二の腕細見え!腕を細く見せるために効果的な工夫とは!

二の腕細見え!腕を細く見せるために効果的な工夫とは!

Thumb?1414295452 muah♪さん

259

腕を細く見せるために知っておきたいこと
タンクトップや半袖の袖口から伸びるしなやかな細い腕は、女性らしい繊細なシルエットを思わせます。しかし、腕が太くて見せたくないと悩んでいる人も少なくありません。
腕を細くするためにはどうすればよいのでしょう。

  • 太く見える原因は何?

  • 太く見える原因は何?
  • 腕が太く見えてしまう原因の多くは二の腕の肉のたるみにあります。

    理想的な二の腕のサイズは、身長×0.145センチ~0.16センチであると言われており、太っていない160センチの女性の場合、23.2センチ~25.6センチの腕の細さが理想とされます。腕を水平にした状態で一番太い部分をメジャーで測り、その数字をもとにしてダイエットの指針にするのも良いでしょう。

    また、二の腕の周りには、肩や腕全体を動かすための筋肉がついており、どの部分を多く鍛えればよいのかを知っておくことで、効果的に腕を細くすることができます。二の腕の筋肉はアウターマッスルと呼ばれ、鍛えることによって発達し太くなってしまうので注意が必要です。
  • 二の腕を細くするために効果的な運動

  • 二の腕を細くするために効果的な運動
  • ダイエットにはさまざまな方法がありますが、二の腕だけを細くしようと考えると、なかなか難しいものです。普段の日常動作であまり大きな負荷がかかっていない場合、意識的に動かして鍛えることが大切です。

    食事制限や有酸素運動などで細くすることは難しく、腕の筋肉を刺激するためのエクササイズを毎日一定の時間や回数だけ続けて行うようにするとよいでしょう。

    たとえば、二の腕をねじる運動のエクササイズは、呼吸法と組み合わせながら二の腕を大きく動かすことで筋肉に刺激を与え、腕を細くします。このエクササイズを行うと、腕だけではなく肩や肩甲骨を大きく動かすことになるため、その周りの筋肉のこりをほぐし、肩凝り解消にも効果があります。

    さらに、背筋が伸びることによって背中の贅肉太りを解消したり、鎖骨周りのリンパや血流の流れをよくするために、デコルテを美しくしたりバストアップにも効果があると言われています。
  • 腕を細くするためのストレッチも効果的

  • 腕を細くするためのストレッチも効果的
  • 日常的に継続して行うことのできる運動として、エクササイズだけでなくストレッチやマッサージを組み合わせて行うのも良いでしょう。

    二の腕周辺に存在している筋肉は、主にものを持ち上げたり腕を動かすために使われているアウターマッスルと呼ばれる筋肉です。
    アウターマッスルは瞬間的に重いものを持ち上げたり押さえつけたりといった力を発揮する、瞬発力の筋肉です。鍛えれば鍛えるほどに大きくなるため、筋力トレーニングを積み重ねることでかえって太くなってしまうこともあります。

    ストレッチやマッサージは、筋肉を伸ばしたりほぐすことでリンパや血流の流れをよくし、筋肉の周りのこりやむくみを解消します。また、ながらダイエットのように隙間時間でストレッチやマッサージを取り入れることで、気分転換としての効果も得られ、継続しやすくなるでしょう。

    ストレッチを行う際にもじっくりと筋肉が鍛えられるため、効果を感じ始めたら鍛えすぎないように注意も必要です。
  • 日常動作の中で腕を細くする工夫

  • 日常動作の中で腕を細くする工夫
  • さまざまなことが便利になった現代では、家事や移動などの生活動作も体に大きな負荷をかけることなく行うことができるようになりました。

    そのため、意識的に負荷をかけて動作を行わなくては、使わなくなってしまった筋肉の周りには余分な脂肪がつきやすくなってしまっています。

    二の腕が太く見える原因の多くは、手を振った時などに腕の裏側に振袖のようにぶらぶらと肉がついてしまうことによります。二の腕は、腕を曲げたり物を持ち上げるために使われる上腕ニ頭筋と、腕を伸ばしたり押さえつける動作のために使われる上腕三頭筋とで構成されています。振袖のような肉を解消するためには、押さえつける動作や腕を伸ばす動作を多く行うことが効果的です。

    日常動作であれば、重いものを体の前ばかりで持つことを避けたり、拭き掃除を取り入れる、重いものは体の後ろを使って持つように意識する、などの工夫を取り入れるのも良いでしょう。

    買い物袋を持つときには、胸を張って体の後ろに引きながら持つようにすることで、上腕三頭筋を引き締めることができます。
  • 日常的に気をつけておきたいこと

  • 日常的に気をつけておきたいこと
  • 体は、パーツごとによく見ていると太っているようには見えなくても、全体のバランスが崩れてしまっているために大きく見えてしまうこともあります。

    また逆に、部分的に太っているパーツがあったとしても、洋服のコーディネートや選び方を変えるだけで、ほっそりと着痩せして見せたり、太っているパーツを上手に隠すことも可能です。

    たとえば、腕のラインにぴったりと沿うようなシャツやニットは、色や素材によっては特に腕を太く見せてしまうことがあります。肩周りを華やかに飾るフリルのついた洋服や、ゆったりとしたドルマンスリーブは、二の腕の太さを隠しながら体全体の雰囲気を華やかに見せることができるでしょう。

    また、スマートフォンを使いすぎて姿勢が悪くなり、巻き肩になってしまうことによっても二の腕を太くしてしまいます。猫背の姿勢が習慣的になり肩が内側に巻き込まれてしまうと、腕を後ろに動かすことを妨げてしまうため、腕の後ろに脂肪がつきやすくなってしまいます。

    このように、日常的に腕が細く見えなくなってしまう習慣を改め、見直していくことによって、美しいボディラインを手に入れましょう。
二の腕細見え!腕を細く見せるために効果的な工夫とは!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事