薄毛にとって、リンスの育毛効果はあるの?

薄毛にとって、リンスの育毛効果はあるの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

247

一昔前は、薄毛や脱毛症というと男性が抱える悩みというのが常識でしたが、最近は女性の方も薄毛に悩んでいる方も増えています。薄毛になってしまった時のヘアケアですが、シャンプー後のリンスに育毛効果はあるのでしょうか?正しいヘアケアの知識をつけて薄毛を抑制していきましょう!

  • 薄毛の原因と、リンスの育毛効果とは?

  • 薄毛の原因と、リンスの育毛効果とは?
  • 薄毛の主な原因は、“ストレス”や“寝不足”による頭皮の血行不良や、食生活の欧米化により脂肪分の多い食べ物をよく食べる事によって、頭皮の毛穴に脂肪分が詰まって頭髪の成長を妨げてしまう事です。

    また男性型脱毛症(AGA)では遺伝的な原因や男性ホルモンが影響していると言われています。

    そんな悩める薄毛に対しては育毛シャンプーやトニックが人気になっていますが、そもそもシャンプー後のリンスは育毛効果があるのでしょうか。

    ヘアケアの正しい知識が持ち、いつまでも若々しく艶やかな頭髪を目指していきたいものです。
  • リンスは、なぜシャンプー後に使用するの?

  • リンスは、なぜシャンプー後に使用するの?
  • では、何故シャンプー後に使用するのかと言うと、まず、英語での意味は「すすぐ」で、昔のシャンプーは石鹸の様にアルカリ性であった為に、弱酸性の髪の毛や頭皮とは相性が良くありませんでした。

    アルカリ性で相性が良くない為に、シャンプー後は頭髪のキューティクルが壊れてしまい頭髪がゴワゴワでパサパサになったり固くなってしまうだけでなく、艶まで無くなってしまうのです。

    シャンプーで汚れは落としても髪の質が悪くなってしまう対策として、酸性の水ですすいで中和していたのが始まりなのです。

    ちなみに石鹸で洗髪していた頃には、酢ですすいでいたとも言われています。

    酢の臭いは想像するだけでも大変だと思いますが、時代が進むにつれてアルカリ性を中和する為の専用液としてリンスが登場しました。

    似たようなものでトリートメントやコンディショナーもあり、実際に何が違うのか分からない方も多いので、こちらの違いも理解するとよりヘアケアで健康な頭髪を維持する事が出来ます。
  • トリートメントとリンスの違いは?

  • トリートメントとリンスの違いは?
  • トリートメントやコンディショナーもシャンプー後に使用するのですが、実際に何が違うのでしょうか。

    まずリンスですが、主成分は「カチオン界面活性剤」で、乳化剤やPPTにNMFや油脂類などで髪の毛を安定させる為にコーティングする成分が多く含まれています。

    シャンプー後に塗布してすぐに洗い流す為に頭髪の周りに成分が付着して、頭髪を保護してくれます。

    トリートメントは英語で「調節する」と言う意味があり、リンスよりも濃度が濃く塗布してから少し時間を置いたり、美容室では遠赤外線を利用し温め、有効な成分を頭髪の内部まで浸透させる為にリンスよりもより効果が高いのです。

    またコンディショナーは英語で「手当て、治療」と言う意味があり、頭髪に対してより有効成分が多く頭髪の内部にまでタンパク質成分が浸透して、シャンプーだけでなく紫外線や乾燥など外気でダメージを受けた頭髪に栄養を与えて回復させる効果があります。

    いずれも頭髪の乾燥を防ぐ為に油分が多い為に、使用方法を間違えると育毛効果を妨げてしまいます。
  • リンスが育毛効果を妨げてしまう理由とは?

  • リンスが育毛効果を妨げてしまう理由とは?
  • このようなヘアケア成分が育毛に悪影響を及ぼす理由としては、やはり主成分である界面活性剤や油脂類が頭皮の毛穴を塞いでしまうのです。

    せっかくシャンプーで毛穴の汚れや油分を洗い流したのに、リンスやトリートメントなどで再び毛穴を塞いでしまうと、健康な頭髪の成長を邪魔してしまいますし毛穴に残った成分に雑菌が繁殖して炎症を起こしたり、フケやかゆみの原因ともなってしまうのです。

    リンスやトリートメントにコンディショナーはそもそも髪質の健康を維持する為のアイテムであって、育毛に関してのメリットはあまりない事が分かりますが、薄毛の悩みを持つ方にとっては髪の質も大事な事なので、ヘアケアは欠かせない物となっています。

    確かに、頭皮にはあまりいい影響のない物なのですが、使用方法を正しくすれば頭皮に悪影響を及ぼす事も無く、健康的な髪質を維持して艶やかな頭髪を手に入れる事が出来るので、正しい使用方法を理解するのが得策です。
  • 育毛効果を邪魔しない使用方法とは?

  • 育毛効果を邪魔しない使用方法とは?
  • まず、シャンプー後に使用する時によくやりがちな事の中で一番多いのは、頭髪に付ける時に頭皮にも付けてしまう事です。

    これではせっかくシャンプーしたのに毛穴が塞がれてしまうので、頭皮に付着しない様に頭髪にだけ塗布するよう心掛ける事が大切です。

    次にありがちなのが、使用する量が多すぎる事で、髪の毛の短い男性の場合は1円玉分ぐらいの量で充分なのです。

    使用量が多いと頭皮に付着しない様に気を付けていても知らない間に垂れてしまったりで、頭皮に付着してしまうので、使用量も気を付けましょう。

    そして肝心なのがしっかり洗い流す事で、仮に頭皮にリンス成分が付着してしまっても十分にすすぐ事で成分を流す事が肝心です。

    十分に流すと頭髪に付着した成分も一緒に流れてしまうと心配する方も多い為に、すすぎが十分でなくなってしまうのですが、頭髪に付着した成分は余分な分だけが流されるのであって有効成分はしっかりと付着しているので、頭皮の事を考えてしっかりとすすぎましょう。

    こういった面を守っていけば育毛を邪魔する事なく、健康な髪質を手に入れる事が出来ます。
薄毛にとって、リンスの育毛効果はあるの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAの対策・治療のための総合研究サイト
解決方法を見つけたいなら

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事