市販のリンスに含まれている成分はどんなもの?

市販のリンスに含まれている成分はどんなもの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

85

髪のダメージ補修をしてくれるリンスですが、その中に含まれる成分にはどのようなものがあるのでしょうか?また、最近はリンスではなくコンディショナーという言葉が使われていますが、この2つはどう違うのでしょうか?リンスについての気になるあれこれを徹底解剖します。

  • リンスの役割とコンディショナーとの違い

  • リンスの役割とコンディショナーとの違い
  • シャンプーは髪や頭皮の汚れを除去して、発毛や育毛のために必要な土台を整えると言う役割があります。

    一方のリンスには、髪のダメージを補修すると言う役割があります。

    ところで髪のダメージを補修すると言うと、コンディショナーやトリートメントの存在を思い浮かべる人も多いかもしれません。

    ではリンスとコンディショナー、トリートメントの間にはどのような違いがあるのかと言うと、シャンプーの後に使用すると言う点では共通しています。

    また髪の表面を保護すると言う点でも共通していますが、詳細に見ていくと、コンディショナーやトリートメントは、よりリンスよりも浸透力が高く、髪の内側からダメージ補修に働きかける作用が高いと言う違いがあると言うのが一般的です。

    ですから、よりダメージケアに特化したいと言う場合は、コンディショナーなどを利用した方が良いと言えます。た

    だ最近では、ダメージ補修力が高いリンスも市販されていることが多くなってきています。
  • リンスの使用法で気をつけたい点とは

  • リンスの使用法で気をつけたい点とは
  • リンスに限らず、コンディショナーやトリートメントにも言えることですが、これらはあくまでも頭髪に対して働きかけるものです。

    よって頭皮につけて使用すると言うのは、基本的には誤りです。

    頭皮ケアにも注目が集まっている現在では、中には頭皮につけて使用するものもあります。

    ですがそうしたことが明記されていない商品の中には、頭皮に触れることで刺激やダメージが発生するものもあります。

    すると頭皮の環境が悪化してしまい、発毛や育毛に影響が出てくる恐れもあります。

    ですから頭髪にのみつけるようにして、できるだけ頭皮につかないようにすることに気をつけたいです。

    またたとえ髪であっても、すすぎ残しがあるとそれらが頭皮や髪に悪影響を及ぼすことも懸念されます。

    ですから頭皮、頭髪においてはしっかりとすすぐことを意識し、またすすいだ後には背中などに流れることも考えられますから、それについても丁寧に洗い流すことが求められます。
  • 市販のリンスに多く含まれる成分の役割とは

  • 市販のリンスに多く含まれる成分の役割とは
  • 市販されているリンスに含まれている成分は、様々な役割を期待されているために配合されているものです。

    では、どのような役割が期待されているかと言うと、まずはきしみを少なくして、静電気の発生を抑制する役割です。

    きしみがあると洗い上がりの髪の指通りも悪くなり、結果として静電気も発生しやすくなってしまうため、これを防ぐために有効なものが配合されていると言うことです。

    それから髪を保護する役割で、これはリンスに求められるいちばんの役割だと言えます。

    更に髪に油分を与える役割を期待され、配合されているものもあります。

    髪の潤いと言うと水分を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、髪に限らず、潤いを保持するためには水分と共に油分も欠かせないものです。

    そして製品としての品質を安定させるための役割、あるいは特徴づけの役割が任せられているものもあります。

    これらは必要最低限は必要ですが、あまり過剰になり過ぎるとむしろ頭髪に負担がかかることもあるので気をつけたいです。
  • 市販のリンスの代表的な成分

  • 市販のリンスの代表的な成分
  • 先に述べたような役割を果たすために、市販されているリンスにはどのようなものが多く含まれているかと言うことです。

    まずきしみを少なくして、髪を補修するためには界面活性剤やコンディショニング成分が代表的なものとしては挙げられます。

    より具体的な名称を挙げると、タンパク質誘導体やアミノ酸、シリコンなどが挙げられます。

    タンパク質やアミノ酸は頭髪の元となっている成分ですから、これを補うことは髪の健康を維持するためにはとても効果的なことです。

    また人体にも存在しているものですか、化学的なものに比べると頭髪や頭皮に対する負担が少ないと言うのも嬉しい点です。

    毛髪保護のためには多価アルコールや多糖類が配合されていることもあります。

    それから油分を与えるためには、天然油剤として馬油やあんず油などが配合されていることも多くあります。

    勿論、化学的に作られた油分が配合されていることもありますが、これらの天然油剤の方が刺激は少ないです。

    それから品質保持のための防腐剤、特徴づけのための香料としてのパラベン、安息香酸が挙げられます。
  • 市販のリンスに含まれる成分の安全性とは

  • 市販のリンスに含まれる成分の安全性とは
  • 市販されているリンスと言っても、その価格帯や目指すところは千差万別です。

    そして価格帯が安いもの、あるいはサロンなどではなくドラッグストアで市販されているものなどに対しては、安全性が心配と言う方も多いかもしれません。

    確かに先にも述べたとおり、必要最低限の量でよいもの、防腐剤や香料があまりにも多く配合されているものは、安全性の前に、髪を補修すると言う本来の役割を見失っていると言うことができるかもしれません。

    ですがこれらはやはり必要なものです。

    また安全に関しては、現在は昔以上に配慮がされていますし、それらに対する研究も進化しています。

    そしてより負担の少ない、安全性が高いものを生み出すための技術と言うのも進歩していますから、それほど心配する必要はないと言うことができます。

    ただし合う、合わないと言うのはありますし、肌が弱い人、敏感な人は、やはり安全性によりこだわる必要はあります。

    心配な人は、皮膚科医などに相談しながら製品を選んでいくと良いです。
市販のリンスに含まれている成分はどんなもの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-
Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事