尿トラブルの原因は意外なところにもある!

尿トラブルの原因は意外なところにもある!

Thumb?1414295452 muah♪さん

192

まだ若い20代、30代の女性であれば尿トラブルなんて関係ないと思っていることも多いですが、意外なことが原因で起こってしまうこともあるものです。ですから、少しでも尿の状態に違和感を感じたりしたら、自分の体調や体で何か他におかしいところはないか、異変はないかということを考えてみましょう。また、そのおかしいところや異変はいつ頃からなのか、ということも思い返してみましょう。

  • 尿の色に違和感を感じる

  • 尿の色に違和感を感じる
  • 尿というのは健康診断で採取されることもあるほど、病気の早期発見につながるものでもあります。

    また、尿の色を気にすることはあまりないですが、あまりにも色が濃かったり、少し茶色っぽいようであれば注意が必要です。

    風邪をひいている時であればいつもより濃い色の尿が出てしまうことが多いので、風邪が治るとともに解決できることもほとんどなので過度な心配はいりませんが、血が混ざっているような、血尿の可能性がある場合は注意が必要です。

    女性の場合は生理前に血が混ざることもありますし、便秘がちな人であれば痔が原因であることもあります。

    また、妊娠初期の段階であれば、多少不正出血してしまうこともあるので、そういったことが原因で血が混ざってしまうこともあるでしょう。

    ですが、こういった思い当たる原因がなく、何故出血しているのかがわからないような時は、内臓系の病気かもしれないので、早めに病院を受診するようにもしましょう。

    なんでもない出血と病気の出血は素人では判断できないことが多いので、自己判断で大丈夫だと決めつけないようにもしましょう。
  • ストレスによる尿トラブル

  • ストレスによる尿トラブル
  • 人はストレスによって尿漏れしてしまったり、尿トラブルが起きてしまうこともあるものです。

    ストレスや過度の緊張によって尿漏れ・お漏らしをしてしまうことは幼い子供にはよくあることですが、大人の場合でも起こることがあります。

    ですから、自分にストレスや緊張による尿トラブルがあるとわかった時は、うまく緊張やストレスを解く方法を考えましょう。

    心を落ちつかせるおまじないでも良いですし、緊張をほぐすためにポジティブなことを考えるというのも良いでしょう。

    また、自分はお漏らししてしまうダメな人間なのだと自分を戒めないようにもすることが大事です。
    誰にも体のトラブルはあるのだと思いましょう。
  • 性病などにかかっている場合も

  • 性病などにかかっている場合も
  • 性病にかかってしまうことで尿トラブルを起こしてしまうこともありますから、自分の体を普段からいたわってあげるということも必要です。

    性病は性交渉をした相手からうつされてしまうことがほとんどですが、痒みや赤み、痛みなどが発生することが多いです。

    自分の下半身に違和感を感じることでトイレで用を足す時も沁みたり、痛くてうまくできないこともあるものです。

    ですが、性交渉をしていない人でも、おりものなどが原因で痒みや痛みを感じることがあるので、デリケートゾーンはいつも清潔にしておくようにしましょう。

    痛みや痒みが酷い時は市販のクリームなどでは改善できないことも多いので、病院で飲み薬や処方箋などを貰うと良いです。
  • トイレの回数が少ない

  • トイレの回数が少ない
  • 尿トラブルの原因はトイレの回数が少ない、ということもあります。

    もともと水分をあまりとらず、トイレにあまり行かなくても大丈夫だという女性もいますが、まめにトイレに行かないことで膀胱炎にもなりやすくなります。

    膀胱炎になってしまうと薬がないと改善できないことがほとんどですし、用を足したいのに足せない状態が続くというのはとても辛い物です。

    ですからまだ大丈夫だと思っても、トイレの回数が少ない人はまめに行くようにし、回数を増やすようにもしましょう。

    女性は特にトイレに行くタイミングを逃すとそのまま我慢してしまうことにもなってしまうので注意が必要です。
  • たばこやアルコールを楽しむことが多い

  • たばこやアルコールを楽しむことが多い
  • たばこを吸う人というのはたばこに含まれているニコチンの成分が尿に出ますから、とても尿の匂いが苦いような嫌な匂いになります。

    また、アルコールをたくさん飲む人も同様に、尿からお酒くさい匂いがします。

    こうした尿の嫌な匂いはそのままトイレにも残るので、会社などであれば次に使用する人が不快感を感じることもあるでしょう。

    あまりにもたばこの匂いやお酒の匂いが強い人というのは体臭もくさくなるので、尿にまで匂いが出るようであれば控えたほうが良いでしょう。
  • まとめ

  • まとめ
  • 尿トラブルというのは恥ずかしいものですが、尿の状態から体の様々な異変、また病気のことなどがわかります。

    自分の体や健康を管理するという意味でもチェックしておくと良いです。

    また、すぐに元の状態に戻るようであれば心配もないですが、ずっと長く続くような時は我慢せずに早くに病院に向かうことも必要です。

    病院で自分の尿状態を見てもらうことで大事にも至らないこともありますから、何事も早めの対応が必要です。
尿トラブルの原因は意外なところにもある!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事