リンスで髪のダメージをケアしよう!

リンスで髪のダメージをケアしよう!

muah♪さん

431

髪のダメージの原因の一つには、洗いすぎなどの間違ったヘアケアで髪の表面を覆うキューティクルが剥がれてしまう、ということがあります。髪はとてもデリケートですので、正しいヘアケアが重要です。
今回は、正しいヘアケアの方法として、リンスの使用法をご紹介します。

この記事は参考になりましたか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ・髪の毛のことを知ろう
  • ・ダメージを受けないように
  • ・手触りがよくなる効果も
  • ・根元に付けないことが重要
  • ・正しいヘアケアできれいな髪の毛へ
  • 髪の毛のことを知ろう

  • 髪の毛のことを知ろう
  • 髪の毛には、キューティクルがあるとは聞いたことがあるかもしれません。

    キューティクルは髪の毛の表面にあり、髪の毛を守る働きをしています。

    本来は、キューティクルによって内側にある水分を蒸発させないようにしたり、外からの刺激から髪の毛を守っています。

    キューティクルがうろこ状となっており、密接に重なり合っている状態が最も望ましいです。

    しかし、ヘアケアを間違うなどでキューティクルがはがれてしまうこともあります。

    そうなると、髪の毛がぱさぱさになったり、硬くなったり、つやがなくなったりしてしまいます。

    髪の毛はとてもデリケートなので、正しい方法で洗髪することも重要です。

    シャンプーをした後の髪の毛は汚れが取れるだけではなく、皮脂も洗い流しているために、かなり無防備な状態です。

    ぬれているのでキューティクルが開いています。

    シャンプーの後にリンスをすることで、髪の毛を守る働きをしてくれるので、髪の毛にとっては大事な存在です。
  • ダメージを受けないように

  • ダメージを受けないように
  • なるべく髪の毛にダメージを与えないように気を付けるようにしてください。

    髪の毛はとてもデリケートだからです。

    シャンプーの後に使うリンスはとても重要な役割を担っています。

    髪の毛には油分が必要ですので皮脂には必要な分量があります。

    しかし、髪の毛を洗うとどうしても皮脂は落ちてしまいます。

    特に、洗浄力が強いシャンプーを使った時は必要以上の皮脂が落ちてしまうので、髪の毛がぱさぱさしてしまうことがあります。

    こういう時は、いち早くリンスでケアしましょう。

    油分が入っているので、洗い流してしまった皮脂の代わりに髪の毛をコーティングしてくれます。

    髪の毛に適度な油分が加わるので、髪の毛の内側にある水分が蒸発するのを防いでくれます。

    だから、これ以上髪の毛が傷まないようにしてくれるというわけです。

    あまりにも髪の毛が短い人は必要ないかもしれませんが、なるべくリンスは使ったほうが良いです。
  • 手触りがよくなる効果も

  • 手触りがよくなる効果も
  • シャンプーだけで済ませてしまうと髪の毛を触ったときにあまり柔らかく感じないでしょう。

    また、ぱさぱさしていますし、硬さを感じてしまうはずです。

    それだけ、シャンプーによって髪の毛に必要な皮脂がなくなっていますし、水分が少なくなっているのでどうしてもパサついてしまいます。

    櫛どおりが悪くなるのも無理はありません。

    キューティクルが開いている状態で乾かしていますから、余計に髪の毛のコンディションが悪くなってしまいます。

    最後にリンスを使って髪の毛に必要な油分を加えることで、各段に手触りがよくなります。

    今では、髪の毛のダメージを修復する成分が入っているリンスもあるので、かなり髪の毛のコンディションが悪いなら中身で選んだほうが良いです。

    そうすれば、より一層髪の毛の状態がよくなります。

    あまりにもごわつきがひどい場合は、1日では難しいかもしれません。

    使い続けていけば、ダメージヘアを改善できるでしょう。
  • 根元に付けないことが重要

  • 根元に付けないことが重要
  • 髪の毛でパサついているところと言えば、毛先です。

    根元の部分は生えたばかりなので、健康的な状態ですが、毛先のほうが生えてから時間が経っていることもあって、コンディションがかなり悪くなっています。

    そもそも根元の部分はパサついていることがあまりないので、リンスの必要がありません。

    それ以上に根元に付けないほうが良い理由があります。

    油分が入っているので、頭皮に油分がつかないようにしたほうが良いからです。

    頭皮には、適度な皮脂があるほうが良いです。

    皮脂によって頭皮を乾燥から守ってくれます。

    しかし、頭皮に必要以上の油分があると、毛穴が詰まってしまうので、頭皮環境が悪化してしまいます。

    すると、薄毛や抜け毛につながってしまいます。

    特に、薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、毛先だけに使うように気を付けてください。

    頭皮についてしまうとより髪の毛の状態が悪くなりかねません。

    なかなかつやつやにならない場合は使い方を見直してみましょう。

-AD-

  • 正しいヘアケアできれいな髪の毛へ

  • 正しいヘアケアできれいな髪の毛へ
  • 正しいヘアケアによって、髪の毛のコンディションは変わってしまいます。

    薄毛や抜け毛にも効果があります。

    シャンプーするところから見直してみてください。

    頭皮環境を改善することを意識して洗髪すれば、髪の毛が答えてくれます。

    頭皮も髪の毛もとてもデリケートです。

    だから、ダメージヘアに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

    意外と多くの人がヘアケアを間違えていますので、正しい方法を頭に入れてください。

    特に、リンスを根元に付けないで、毛先だけに付けるようにすることは重要です。

    髪の毛全体をつややかにしたい気持ちはわかりますが、特にダメージを受けている毛先だけに使うだけで十分です。

    頭皮の毛穴に油分が詰まることがなくなれば、髪の毛にハリやコシ、ツヤが出るようになります。

    洗髪の見直しだけでは難しいようなら、ひどい部分の髪の毛を切るなどする必要がありますが、その前に自分で毎日正しくヘアケアをしましょう。

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事