頻尿とストレスの関係とは?予防・改善方法をご紹介!

頻尿とストレスの関係とは?予防・改善方法をご紹介!

Thumb?1414295452 muah♪さん

241

ストレスが溜まりやすい場合には、頻尿になることもあります。一時的なものなら問題ありませんが、慢性的な状態になると、生活に支障がでることもあるため、原因を知り予防や改善方法を考えていきましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 尿とストレスの関係性とは?
  • 頻尿の原因はストレスが関係する
  • ストレスが関係する頻尿の予防方法は
  • ストレスが関係する頻尿を改善するには
  • ストレスと尿の関係を今一度考える
  • 尿とストレスの関係性とは?

  • 尿とストレスの関係性とは?
  • 仕事や私生活においてストレスを感じやすい場合や悩みなどを抱えてストレスを溜め込みやすいという場合もあります。生活状況によっては、緊張や不安の状態になりやすく、ストレスが溜まりやすいことで、健康面においても悪影響となったり、精神面がやや不安定な状況になることもあります。ストレスは溜め込みすぎてしまうと、精神的な病などにも比較的かかりやすいため、できるだけストレスを解消していくことも重要です。また、ストレスは尿に対しても関係があり、頻尿の原因になることもあります。
  • 頻尿のイメージとしては、高齢になるとトイレに行く回数が増えるイメージがあります。身体的な原因により、頻尿となるケースも多いですが、ストレスなど精神面が影響して頻尿となることもあるため、高齢でないから頻尿にならないというわけではありません。若い世代であっても、仕事や私生活などさまざまな場面において、ストレスを感じてしまうことで、頻尿の症状を引き起こしてしまう可能性もあります。
  • 出典: unsplash.com

  • 一度、自分が頻尿でないかどうか生活状況をチェックしてみるのもいいでしょう。トイレに行く回数が多い場合や、仕事中などもよくトイレに行くという場合、周囲からトイレが近いことを指摘されるような場合などは、頻尿の可能性もあります。それが身体的な原因、もしくは精神的な原因なのかは、自分でトイレが近くなる状況などを考えてみたり、医療機関で診察を受けて診断してもらうなど、頻尿が気になるという場合には、自分でチェックするなり、医師による診断をしてもらいましょう。
  • 頻尿の原因はストレスが関係する

  • 頻尿の原因はストレスが関係する
  • 頻尿がストレスなど原因で起きる場合には、心因性頻尿といわれ、生活のなかで緊張してしまうような状況、不安を感じる状況などにおいて起きてしまう場合があります。

    学校や職場に行くのが嫌で緊張してしまう、テストなどがあるため不安、テストの最中の静まり返った状態で過度に緊張してしまう、職場で性格が合わない人がいて緊張する、会議など人前で発言をすることが苦手で緊張する、お得意先と交渉がありうまくいくか不安など、ストレスを感じる状況はさまざまですが、性格的にストレスを感じやすい方もいます。

    そのため、すべての人に当てはまるわけではなりませんが、このように自分が苦手な状況、嫌な場面などにおいて、過度にストレスを感じてしまうような状況の時に、緊張、不安を感じ頻尿になりやすい傾向もあります。
  • また、学校や職場以外でも、家庭内においても家族間の仲がうまくいっていない場合には、自宅でもストレスを感じることがあり、頻尿につながることもあります。その他にも、頻尿でトイレが近くなるのが不安で、それがさらなる頻尿につながるという悪循環にはまることもあります。

    トイレが近くにない、しばらくの間、自由に行動できない状態でトイレに行けないなど、トイレを意識しすぎることもストレスにつながり、緊張、不安から頻尿につながることもあります。映画館なども上映中は無理をすればトイレに行くことはできるかもしれませんが、上映中にトイレに行くことはなんとなく気がひけてしまうものであり、席をたちにくい状態でもあります。

    そのような状況などもトイレを意識してしまい、頻尿につながることもあります。
  • ストレスが関係する頻尿の予防方法は

  • ストレスが関係する頻尿の予防方法は
  • 心因性頻尿に対しての予防をする方法は、できるだけストレスを解消していくことが大切です。私生活において、また、仕事の職場や学校生活においても誰もがストレスを感じることはあります。しかし、うまく気持ちの切り替えやストレスを軽減、解消していくことで、自分の精神面の安定をはかることにより、予防策にもなるでしょう。

    緊張や不安といった状態が慢性的になると、疲れなども取れにくく、睡眠障害や体にとってもあまりいい影響を与えることがありません。生活リズムが乱れることにもなり、それ以外にも体にとって悪影響となることもあり、健康面においてもいい状態とはいえません。

    できるだけ、精神面においてもリラックスできるように、適度に気分転換をしていくこと、ストレスを解消できるように、自分なりに生活状況を改善していくことが大切です。
  • 出典: unsplash.com

  • 自分が行動して楽しいと思えることや、遊び、趣味、旅行など学校、職場、家庭においても何か悩みがあったり、緊張や不安を感じることがあったとしても、そこから離れたら、思いっきり楽しむということも大切です。気分転換をすることで、ある程度、ストレスの軽減や解消につながるため、自分の精神面のケアをする意味でも、自分が楽しいと思える行動を取ることで、心因性頻尿などの予防策としていきましょう。自分の精神面をケアしていくことで、頻尿以外にも体にとってはいい影響を与え、また、ポジティブな思考を持つことで行動なども活発にそして積極的な行動を取ることもできるようになるでしょう。
  • ストレスが関係する頻尿を改善するには

  • ストレスが関係する頻尿を改善するには
  • 心因性頻尿を改善していくためには、尿に対してできるだけ意識しないということも大切です。頻尿になることで、どうしてもトイレが近い、また、すぐにトイレに行けるように場所を確認してしまったり、トイレに行けない状態になると不安を感じ、尿意をもよおしてしまうという状況に陥ることもあります。しかし、そのように、あまりに尿に対して、トイレに対して過度に意識してしまうことは、頻尿をさらに悪化させてしまうことにもなりかねません。気持ち的には、不安になる気持ちもある程度理解できるものでもありますが、さっき、トイレは済ませたからある程度は大丈夫という心にゆとりを持つことも大切です。
  • また、別のことに意識を向けるということも重要です。外出時などは、なんらかの行動をしていることも多いはずです。

    その状態で尿に対して意識を向けているのでは、肝心の目的のための行動に集中できません。頻尿であることが不安であるため、どうしてもそちらに意識が向きがちですが、別の部分に意識を集中することで、心因性頻尿を改善していくことにつながる場合があります。

    他の事に集中すればトイレが気にならなくなり、尿に対しての意識も薄れます。できるだけそのような状況を作りだし、心因性頻尿の改善を心がけていきましょう。自分の心に余裕を持つこと、そして、尿に対して過度に意識しないこと、別のことに意識を集中していくことで、頻尿の改善を目指していきましょう。
  • ストレスと尿の関係を今一度考える

  • ストレスと尿の関係を今一度考える
  • ストレスは誰しも感じるものであり、うまく折り合いをつけていくことが大切です。また、尿に関しても尿意は誰もが感じるものであり、トイレに行くことは普通なことであり、悪いことではありません。

    自分だけが、異常なのではないか、周囲の人に比べて生活においても、また、トイレが近いなどの悩みを抱えているのも自分だけではないかと、過度に悩んでいる方は、自分以外にも同じような悩みを抱えている方はたくさんいるということをよく覚えておきましょう。

    人はそれぞれ悩みを抱え、さまざまな症状に悩むものです。そのため、自分だけが悩んでいるとは思わず、ストレスや尿の関係を知り、自分なりにその症状に対してうまく対処していくことや、少しでもその症状が改善されるようにはどうしたらいいかを考えてみることも大切です。医療機関を頼るということも、選択肢の一つとして有効です。
  • 出典: unsplash.com

  • 自身の考え方、気持ちなどを整理して、できるだけ緊張や不安を感じる生活状況から少しでも改善できるように、生活状況を見直していくことも必要です。
    少しでも自分の精神面が安定するように、余裕をもってリラックスできる生活状況を、自分なりに作り上げていきましょう。生活をしていればさまざまな出来事があり、緊張や不安を感じるということはあります。ですが、自分なりにきちんと対処していくことでストレスの解消、そして頻尿なども乗り越えていきましょう。
頻尿とストレスの関係とは?予防・改善方法をご紹介!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事