日頃から爪をケアして「ささくれ」を予防しよう!

日頃から爪をケアして「ささくれ」を予防しよう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

592

爪の周辺にできるささくれは一度できてしまうと痛いだけでなく、見た目も気になってしまいます。しかし、そんなささくれは爪のケアをすることによって上手に予防することが可能です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ささくれは何が原因でできる?
  • どうやって対策すれば良い?
  • 自分で爪をケアしてみよう
  • ささくれを対策する爪のケア
  • ささくれ対策は焦らないで
  • まとめ
  • ささくれは何が原因でできる?

  • ささくれは何が原因でできる?
  • ささくれができる原因としてはさまざまなことが挙げられますが、まず考えられることが指先の乾燥です。指先の乾燥に心当たりが無い人も中にはいるかもしれませんが、例えば食器洗いや手洗い、または毎日のシャンプーなど、指先が水に触れることで肌は簡単に乾燥してしまいます。

    特に主婦の方や水仕事をしている人は、手肌がガサガサになってしまうことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。また、冬などの全体的に空気が乾燥している季節は特に何もしていなくても自然と肌は乾燥してしまいます。その他にも、爪にネイルをしている場合、リムーバーが爪につくことも原因の一つになります。

    また、意外にも栄養不足や運動不足も原因の一つとして挙げられます。栄養素の中には皮膚を健康的に保つ効能を持つものがありますが、こういった栄養素が不足することでささくれの原因になります。

    さらに、運動不足だと体全体が血行不良になり、また体調不良でもささくれができることがあります。つい軽く捉えてしまいがちな症状ですが、実はこういった原因が隠されていることもあるため、たかがささくれだと考えずに、しっかりと原因を把握して対処することが大切です。
  • どうやって対策すれば良い?

  • どうやって対策すれば良い?
  • まずささくれができた場合、放っておくことで何かに引っかかったりして症状がひどくなりますし、見た目も美しくありません。そのため、見つけたら正しい対策をとることが大切です。

    まず、できてしまった分については、眉毛カット用などの小さなハサミできれいにカットしてしまうことがおすすめです。そうすることで患部が気になってつい触ってしまうこともなく、痛みが生じることもありません。

    そして予防する対策としては、できてしまう原因によりますが、まず手を乾燥から守り、ケアすることが大切です。乾燥は肌の天敵ですが、例えば保湿力の高いハンドクリームをこまめに塗るだけでも全く違ってきます。特に洗い物やシャンプーをした後などは気をつけることがおすすめです。
  • さらに効果的な対策方法が、ハンドクリームを塗る前に手持ちの化粧水を手に塗り、ケアすることです。そうすることでより肌を乾燥から守ることができます。顔に塗る際は化粧水を先に塗った後に乳液を塗りますが、手の場合は化粧水の後にハンドクリームです。

    高めの化粧水を普段から使用している場合は少々もったいないですし、手間もかかりますが、おすすめの対策方法です。
  • 自分で爪をケアしてみよう

  • 自分で爪をケアしてみよう
  • セルフで爪のケアをして対策をする場合、少々手間はかかりますが、ネイルサロンなどのお店でやってもらうよりも遥かに安価で済むため、時間に余裕がある人は是非セルフで爪をケアしてみることがおすすめです。

    やり方としては、まず爪や指先を清潔な状態にします。ハンドソープなどでしっかりと洗った後、清潔なタオルで水分を拭き取ると良いです。特にお風呂上りなどは指先が柔らかくなるタイミングなのでおすすです。

    次に甘皮の処理をしますが、注意点として、甘皮の処理をする場合はあらかじめネイルはオフしておく必要があります。あくまでも爪がすっぴんの状態で、指先がやわらかく、清潔なときに行うと上手く処理することができます。

    用意するものとしてはコットン、オレンジスティック、オイルなどで、スティックにコットンを巻きつけた後、優しく爪の根元に向けて押すようにすると、甘皮をきれいにとることができます。

    そしてこの際に爪にささくれがある場合は小さなはさみなどで処理しておくと良いです。全ての処理が終われば、ハンドクリームは爪を含む手全体に塗り、オイルを爪のきわによく馴染ませればセルフでの対策は完了です。
  • ささくれを対策する爪のケア

  • ささくれを対策する爪のケア
  • ネイルサロンと聞けば爪にネイルアートをするところというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はネイルサロンではネイルケアもしっかりと行ってくれます。

    ネイルケアとは甘皮の処理だけでなく、爪のカット、また手のマッサージなどを含み、ネイルをする前には必須と言っても良いほど大切なです。

    とはいっても、ネイルをする人だけが行うものではありません。ネイルケアをすることによって爪のトラブルやささくれも予防することができるため、普段から指先の荒れに悩んでいる人やささくれを予防した人にはとてもおすすめの対策方法です。
  • 流れとしてはまず甘皮処理を行った後に爪をカットし、個人の好みの爪の形に整えてくれます。そして爪の表面を整えた後にマッサージクリームなどで手全体をマッサージして、血行を良くしてくれます。その後手の保湿を行い、キューティクルオイルで仕上げをして完了というパターンが多いです。

    詳しい流れはお店によって違うため、実際にケアをしてくれる店舗に確認する必要はありますが、自分ではうまく甘皮処理ができない人や、ささくれの対策が難しい場合などは、料金はかかりますが思い切ってプロにおまかせすることがおすすめです。
  • ささくれ対策は焦らないで

  • ささくれができてしまっても、焦ってさまざまな対策法をとってはいけません。時に痛みを感じますし、指先に気を使っている人でその見た目が気になるかもしれませんが、まずは一度できたものが治るのをひたすら待つことが大切です。

    そのためには、まず、一番初めに行うこととして、清潔なハサミでささくれをカットした後、絆創膏を貼ってください。そうすることで雑菌が入るのを防ぐことができます。水仕事などをたくさん行う人は、状況に応じて水絆創膏などを使用することもおすすめです。
  • そしてささくれを早く治すための対策法として爪や指にハンドクリームを塗る人がいますが、ささくれができている状態でハンドクリームを塗ることはあまりおすすめできません。ハンドクリームは乾燥の予防対策になりますが、一度できたささくれが完全に治ってから使用することが効果的です。

    そして爪をケアすることは有効な対策法ですが、この時に無理に爪をケアしようとせず、症状が良くなるのを日常生活を送りながら待つことが懸命な対策法です。爪はささくれが治ってからケアするようにすることで、今後の予防対策にもなります。
  • まとめ

  • まとめ
  • ささくれは日頃から適切な対策をとることによってある程度予防することができます。そのためには、肌の乾燥に気をつけたり、爪をケアしたりと、ちょっとした努力が必要になります。

    しかし、日頃から気をつけていてもできてしまう時はあります。しかし、そんな時はきちんと処理をすることによって早く治すことができます。

    ですが、時に体調不良や栄養不足が原因の場合もあります。単なる乾燥が原因の場合は、乾燥対策を行えば良いのですが、体調不良や栄養不足の場合、そう簡単には対策をとれないかもしれません。
  • しかし、放っておくことで時に症状が悪化してしまうこともあるため、なかなか良くならないときや、治ったと思ってもすぐにまたできてしまう場合は一度専門家に相談してみることもおすすめです。

    また、女性であれば普段からネイルサロンを利用している人も多いかもしれませんが、男性でも爪の健康のために、思い切って利用してみることもおすすめです。特に自分で処理ができない場合ややり方がわからない場合などは、下手にセルフでやるよりもプロにお任せするほうが簡単です。

    一度できてしまうと中々治りにくいこともあるささくれですが、正しい対策をとり日頃から気をつけるようにすることが大切です。
日頃から爪をケアして「ささくれ」を予防しよう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事