おでこのニキビの治し方は、洗顔とスキンケアが重要です!

おでこのニキビの治し方は、洗顔とスキンケアが重要です!

Thumb?1414295452 muah♪さん

24

おでこは顔の中でも最も皮脂の分泌量が多い部分で、ニキビができやすい部分でもあります。
原因は余分な皮脂や雑菌の繁殖ですのでそれらの原因を除去する治し方で、改善させていくことが出来ます。

  • おでこのニキビの原因と対策とは

  • おでこのニキビの原因と対策とは
  • おでこにニキビができやすいのは、過剰に分泌される皮脂が原因と考えられています。

    思春期になると性腺刺激ホルモンの活動が活発になり、男女ともに皮脂の分泌量が急激に増えます。すると毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしやすくなるため、おでこや鼻などのTゾーンには症状が出やすくなります。

    おでこは前髪で刺激されやすい部分で、脂っぽい髪の毛が常におでこに触っている状態では症状の悪化につながることがあります。頭皮はTゾーン同様に皮脂の分泌量が多い部分ですので、おでこのにできるニキビは前髪が原因となっているケースも多く、こめかみも同様です。

    チョコやナッツを食べ過ぎると肌トラブルの原因になるといわれていますが、これは科学的に証明されているわけではなく、あくまでその傾向にあるといわれていますので、食べ過ぎなければ食べてはいけないという事ではありません。

    脂っぽい食べ物やジャンクフードなども肌の状態を悪くするといわれていますが、これは体内の活性酸素がふえるといった間接的な影響が考えられますが、何かを食べて急激にニキビの症状が悪化するということはありませんので、食べ物にはそれほど神経質になる必要はありません。
  • 原因となる皮脂を除去する為に

  • おでこのにきびが治らない方で、思春期を過ぎている場合はアダルトニキビにカテゴリー分けされますので、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなどが原因でできているケースがあります。

    女性の思春期を過ぎた症状には、ホルモンのアンバランスが疑われますので、あまりひどい場合はホルモン療法の対象となることもあります。

    おでこだけに限らずニキビの治し方で重要なのが余分な皮脂を除去するための洗顔です。洗顔は毛穴の汚れをすっきり落とし、角質を除去するなどの働きがあります野で、肌に合った洗顔料を使って少なくても朝晩2回は洗顔を行いましょう。

    どのような洗顔料を選べば良いのかについては肌質によって異なりますが、大人の場合あまり脱脂力の強い洗顔料を使うと乾燥を助長してしまうことがあります。大人のニキビ肌は意外にも乾燥肌ということが多く、皮脂が多いのに水分が足りていない肌質の場合がほとんどです。

    この肌質はオイリードライと呼ばれ、水分量が足りていないため余分に皮脂が分泌されてしまう肌質ですので、肌の潤いを奪いすぎないマイルドな洗顔料をしっかりと泡立てて顔を洗うことがポイントです、その際、しっかりきめ細かい泡をたてるのが重要です。
  • 洗顔を重視して、美しい肌に

  • おでこにニキビが出来ていると、ついつい気になってしまい指でつぶしたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

    しかし、つぶしてしまうと色素沈着やクレーター状の跡になってしまうこともあり、真皮が深くまで傷ついてしまいますので絶対につぶさないようにしましょう。

    症状が出ているときは指で触らず清潔を保つことが重要です。清潔を保つとは洗顔料でしっかりと余分な皮脂を除去することですが、洗顔後は保湿化粧水でしっかりと保湿をすることが必要です。水分が足りていないと皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、洗顔後は速やかに保湿しましょう。

    洗顔に使う洗顔料は石鹸タイプやフォームタイプなどがありますが、保湿成分が配合されているマイルドなタイプが適しています。たっぷりと泡をたてるのが重要ですが、あわ立てが苦手な方は、泡立てネットが販売されていますのでそれを使ってきめ細かい泡をつくって洗いましょう。

    最近人気のニキビの治し方としては、クレイ系の洗顔料で顔を洗う事です。天然クレイには皮脂や余分な汚れを吸着する働きがあるため、毎日使っていると症状が出にくくなり、毛穴の黒ずみも解消されたという口コミもあります。
  • 様々なニキビの治し方について

  • 今できているおでこのニキビの治し方は、皮膚科を受診し、適切な薬を処方してもらう方法があります。

    症状によって処方される薬のタイプはいくつかありますが、最近ではターンオーバーを促し炎症を速やかに解消できる医薬品がありますので、多くの方の症状が医師に処方される薬で解消されています。

    皮膚科を受診すると、外用薬以外にも抗生物質や漢方薬などを処方してもらえることがあり、これが症状の改善に役立つこともあります。

    皮膚科を受診すると、大抵の場合は洗顔の指導をしてもらえます。場合によってはおすすめの洗顔料や洗顔せっけんのサンプルをもらえますので、正しい洗顔の指導を受けましょう。

    洗顔やスキンケアで症状が改善しない場合は、皮膚科の薬を塗るのが跡を残さずきれいに治すには近道です。しかし、皮膚科の薬を塗っていても肌が不潔な状態では効果が半減してしまいますので、毎日の洗顔で肌を清潔に保つのを忘れないようにしましょう。

    ホルモンバランスの改善もニキビの治し方には重要な要素ですので、生理不順や冷えがある方は婦人科で子宮に異常がないかどうか検査したり、ホルモン由来のにきびが疑われる方は血液検査でホルモン値をはかる治療法もあります。
  • おでこのニキビの正しい治し方と予防法

  • 現在出来ているおでこのニキビは、治すことも重要ですが新しくおでこに症状が出ないように気を付けるのもポイントです。

    新しくおでこに症状が出ないようにするためには、ストレスをためず、ニキビを触ったり前髪が触れるといったことを避けるようにしましょう。

    ニキビの治し方でストレズは大敵ですので、なるべくストレスのない生活を心がけ、リフレッシュできる時間を意識して作るのもポイントです。眠る時間は自律神経とかかわりがあり、ホルモンバランスを左右しますので、夜は早めに就寝し、朝日を浴びるといった基本的習慣も重要です。

    ニキビの治し方で気を付けたいポイントは、枕カバーや寝具といった直接肌に触れるファブリック類です。皮脂で汚れがちな枕カバーや布団カバーは、こまめに洗濯してきれいなものを使うようにしましょう。

    枕カバーや布団カバーをたくさん用意するのが大変な場合は、大判のタオルで代用できます。できるだけ毎日交換したほうが、肌の状態を清潔に保つことが出来ます。寝ている間もおでこに髪の毛が触らないように、ヘアピンなどを使って上手に髪が束に工夫をしましょう。

    おでこは皮脂が出やすい部分ですので、ファンデーションなどでニキビを隠してもすぐに崩れてしまいます。ファンデーションの油脂も症状を悪化させますので、フェイスパウダー程度のお化粧が適しています。
  • 簡単なケアで肌トラブルを解消

  • ニキビの中でもおでこは最も症状が出やすい部分で、悩まされる方の多い部位です。治し方で重要なポイントは清潔を保つことと、患部を沢ない事です。

    毎日の洗顔で余分な皮脂を除去し、雑菌が繁殖しないように注意することも重要です。

    前髪をおろした髪型の場合、前髪が刺激とない症状を悪化させることがあります。できればおでこに前髪がかからないような髪型をするのが好ましいですが、難しい場合は家にいる時にはできるだけおでこにかからないよう髪型の工夫をするのが得策です。

    おでこの症状はストレスは寝不足、ホルモンバランスの乱れなどによっておこることもありますので、早寝早起きやバランスの良い食生活、ストレスのない生活を心がけるのもポイントとなります。

    おでこの症状が気になって指でいじってしまったり触ってしまうとつぶれて真皮が深く傷つき、色素沈着やクレーター状の跡になることがありますので、絶対に沢無いようにしましょう。やむを得ずお化粧する必要がある時も脂っぽいファンデーションを使わず、フェイスパウダー程度にとどめましょう。

    おでこは頬やあごに比べて比較的症状がでやすい一方で、適切なケアをしていれば治りやすい部分でもありますので、適切なケアを心がけて美肌をめざしましょう。
おでこのニキビの治し方は、洗顔とスキンケアが重要です!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事