「ささくれ」が発生する原因と適切な対処法は?

「ささくれ」が発生する原因と適切な対処法は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

601

知らない間に指にささくれが出来ていたという経験は誰でもあるのではないでしょうか。ささくれが出来る原因を知れば「あまり気にしなくてもいい。」という考えがよくない事が分かります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 発生する原因は様々です
  • 無理やり皮膚をめくらない
  • まずは指先の保湿が重要
  • 保湿の後は保護をする
  • 不足した栄養素を摂取しよう
  • まとめ
  • 発生する原因は様々です

  • 発生する原因は様々です
  • ささくれというのは、何もしていないのに指の皮の一部分が突然めくれる現象です。自然に指先の皮がめくれる原因は様々ですが、基本的には身体の調子があまり良くないときに発生するものだと考えて間違いありません。

    ささくれが出来る一番の原因は家事によって水を使用することが原因です。特にささくれがよく発生しやすいのが秋の終わりから冬場にかけて洗い物による乾燥が原因でささくれが発生しやすくなります。

    また、女性特有の原因としてネイルに使用するものにも原因があります。ネイルを落とす時に使用するリムーバーの中には指の油分を奪うものがあり、油分が奪われることが原因となって手が乾燥して指先の皮がめくれやすくなるのです。
  • 指先の皮膚はカルシウムやタンパク質で出来ていますが、それらの栄養素が不足することが原因でささくれが発生しやすくなります。カルシウムやタンパク質が不足したまま指先の皮膚が作られると、栄養不足が原因となり乾燥して潤いが無い皮膚になります。潤いが無い皮膚が出来る原因で何もなくても皮膚がめくれやすくなっていきます。

    また、直接原因にはならないように思えるかもしれませんが、仕事がデスクワークの人も仕事が原因で指先の皮がめくれやすくなります。デスクワークの人は文字を入力する際に普通の人よりも指を使います。指先を使用することが原因となって乾燥してしまい、ささくれが発生しやすくなるのです。紹介した原因以外にもいろいろな原因でささくれは発生します。
  • 無理やり皮膚をめくらない

  • 【ささくれが出来た場合の対処方法①】



    まずはささくれが実際に発生した時の対処方法を知りましょう。ささくれが発生した時によくやる方法としてはめくれかけている皮膚をさらにめくるということがありますが、皮膚をめくるのは対処の方法としては正しくありません。

    どうして皮膚を自分でめくるのは正しくないかというと、無理やりめくるのはささくれを改善するどころか余計に症状を悪化させるからです。

    場合によってはめくった部分から菌が侵入してささくれを起こした部分が化膿する場合もあります。これらの理由から無理やりめくったり引き裂いたりするのは適切な対処方法ではないとされているのです。
  • では、そのまま放置すればよいのかというと、放置するのも適切な対処の方法とは言えません。めくらないままにしておくと、めくれかけた皮が何かの拍子に引っかかって、余計に悪化する可能性があるためです。

    ささくれが出来たときの正しい対処の方法はその場でめくらずに皮膚をはさみや爪切りなどを使ってカットするようにします。

    自然にめくれている皮膚を自分でカットすることによって被害をその部分以上に広げることは無くなります。
  • まずは指先の保湿が重要

  • 【ささくれが出来た場合の対処方法②】



    めくれた皮膚をカットした後、時間が経てば再生はしますが、カットしてそのままにしておくだけでは、いずれまた皮膚がめくれます。

    ささくれが発生したら、できるだけ発生しないように予防するのが正しい対処の方法です。自然に指先の皮がめくれないように予防する対処の方法はいくつかありますが、まずはなんといっても指先の乾燥を防ぐことから始める必要があります。

    発生する原因を見ていくと、全て指先の乾燥が直接的な原因となっていることが分かります。ですから発生しないように予防するためには指先の乾燥を防ぐことが適切な対処方法となるのです。
  • 指先が乾燥しないように保湿は毎日おこなうようにしましょう。特に周りの空気が乾燥している冬場にはささくれがいつもより発生しやすいため、保湿を念入りにおこなう必要があります。

    とはいえ、正しくハンドクリームを塗らなければその効果は半減します。ハンドクリームを塗る正しい方法として、クリームを塗る前に必ず手を洗うようにしましょう。

    ハンドクリームを塗る前には化粧水を指先に塗ります。化粧水は顔にしか塗らないものだという認識がありますが、保湿させるためにはとても効果的な対処の方法です。

    化粧水を塗ってからハンドクリームを塗ることによって、より一層ハンドクリームの成分が浸透しやすくなります。

  • 保湿の後は保護をする

  • 保湿の後は保護をする
  • 【ささくれが出来た場合の対処方法③】



    ハンドクリームを塗ったら終わりではありません。ささくれを正しく治すためにはさらなる対処方法が必要です。ささくれが出来た部分を保護するようにしましょう。

    皮がめくれた部分は保湿をしたら必ず絆創膏を張るようにします。ささくれによって皮膚がめくれているという事は真皮が露出している状態です。そのままにしておくとその部分から菌が侵入し、化膿する恐れがあります。
  • 絆創膏を貼ることによって菌の侵入を防ぐことができ、化膿を防ぐことが出来ます。ただし絆創膏は水を使用して濡れた場合は、こまめに取り替えるようにしましょう。
    水で塗れたままの絆創膏は蒸れて菌が発生しやすくなるため、そのままにすると菌が余計に侵入しやすくなります。

    また、洗い物など、水を使うことによって頻繁にささくれが発生したり、デスクワークが原因で指先がよくめくれる人は手袋などを使うのも正しい対処方法の一つです。

    特にハンドクリームなどで保湿してから手袋を使うことによってハンドクリームや化粧水が外気に触れて乾燥していくことを予防することが出来ます。そして、手袋をすることによってささくれが出来る要因になるものに直接指先で触れないようにすることも出来ます。
  • 不足した栄養素を摂取しよう

  • 不足した栄養素を摂取しよう
  • 【ささくれが出来た場合の対処方法④】



    自然に皮がめくれる原因の一つに栄養不足があります。自分が栄養不足であることを認識し、体内から改善していくのも再び発生しないようにする為の適切な対処の方法の一つといえます。

    指先の皮膚を形成するためにはカルシウムとタンパク質が必要です。これらの栄養素を積極的に摂取していくことが再び発生させないようにする為に大切だというわけです。

    カルシウムを効率よく摂取するためには牛乳を飲んだり魚を食べたりするのがもっとも手っ取り早いです。これら二つの食材は意識して食べないと案外普段の食事に取り入れることがないので、指先の皮が頻繁にめくれる場合は積極的に食べるようにしましょう。
  • 特に女性は普段からダイエットを心がけ、肉類を敬遠する傾向にありますが、たんぱく質を補給するためには肉類が必要不可欠です。綺麗な肌を保っている女性は共通して肉類をよく食べているものなのです。

    そして、これらの栄養素以外にも各種ビタミン類を積極的に摂ることが健康的な皮膚を造り出すための適切な対処法になります。

    肌に大事なビタミンとして真っ先に上げられるのがビタミンCです。ビタミンCは健康的な皮膚を造り出してくれるとともに、タンパク質の吸収率をアップさせてくれます。そのほかビタミンAやビタミンEも有効です。
  • まとめ

  • まとめ
  • ささくれが出来る原因としては水を使用する家事やデスクワーク、女性特有の原因としてネイルに使用する薬剤など、いろいろありますが基本的には指先が乾燥することが直接的な原因となって自然に指の皮がめくれていきます。

    皮膚が自然にめくれたら決して自分で無理やりめくったり引き裂いたりしないようにしましょう。めくった部分から菌が侵入し、化膿する可能性があるからです。めくれた部分は爪切りなどを使用してカットするのが正しい対処方法です。

    カットしたら皮膚がめくれた部分は乾燥している証拠なので、手を洗ってハンドクリームや化粧水で保湿しましょう。保湿することで再び皮膚がめくれることを予防できます。
  • 皮膚がめくれた部分の保護も大切なので、絆創膏などを貼って菌が侵入しないようにしましょう。応急的な処置以外にも再び発生させないようにする為の対処も必要です。

    水を使って家事を頻繁に行う人はゴム手袋を装着し、指先が直接水に触れないようにすると、乾燥を防ぐことが出来ます。

    そして栄養不足も皮膚がめくれる原因の一つなので、タンパク質やカルシウム、各種ビタミンなど不足している栄養素を積極的に補給するのも予防には大切です。

「ささくれ」が発生する原因と適切な対処法は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事