市販のリンスとクエン酸リンス、髪に良いのはどっち?

市販のリンスとクエン酸リンス、髪に良いのはどっち?

Thumb?1414295452 muah♪さん

439

ダメージヘアにお悩みの方など、髪に気を遣う女性はヘアケア商品も髪に良いものを選んでいます。しかし、最近では界面活性剤が含まれるヘアケア商品を避け、ノンシリコンを使用したり、ヘアケア商品手作りする方が増えてきています。では、髪にいいのは一体どちらなのでしょうか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 髪の毛に良いシャンプー・リンスとは?
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスがおすすめ
  • 安全性の高い成分です
  • 簡単に作ることができる
  • 髪の毛のトラブルを解消
  • 髪の毛に良いシャンプー・リンスとは?

  • 髪の毛に良いシャンプー・リンスとは?
  • 少しでも髪の毛に良いシャンプーやリンスを使いたいと思っている女性は少なくありません。

    市販のシャンプーやリンスには界面活性剤が使われていることが多いです。

    これは本来なら混ざらないものの性質を変化させ、混ざり合うようにするために使われている物質です。

    水と油はもともと混ざらないものなのですが、界面活性剤を使うことで水と油を混ぜることができるのです。

    ちなみに、界面活性剤は自然界に存在している物質で人工的に作られたものがあります。

    合成界面活性剤はさまざまなものに使われており、汚れを落とす効果や泡立ちを良くする効果などがあるため、洗剤や化粧品などにも配合されています。

    界面活性剤が入っているから良くないということではありませんが、界面活性剤は体内に侵入しやすいですし、髪の毛や肌のバリア機能を壊してしまうことがあるのです。

    クエン酸というのは果物の柑橘類や梅干しなどに含まれる成分であり、酸性なのでアルカリの性質を持つものと相性が良くなっています。
  • 石鹸シャンプー+クエン酸リンスがおすすめ


  • 界面活性剤の入っていないシャンプーの中でも石鹸シャンプーが注目されています。

    しかし、石鹸シャンプーを使うと髪の毛がアルカリ性にかたむいてしまうため、髪の毛がきしみやすいと言われています。

    そこでおすすめなのが、石鹸シャンプーで洗った後に酸性のクエン酸リンスを使うことです。

    クエン酸リンスを使うことで、髪の毛を中性に戻すことができるでしょう。

    また、このリンスにはキューティクルを引き締めるという効果もあるということです。

    シャンプーを使って毎日頭を洗っている人も多いでしょう。

    しかし、髪の毛のキューティクルというのは濡れると開いてしまいますし、そのままでは髪の毛の内部の水分や栄養が流れ出てしまいます。

    そのためシャンプーを使った後はしっかりとキューティクルを引き締めることがポイントです。

    クエン酸という成分には細胞の活動を促進するという作用もあるため、ダメージを受けた髪の毛を修復することができるでしょう。

    乾燥しやすい頭皮の潤いを守ってくれますし、髪の毛のきしみを改善して指通りを良くする効果も期待できます。
  • 安全性の高い成分です

  • 安全性の高い成分です
  • ちなみに、クエン酸は食品添加物として使用されており、安全性が高いので安心して髪の毛に使うことができるでしょう。

    市販のシャンプーやリンスの中には泡立ちの良いものも多いです。

    市販の商品で髪の毛を洗った後に泡がたくさん出るのを見て不安に感じたことのある人もいるかもしれません。

    最近では天然素材で作られている商品なども市販されていますが、値段が高くなってしまいます。

    毎日のように使うものですし、あまり値段が高いものだと使い続けることが難しいでしょう。

    おすすめなのは石鹸成分で作られているシャンプーやリンスであり、アルカリ性の石鹸で洗ってから酸性のリンスで化学反応を起こせば問題ありません。

    酸性のリンスは薬局やドラッグストアなどでも市販されていますが、手作りすることもできます。

    材料をシャンプーボトルにそのまま入れると口の部分にくっついてしまうこともあるため、先にボウルや洗面器などで混ぜてからボトルに入れた方が良いでしょう。
  • 簡単に作ることができる


  • 必要なのはクエン酸とグリセリン、水だけであり、好みでアロマオイルを入れても良いでしょう。

    少量ずつ作って使い切る場合は浄水でも良いのですが、長く使いたい場合は塩素の入っている水道水を使っても問題ありません。

    作り方としては全ての材料を合わせ、泡だて器などでしっかりかき混ぜてボトルに入れるだけなので簡単です。

    このリンスは酸性ということでそのまま使うと刺激が強いこともあります。

    頭皮に合わないと感じたら使用を中止する方が無難です。

    まずは洗面器にお湯を3分の1くらい入れましょう。

    その中にリンスを5~10プッシュ程度入れ、髪の毛を洗面器の中に入れて馴染ませていくことがポイントです。

    そして洗面器に残った液を髪に振りかけ、しっかり揉みこんだらお湯で軽くすすぎましょう。

    リンスの前には石鹸シャンプーや固形石鹸などで髪の毛を洗うのがおすすめです。

    固形石鹸は泡立ちが良いですし、気持ちよく洗うことができるでしょう。
  • 髪の毛のトラブルを解消

  • 髪の毛のトラブルを解消
  • 石鹸でアルカリ性に傾いた髪の毛をリンスで酸性に近づけ、中和させることで髪の毛の指通りを良くすることができるのです。

    また、石鹸で洗った髪の毛を中和させることにより、排水に流れ込む石鹸成分も中和されますし、環境への配慮にも繋がるでしょう。

    最近ではリン酢というのも注目を集めていますが、匂いが気になる場合はクエン酸の方が使いやすいです。

    グリセリンは髪の毛をしっとりさせる効果があります。

    しかし、たくさん入れると髪の毛が硬くなってしまうので注意しましょう。

    酸性のリンスは使い始めは髪の毛が慣れていないため、きしみを感じることもあります。

    しかし、使っているうちに髪の毛が健康になりますし、自然なツヤを取り戻すことができるでしょう。

    頭皮にも環境にも優しいということで試してみるのがおすすめです。

    髪の毛が健康になることで抜け毛や枝毛を減らすことができますし、頭皮の臭いを解消する効果も期待できます。
市販のリンスとクエン酸リンス、髪に良いのはどっち?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事