女性の排尿時の痛みの原因とその対処法とは?

女性の排尿時の痛みの原因とその対処法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

436

排尿時に辛い痛みを感じる原因は様々なものが考えられ、男性と女性では原因が異なるケースが少なくありません。痛みは放置せずなるべく早い段階で専門医を受診することが大切です。

出典: weheartit.com

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 男性が排尿時に感じる痛みの主な原因

  • 男性が排尿時に感じる痛みの主な原因
  • 精神的にも肉体的にも疲れがたまると細菌感染を起こしやすくなります。男性の場合、細菌が体内に侵入して腎臓、膀胱、前立腺などに感染して排尿時に痛みを引き起こすことがあります。

    性行為を通じて淋菌やクラミジアなどに感染して性器や尿の通り道に炎症を起こすと、急性尿道炎を起こし、排尿時に焼けつくような熱感のある強い痛みを感じることもあります。

    さらに、比較的若い年代の男性に多いのが尿道から侵入した大腸菌やブドウ球菌が前立腺に感染することで炎症を起こす前立腺炎も排尿時痛を感じる症状を伴います。
  • 初期のころは尿の出初めの時に弱い痛みを感じる程度だったものが徐々に頻尿や残尿感に悩まされるようになったり、症状が進行することで炎症が強くなってくると排尿痛もどんどん激しく強くなり、前立腺肥大へと移行するケースもあります。

    また、男性に多くいみられるのが尿道炎です。性感染症によって尿道が急性の炎症をおこし、尿の出初めの時に強い痛みや黄色い膿が出ることもあります。尿道炎の症状を感じながらも放置してしまうと、最終的には排尿そのものができなくなる尿道狭窄の原因になることもあります。

    近年では手術や検査のためにカテーテルや内視鏡を挿入した時に尿道を傷つけることが原因で起こるケースもあり、常に排尿痛を感じるようになってしまい、やがては尿の出が細くなり最終的にはまったく排尿できなくなるというケースもあります。
  • 女性の排尿痛の原因として考えられること

  • 女性の排尿痛の原因として考えられること
  • 疲れやストレスがたまると男女に関係なく体の免疫力が低下して感染症などにかかりやすくなります。膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こす膀胱炎は圧倒的に女性に多い病気です。

    トイレの頻度が増え、排尿痛を感じたり尿が濁ったり血液が混入した尿が出るなどの症状が現れることがあります。

    急性膀胱炎は女性に多いのですが一度治っても再発しやすく、慢性化してしまうと膀胱内に尿が溜まるだけでも痛みを感じるようになったり、排尿の間ずっと強い排尿痛を感じるようになり、性交時の感染症もその原因として考えられます。
  • また、腎盂や腎臓自体が細菌感染することで起こるのが腎盂腎炎で、排尿が終わる頃や排尿している間ずっと痛みが続くのが特徴で、炎症によって尿内の白血球が増えることで尿に濁りが生じたり、重症化すると高熱や血尿を伴い、悪寒や背中や腰への響くような痛さ、吐き気などの症状が現れます。

    下半身の冷えなどが主な原因として考えられ、特に女性に多く見られます。さらに、クラミジアという細菌による性感染症の性器クラミジア感染症は女性の性感染症の中で最も多い疾患です。

    男性に比べて女性は症状が比較的軽いことが多いのですが、妊婦が罹患すると胎児に重篤な影響を与える危険性があります。淋菌感染症も排尿痛を起こす可能性が高い病気ですが、排尿痛は男性に比べて軽いとはいえ見過ごすと尿道や膀胱へと炎症が広がり、排尿時に痛みを感じるようになります。
  • 女性の下腹部痛で考えられる原因と危険性

  • 女性の下腹部痛で考えられる原因と危険性
  • 女性が下腹部に痛みを感じる時、排尿痛を感じる膀胱炎など以外では女性特有の子宮や卵巣などの病気や月経異常、妊娠や出産の異常が原因として考えられることもあります。

    下腹部の痛みから考えられる主な病気としては子宮筋腫の場合、下腹部痛に加え月経時の経血量が増えたり腰痛や不正性器出血などが起こります。


    子宮内膜炎や子宮筋層炎の場合は下腹部の痛みに加えて不快感や発熱を伴うこともあり、膿性のおりものが見られます。
  • さらに突然起こる強い下腹部痛や膣付近に膨満感がある場合、子宮内反症が疑われ、大量不正出血があり、ショック状態に陥ることもあります。

    その他には発熱や悪寒、ふるえ、吐き気やおう吐などを伴う骨盤腹膜炎、下腹部や腹部の膨満感や便秘、頻尿などをおこしやすい卵巣腫瘍、重度の月経痛や慢性的な骨盤通、性交痛を伴うチョコレート嚢胞などが代表的な婦人科系疾患として考えられます。

    女性が下腹部に痛みを感じる時、消化器系や腎臓系、泌尿器科系などの病気が考えられますが、同時に最も注意したいのが婦人科系の病気です。どんな痛みを感じるか、どれくらいの時間痛みを感じるか、どこの部分が痛むかによって原因が推測されるのですが、人によってその感じ方も異なり単純にこの痛みはこの病気と断定するのは難しいと言えます。

    明らかに排便や排尿異常であるなど以外は、まずは女性の場合は婦人科を受診してみることが大切です。痛みを放置することで不妊などにつながる危険性もあります。
  • 排尿時や下腹部の痛みを感じたときの注意点

  • 排尿時や下腹部の痛みを感じたときの注意点
  • 排尿時に痛みがあることは男性にとっても女性にとってもとても不快感のある辛いものです。排尿時の痛みが異常に強かったり痛みを感じる期間が長期にわたっている場合には、まずは泌尿器科または女性なら婦人科を受診することが必要です。

    そして万一自分のパートナーが性感染症の疑いがある場合、たとえ自分自身には目立った自覚症状を感じることがなくても、感染している可能性は十分に考えられます。感染症から泌尿器科の疾患に発展する可能性もあるため、今はとくに自覚症状がなくても放置することなく専門医の診察を受ける必要があります。

    さらに比較的若い年代の女性に多く発生する膀胱炎は、いったん治癒して症状が落ち着いてからも再発しやすいのが特徴です。
  • 中でも治療を続けていて自覚症状がなくなったからと自己判断して治療を途中でやめてしまえば、さらに再発するリスクは高まります。性感染症にかかった時に再発しやすくなることもあるので、膀胱炎の再発を予防するためには主治医から完治の指示が出るまでは治療を自己判断でやめてしまうことは絶対に避ける必要があります。

    また、疲労やストレスは免疫力を低下させやすいので、睡眠や栄養をたっぷりと摂ることを心がけ、外陰部は常に清潔にするようにして、水分をしっかりと摂取して正常な排尿を促すようにします。また下腹部を冷やさないように心がけることも日々の生活の中でできる予防対策としてとても重要です。
  • 症状は放置せずに医療機関の受診が大切

  • 症状は放置せずに医療機関の受診が大切

    出典: weheartit.com

  • 排尿時に痛みを感じると言っても痛みの原因によって痛さの種類も痛む場所も異なります。さらに同じ疾患が原因だったとしても程度によって痛みの度合いも変わってくるので、どこが痛いからどんな病気と断定することは簡単なことではありません。

    排尿の際の痛みを放置することで症状が悪化すれば、炎症が重症化して痛みもどんどんひどくなると、自力で自然に治癒することは難しくなるばかりでなく、さらに深刻な病気を併発する原因になることも懸念されます。

    排尿のたびに強い痛みを感じることは強いストレスでもあり、精神的にも良いことはまったくありません。性感染症が原因の場合、自分だけでなくパートナーも感染している可能性が高く、お互いに医療機関を受診しなければ完全に治すことが難しいケースも考えられます。
  • たとえ痛みの程度は軽く、最初はただ違和感を感じるだけだとしても自分の体の異変を見逃さず、なるべく早いタイミングで専門の医療機関を受診することが大切です。抗菌薬などの投薬で症状が改善することもあれば、重症になって入院して治療する必要があるケースもあります。

    女性の場合と男性の場合とは排尿時に痛みを感じる原因が異なることも考えられ、尿道の短い女性は膀胱炎にかかる可能性が高く、男性が膀胱炎にかかる場合は別の原因が隠れている可能性が高いとも言われています。

    いずれにしても泌尿器科や婦人科などの専門医をきちんと受診し、原因を特定したうえで完治するまできちんと治療を続けることが大切になります。
女性の排尿時の痛みの原因とその対処法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事