尿トラブルと呼ばれる症状はどんな原因から発生するの?

尿トラブルと呼ばれる症状はどんな原因から発生するの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

109

尿に関する悩みは年齢問わずに、ある日突然起きるものです。何しろ悩みが悩みだけに、相談できる相手もいなくて一人で我慢している人も少なくないでしょう。そんな方に、アドバイスと普段から気を付けるべき注意点をご紹介します。

  • 尿トラブルってそもそもどういう意味?

  • 尿トラブルってそもそもどういう意味?
  • 尿トラブルとは、頻尿や尿漏れ膀胱炎などの尿に関するすべてのトラブルの総称です。

    くしゃみや重い物をもって力の入った時に、軽い尿漏れを起こしてしまう。

    夜中にトイレに何度も起きてしまう、排尿の時に痛みが感じられる、残尿感がある。

    頻尿や尿漏れ膀胱炎これら全て尿に関わる病気が、尿トラブルと呼ばれるものです。
  • こういったトラブルの原因って?

  • こういったトラブルの原因って?
  • 頻尿や尿漏れ膀胱炎など、ひとまとめにされてしまうこともありますが、また一つの症状から別の症状が派生していることもありますが、元は別々の病気です。

    なので原因もそれぞれ違うわけですが、主な原因を軽く述べてみましょう。

    頻尿の場合、過活動膀胱による頻繁な尿意が原因の場合と、骨盤底筋が緩んだことが原因の場合があります。

    どちらも尿漏れと通じてしまいますので、逆を言えば尿漏れの原因はこれら頻尿だと言ってもよいでしょう。

    ただし、精神的に「トイレに間に合わないかもしれない」と自分を追い詰めた結果の、気持ち的な物からくる頻尿は尿漏れにはつながりません。

    あくまでもこの場合は、精神的に追い詰められた尿意ですので、尿自体が殆ど膀胱に溜まっていない場合が多いのです。

    膀胱炎の場合は、膀胱内に菌が入ることによって引き起こされる病気です。

    こちらの場合は頻尿に加えて、残尿感や傷みも伴います。
    冷えや尿意の我慢のし過ぎなどで、膀胱内に菌が繁殖してしまうことが原因に上げられますが、不潔な性行為などで菌が入ることもありますので、そちらにも注意が必要です。
  • 尿トラブルは改善できる?

  • 尿トラブルは改善できる?
  • 過活動膀胱による頻尿や、骨盤底筋のゆるみなどが原因の場合の改善方法としては、その筋肉を鍛えるエクササイズを実行することなども視野に入れてみましょう。

    特に加齢による筋力の低下が原因の場合、筋トレで改善されることが望ましいです。

    また気持ちからくる精神的な頻尿の場合は、自分の気持ちと向き合っているうちに、落ち着きを取り戻すことも可能です。

    例えば、トイレに行きたいと発作的に思った時に、「30分前に行ったばかりだから落ち着いて!」、などと自分に対して言い聞かせるわけです。

    ただし、膀胱炎が原因での頻尿や排尿トラブルの場合は、自分で気を付けることも出来ないではないですが、悪化しないうちに医師の治療を受けることも心得ましょう。

    医師の処方による薬での治療は、特に慢性の膀胱炎の場合にはおすすめになります。

    泌尿器科は敷居が高いと言う方も、しっかりと検査治療を受けて治すことが大事です。
  • 女性に尿トラブルが多い理由

  • 女性に尿トラブルが多い理由
  • 女性に尿トラブルが多い原因としては、まず冷えの問題が上げられます。

    身体の冷えに敏感な女性の場合、冷えることによって頻尿を余儀なくされることも多いのです。

    また、更年期やそれ以外の、女性ホルモンの問題で身体自体のバランスが崩れやすいと言う事もまた事実です。

    それに加えて妊娠出産で、骨盤底筋が弱ったり傷ついたりもしますので、ここもまた大きな原因になります。

    骨盤底筋が緩むと、尿道口をしっかりと閉められなくなってしまいますので、尿漏れの直接の原因になりやすいのです。

    また、先に述べました性行為が原因での膀胱炎、原因である細菌感染の経路ですが、生殖器と尿道口が近いと言う女性の身体は、どうしても感染しやすいというわけです。

    何よりも尿道の部分の長さが短い女性の場合、尿漏れはどうしても男性よりも多くなりがちなのは残念ながらまた事実でもあります。

    この漏れた尿からの二次感染もまた、無いではありませんのでそちらにも注意が必要です。
  • 自己判断は出来るだけ避けましょう

  • 自己判断は出来るだけ避けましょう
  • 何しろデリケートな部分の問題ですので、若い女性などは医師に相談するのも気が引ける方も多いでしょう。

    また友人同士でも、中々こういった問題を相談できる相手と言うのは少ないものです。

    とは言え、デリケートな部分だからこそ、治療法の選び方には気を付けなければなりません。

    ただの頻尿だと思っていたら、実は膀胱炎だった。
    軽い頻尿だから放置しておいたら、尿意が完全にコントロールできなくなった。
    恥ずかしいから医者にも行かず誰にも相談できずに、悪化させてしまった。

    そんなことの無いように、しっかりと自己管理したいものですね。
  • まとめ

  • まとめ
  • 今まで述べてきましたことに心当たりがおありでしたら、医師への相談または生活習慣の見直しなどしてみるのがおすすめです。

    身体の中の毒素を取り除いてくれるシステム、それが排尿です。

    そのクリーンアップシステムの故障は、とりもなおさず体内に毒素を溜め込むことになりかねません。

    症状の軽いうちに、しっかりと治してしまいましょう!
尿トラブルと呼ばれる症状はどんな原因から発生するの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事