リンスではダメージ補修が出来ない?効果的な方法は?

リンスではダメージ補修が出来ない?効果的な方法は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

350

ダメージ補修をしたいとき、シャンプー後のリンスのみでケアしていませんか?
リンスやコンディショナーの役割は汚れを落とした髪にコーティングを施すことですので、ダメージ補修は不可能なのです。
では、効果的なダメージ補修の方法とはどのような方法でしょうか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • リンスではダメージ補修ができないのか

  • リンスではダメージ補修ができないのか
  • 効果的なダメージ補修の方法は、ヘアパックになります。

    ヘアパックの気になる効果は、始めに、シャンプーは頭皮の汚れや一日の生活の中で付いてしまった汚れや汗を除去するものになります。

    シャンプーも一日一回が目安です、シャンプーのやりすぎは痛みの原因になってしまいます。

    そして、リンスやコンディショナーはシャンプーをして、汚れを落とした髪にコーティングを施してくれます。

    ですから、リンスやコンディショナーでは髪の傷みを直す事は不可能になります。

    髪のダメージを直すにはリンスやコンディショナーの後にヘアパックをする事が効果的な方法になります。

    トリートメントもヘアパックと同じ効果があるのですが、ヘアパックの方が保湿効果が高いため、おススメです。

    やり方は、ヘアパックの有効成分を浸透させるためによくシャンプーを泡立てて、洗い流し、ごしごし洗う行為は、髪の傷みの原因になりまうすので良く泡立てたシャンプーで洗う事がポイントになります。

    洗い流しは、ぬるま湯で流し残しがないようにしましょう。

    終わったら、水気を軽くふき取りヘアパックを付けて5分ほど置きましょう。
  • ダメージ補修の基本的なこと

  • ダメージ補修の基本的なこと
  • リンスや、コンディショナーは、ダメージ補修の一つの要素でしかないことをお伝えしましたが、髪を洗う前にもひと手間加えるだけで、ダメージ改善を効率よくしてくれます。

    是非上記に記載した、ヘアパックと一緒に行ってみてください。

    まず、髪を洗う前に、髪が乾いている状態でブラッシングをしましょう。

    ブラッシングは、髪のもつれを取ってくれる効果や、シャンプーの効率を上げるために、ホコリや汚れも落としてくれます。

    摩擦で、髪が痛まないように、優しく行う事がポイントになります。

    また、ブラシではなく、くし派の方は、静電気の起こりにくいものを使うと痛まないです。

    また、ダメージケアのポイントとして、一日一回以上は、ブラッシングする事がいいです、髪につやや、ホコリもとれさらに、頭皮の血行がよくなります。

    また、朝起きた時に、ブラッシングする事も頭皮と髪にとてもいいことです。

    頭皮の血行が良くなると、健康的な髪が伸びてきます。
  • シャンプーは頭皮を洗うもの

  • シャンプーは頭皮を洗うもの
  • シャンプーは髪の毛を洗う物ではなく、頭皮を洗う物になります。

    シャンプーは、良く泡立ててから、頭皮を洗います。

    濡れている髪は痛みやすいので、優しく汚れを落とすイメージで行ってください。

    頭皮をマッサージするように洗うと、頭皮の血行も良くしてくれる効果があります。

    整髪料をつけている方は、二度同じ方法で洗います。

    重要な事は洗い残しがない事になります。

    頭皮トラブルの原因になります。

    シャンプーの後は、リンスかコンデショナーを適量付けてください。

    シャンプーで汚れを落とした髪のコーテイングを施してくれます。

    たっぷりつけたいイメージですが、適量を髪全体にしっかりなじませる事がポイントになります。

    なじませたら、しっかり洗い流してください。

    リンスやコンデショナーも洗い流し残しは頭皮トラブルの原因になります。

    また、臭いの原因にもなります。

    しっかり落とすことが重要です。

    それぞれの役割をしっかり分かって使う事で、悩み改善につながります。
  • 週1~2回のヘアケア

  • 週1~2回のヘアケア
  • 本格的にダメージ補修をやりたい方にお勧めなのが、週1~2回のケアマスクがおすすめです。

    先ほど上記に記載しましたが、リンスやコンディショナーはコーテイングの役割です。

    リンスやコンデショナーを使っただけでは、悩みの解決にはつながりません。

    トリートメント、ヘアパックでケアする事で、ヘアの悩みを改善する事を説明しましたが、ヘアマスクは、そのトリートメントより痛み改善効果がたかいものになります。

    トリートメントと使用方法は同じになりますので、是非、週1~2回程度の使用をおすすめします。

    また、同じ効果のトリートメントは、ヘアマスクを使用する際は使わなくても大丈夫になります。

    ヘアマスクをする事により、髪のつるつる感や、つや、サラサラの指通りを実感する事が出来るとおもいます。

    自分へのご褒美や、リラックスタイムと思って、使用してみてください。

    髪を綺麗に伸ばしている方にもおすすめしたい方法になります。
  • 痛まない乾かしかたとは

  • 痛まない乾かしかたとは
  • 髪を濡れたまま放置する事は絶対にしないでください。

    濡れている状態の髪はとてもデリケートになっていて、痛みやすいです。

    水分を含んでいる髪は、キューティクルがはがれやすく痛みやすい状態にあります。

    また、濡れた状態の髪にブラシを通す行為もNGです。

    乾かし方は、ドライヤーを離した状態で、根本を乾かすようにし、なるべく冷風で乾かしてください。

    長時間同じ場所を乾かしたり、至近距離で乾かすと、痛む原因になりますので、注意してください。

    また、髪の80%かわかしたら、大丈夫です。

    さらに、朝シャンプーするのは、やめたほうがいいです。

    頭皮は夜活動するため、汚れていては、活動を妨げてしまいます。

    夜洗うようにしましょう。

    一度痛んだ髪に毛は綺麗に元通りにはなりません。

    痛んだ場合は、切るしか方法はありません。

    頭皮を綺麗にケアすることで、綺麗な髪が生えてきます。

    ケアを大事にしていきましょう。

    ケアを怠らないことで、綺麗な丈夫な魅力的な髪を手にいれる事ができます。
リンスではダメージ補修が出来ない?効果的な方法は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事