知っておこう!二の腕のブツブツを治すための重要なポイントとは?

知っておこう!二の腕のブツブツを治すための重要なポイントとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

51

薄着の季節になりますと、どうしても二の腕を晒さなくてはいけなくなります。ブツブツがある人は、気になってしまい、カーディガンなどで隠す人もいます。ブツブツの原因や予防法を知って、きちんと対策を打ちましょう。

  • なぜ二の腕にブツブツが出来てしまうのか

  • なぜ二の腕にブツブツが出来てしまうのか
  • 二の腕の毛穴が詰まってしまうと、皮膚が盛り上がり、触るとブツブツしたりザラザラするといった症状が出てしまいます。

    実は、これは皮膚疾患の1つであり、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)、または毛孔角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれます。

    自覚症状が無い事が殆どではありますが、稀にかゆみを感じる場合もあります。その時に、勢いよくボリボリと掻いてしまわないように気を付けましょう。

    毛孔性苔癬は、実は、ものすごく一般的な皮膚疾患の1つであり、早い人であれば小学校高学年から発症すると言われています。最も多く発症する年代が思春期で、20代以降になりますと、次第に軽減していき、30代には自然と消えていく事が殆どですが、二の腕に跡が消えずに、残ったままだという人もいます。

    毛孔性苔癬の基本的な原因は、ハッキリとは解明されてはいませんが、遺伝によるものが多いと言われています。毛穴周辺の角質が肥厚してしまい、毛穴を塞ぐことで発生します。

    このように書いてしまいますと、ものすごく大変な皮膚疾患のように思えますが、実は自宅でもきちんとしたケアをすれば治す事が可能です。二の腕が気になる人は、是非自宅でのケアをまずは行ってみましょう。
  • 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)が発症する原因とは

  • 毛孔性苔癬は、実は二の腕だけではなく、お尻や腰、背中などにも症状が出る事があります。人によっては、顔や全身に発症をする事もあり、あまりにも酷い場合には、まずは皮膚科を受診するようにしましょう。

    毛孔性苔癬は、毛穴が硬くなり、盛り上がったような症状を見せますので、一見するとニキビのように見える事もあります。

    発症する原因は様々なものが挙げられますが、両親のどちらかが毛孔性苔癬である場合には、遺伝が原因で発症する事があります。

    それ以外にも、10代から30代の間に、二の腕や背中などに気になるブツブツが発症した場合にも、毛孔性苔癬を疑うと良いでしょう。

    また、毛孔性苔癬はかゆみや痛みを感じる事が殆ど無いために、いつの間にか知らない内に発症をしているという事があります。
    ホルモンバランスの乱れや敏感肌の人なども、なりやすい傾向にありますので、注意が必要です。

    ニキビとは異なり、細菌による炎症が原因ではありませんので、痛みやかゆみを伴う事はありませんが、その代わりに症状が長期間にわたって出続けるという特徴があります。

    正しいケアをすれば治す事が出来ますので、日頃から正しいケアを心掛けましょう。
  • 確実にキレイにしたいならレーザー治療

  • 二の腕の毛孔性苔癬が気になって仕方ない人や、全身に出来てしまって、とにかくキレイにしたいという場合には、美容皮膚科のレーザー治療で治すのが一番です。

    もちろん、1人1人の症状の違いによっては、別の治療方法を勧められる事もありますが、殆どの場合は、レーザー治療で美しい肌を取り戻す事が出来ます。

    毛孔性苔癬は、肌の深い層にまで症状が及んでいるために、ピーリング治療などの、表面的なケアだけでは、上手に治す事が出来ません。根本的なケアが必要になるため、レーザー治療が確実です。

    肌の深部にしっかりと作用して、ブツブツとした皮膚を滑らかな皮膚に入れ替える事が出来れば、キレイな肌になるでしょう。

    ところが、レーザー治療をした後は、肌のバリア機能が落ちている状態になりますので、そのままにしてしまいますと、毛孔性苔癬以外の新しい皮膚トラブルを引き起こす可能性が出てきます。

    施術後は紫外線対策をきちんと行い、色素沈着などを引き起こさないように気を付けましょう。

    また、レーザー治療をした患部に直接刺激を与えないように、衣服にも少し気を遣ってください。二の腕に刺激だけは、絶対に与えないようにして、保湿ケアを心掛けましょう。
  • 自宅で出来る簡単なケアとは

  • 重度の毛孔性苔癬の場合には、当然ですが自宅でケアをしても一向に良くなりませんし、間違ったケアをする事で、症状を悪化させる事があります。

    ですが、軽度であれば自宅のケアでも十分に治す事が出来ます。その場合には、堅くなった角質を落として、毛穴を引き締める効果のある、ビタミンCが効果的だと言えるでしょう。

    ドラッグストアや化粧品コーナーで探す際には、ビタミンCが配合されている化粧水や美容液を選ぶと良いでしょう。

    また、二の腕に出来てしまった毛孔性苔癬は、ニキビと同じで、早く治したいからといって、ゴシゴシと擦ってしまったり、潰して中身を無理やり押し出すようなことをしてしまってはいけません。

    また、二の腕だからと言って、乾燥したままにしてしまいますと、症状が悪化する事もあります。特に乾燥は、皮膚の硬化を速めてしまいますので、悪化すると自宅で治す事は困難になります。

    二の腕のブツブツ対策は、保湿を心掛けて、ビタミンCが効果的ではありますが、まずは自分の症状が重度なのか、自宅で治せるレベルなのかどうかというのを判断するためにも、一度皮膚科に通って、症状をチェックしてもらうようにしましょう。
    そうすれば、確実に二の腕をキレイにする事が出来るでしょう。
  • 二の腕のブツブツを作らないために

  • 二の腕にブツブツが出来てしまう原因には、普段の食生活と保湿、そして角質の除去が欠かせません。

    中でも食生活では、ビタミンCを意識して摂取する事が大切です。ビタミンは、新しい皮膚を作るための手助けをしてくれたり、皮膚を正常に導いてくれる働きがあります。

    若い子どもでも、近年では偏った食生活が目立つようになり、毛孔性苔癬になる子が多くいますので、注意が必要です。

    また、二の腕や気になる箇所に毛孔性苔癬が出来ないためにも、日頃からきちんと保湿対策を行って、ビタミンCを外側からもケアしてあげましょう。

    皮膚が乾燥すると、どうしても角質が硬くなってしまい、毛孔性苔癬になりやすい環境を作り上げてしまいます。角質が少し硬くなってしまったと言う人には、角質除去をする事も大切です。

    ボディースクラブを週に1回程度使って、古い角質を除去してあげる事で、皮膚を滑らかにして、キレイな肌を守る事が出来ます。ボディースクラブを使用する際には、必ずゴシゴシと洗わないで、優しく洗うようにしましょう。

    皮膚を傷付けるような洗い方をしてしまいますと、別の皮膚トラブルを引き起こす可能性が出てきますので、十分に気を付けて下さい。
  • 二の腕のブツブツは正しいケアで治そう

  • 二の腕やお尻など、色んな箇所にブツブツが出来てしまわない為にも、日頃のケアは重要です。

    毛孔性苔癬になってしまった場合には、焦らずにまず、皮膚科に行って、自分の症状がどれくらいのものなのかというのをチェックするようにしましょう。

    二の腕の症状が酷く、自宅で治す事が困難な場合には、レーザー治療を行う事をおすすめします。
    レーザー治療であれば、キレイな肌を取り戻す事が出来ますので、大変おすすめです。

    自宅でも十分に治す事が出来る場合には、ビタミンCを意識して、保湿ケアを行いましょう。また、日頃からの食生活も意識して、バランスを心掛ける事が大切です。炭水化物や脂っこい食べ物ばかりではなく、ビタミンやミネラルを意識すると、二の腕の毛孔性苔癬にも効果的です。

    また、睡眠もきちんと取って、肌の再生を促してあげましょう。不摂生な生活を送ってしまいますと、身体だけではなく、皮膚にも色んな障害が起こります。いくらレーザー治療をしてキレイな二の腕を取り戻したとしても、生活習慣を改善しない限りは、また再発する可能性もありますので、注意が必要です。

    毛孔性苔癬は、正しいケアを行えば、きちんと治す事が出来る皮膚疾患ですので、諦めないようにしましょう。
知っておこう!二の腕のブツブツを治すための重要なポイントとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事