても大丈夫な感じがするかもしれません。
    ちゃんと指定された用途にだけ使うようにしてください。

    掃除用であれば掃除に使う、体を洗うなら体を洗うために使うようにしていれば、あまり副作用を起こすことはありません。

    絶対に副作用がないとは言い切れません。
    肌荒れを起こす可能性も少なからずあります。
    アレルギーを引き起こすことがないとも言い切れません。なので、気を付けて使いましょう。

    安全性が高いからと言って、過信しないことが一番です。特に、赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの手の届かない場所に保管するようにしてください。

    また、誤飲することがないように保管方法にはくれぐれも注意してください。台所での保管場所には特に気を付けておかないと、誤飲することがないとは言えないので気を付けてください。
  • 植物性洗剤にはどんな商品があるか

  • 具体的に、どんな商品があるのでしょうか。

    まずは、多目的に使える植物性洗剤です。

    フォーミュラG-510EFです。

    多目的というだけあって、いろいろな場所に使えます。食器洗いに使えるだけではなく、台所やトイレ、お風呂などの水回りやガラス拭き、洗濯にも使えますし、車の洗浄にも使えます。

    貴金属を綺麗にしたいときも良いでしょう。手洗いにも使えます。希釈するタイプなので、使うときは用途に合わせて指定されたとおりに希釈して使ってください。
    頑固な汚れにも対応しているので、1本あるととても便利です。


    食器用洗剤であれば、ヤシノミ洗剤です。

    ヤシの実から作られた洗浄成分で、汚れを落としてくれます。
    洗浄力がある植物性洗剤でありながらも、洗い流したあとの排水には、微生物の力で有害なものを残さないようにしています。水と二酸化炭素に分解されるので、環境にもとても優しい洗剤です。

    赤ちゃんがいる家庭ならば、哺乳瓶をどうやって洗うのかで困りませんか。哺乳瓶を安心して洗える植物性洗剤を使いましょう。

    その名も哺乳びん野菜洗いです。

    100%食品原料を使っていますから、安全性がとても高いです。通常は、植物性洗剤というと泡立ちが良くないのですが、この商品は泡立ちがとても良いです。

    泡立たないと洗った感じがしない人にもおすすめの洗剤です。赤ちゃんが使う哺乳瓶を洗うので、しっかりと汚れが落ちていると実感できた方が良いでしょう。

    もちろん、植物原料しか使っていないので、赤ちゃんが口にする物でも安心です。赤ちゃんが口にする物は徹底して哺乳びん野菜洗いで洗うのも良いのではないでしょうか。

    植物性洗剤と言っても、種類は多種多様です。それだけ需要が高くなっているからかもしれません。

    環境に配慮したい人も多いですし、口にするものを洗うのは安全性が高いほうが良いと考える人が増えています。

    特に、赤ちゃんならなおさらです。種類が豊富とは言え、用途によってどれを使えば良いのかをよく考えた上で購入しましょう。
石油を使っていない「植物性洗剤」は、地球にも人間にも優しい洗剤!?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事