口元にできてしまったニキビは正しいケアで改善!

口元にできてしまったニキビは正しいケアで改善!

Thumb?1414295452 muah♪さん

132

口元や顎にできるニキビは、大人ニキビの代名詞ともいえます。以前は口元や顎になんてできていなかったのに、20代や30代になってから急にできるようになったともよくいわれています。

  • 口元にニキビができる原因

  • 口元にニキビができる原因
  • フェイスラインや口元には、皮脂を分泌するための皮脂腺がとても多く存在しています。Uゾーンや口元などの非常に小さい面積の中に毛穴が密集していることが、ニキビができやすい原因の一つになっています。

    また、髪の毛がかかったり、肘をついたり、男性の場合には髭剃りによってダメージを受けたりと、Uゾーンや口元は特に外からの刺激を受けやすい場所です。
    ただでさえ皮脂の分泌が多いところに、さらに外からの刺激が加わることで肌がダメージを受け、傷つきやすくなります。そこに雑菌が付着することで、炎症を起こし吹き出物ができてしまいます。

    その他にも、ホルモンバランスの影響も口元にニキビができる原因の一つです。
    ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーの周期も乱れてしまいます。それが原因で、ターンオーバーの機能が上手く働かなくなってしまい、古い角質が厚い層となって皮膚の表面に残ってしまいます。
    その結果、皮脂が上手く排出されずに毛穴に溜まってしまう状態になり、それが吹き出物の原因となってしまいます。

    女性の場合はプラスして、生理周期も関係してきます。生理前後にできやすいという場合は、ホルモンバランスの乱れが影響して口元に吹き出物ができている可能性が高いです。
  • 正しい洗顔方法で改善

  • ニキビの改善に大切なのは、洗顔です。

    女性はメイクをすることが多く、その時点ですでに肌へ大きな負担をかけてしまっています。
    一日の最後には、メイクが毛穴に残らないようにしっかりと洗い流してあげることで、口元にできてしまったニキビの改善にも繋がります。

    まず、口元や顎を洗うときに起こりがちなのが洗顔料のすすぎ残しです。普通に顔を洗っているつもりでも、フェイスラインにはあまりすすぎ水がかかっていないため、洗顔料のすすぎ残しという事態を引き起こしてしまいます。
    口元や顎は特に意識をしてすすぎをおこなうようにすれば、洗い残しを防ぐことができます。

    このときに使用する洗顔料も極力、肌への負担が少ない低刺激なものを使うようにするとよいです。
    口元にできてしまったニキビ専用の商品もあるようなので、自分にあった洗顔料を選ぶようにしてください。

    また、いくら疲れているから、眠いからといっても、メイクをしたまま落とさずに寝てしまうことは絶対に避けてください。
    ニキビが悪化してしまうだけではなく、肌も一気に老化してしまいます。なので、長時間のメイクもなるべく避けるようにして、クレンジングの際は口紅など口元のメイクも、きちんと綺麗に汚れを落としてあげることが大切です。
  • 保湿とスキンケアで改善

  • 口元にできたニキビの対策として、洗顔はもちろんとても重要で効果的なものですが、洗顔よりもさらにもっとも重要なのは、洗顔した後の保湿です。

    洗顔後、肌の表面はとても乾燥した状態になっています。乾燥した肌をそのままの状態で放置しておくと、肌を乾燥から守ろうとする機能が働くようになっています。
    その結果、肌は不必要な余分な皮脂を分泌してしまうことになります。

    過剰に分泌されてしまった余分な皮脂によって、せっかく洗顔して肌を清潔に綺麗にしていても、効果がなくなってしまうことになり、逆に口元のニキビが悪化してしまったり、新しいものができやすくなってしまうという悪い結果になりかねません。
    洗顔後は肌が乾燥してしまわないように、化粧水や美容液などを使って肌をしっかりと保湿してあげることが大切です。

    また、口元にニキビが出来てしまっている場合は、使用する化粧品や保湿クリームにも気をつけたほうがよいです。なるべく油分の少ないフェイスパウダーや、パウダーファンデーションを使用し、口紅も極力使用しないようにすれば、口元への負担も抑えることができるため、早めに改善傾向がみられるようになります。

    肌が本来持っている再生能力を弱めてしまわないようなスキンケア用品を選ぶことも重要です。
  • 食生活の見直しで改善

  • 口元のニキビの改善には食生活がとても大切です。脂っこい食事や偏ったものばかり食べている人は、その食生活を見直して、バランスの良い食事を取ることが大切です。

    たとえば暴飲暴食をしたり、胃腸に負担をかけるような食事の取り方をしているという人は、改善していく必要があります。
    就寝直前や真夜中に食事をすることも、消化に悪く負担がかかってしまうので避けるようにします。
    体内に溜まった老廃物がニキビの原因となってしまうこともあるので、便秘になりやすい人は便秘解消に努めることも大切です。

    口元にできるニキビの予防や、肌が荒れるのを防止するためには、ビタミンB群を摂取すると効果的です。
    ビタミンB群は、皮脂の分泌を調整するという働きを持っています。
    うなぎや納豆、レバーや豚肉のはつ、いくら、モロヘイヤなどがこの働きをもった食材の代表なので、日々の食事に少しずつでも取り入れていくようにするとよいです。

    食事だけで取り入れることが難しい場合には、サプリメントなどを上手に組み合わせて、毎日取り入れるようにすると、無理なく摂取することが可能です。

    また、ビタミンは体内に溜めておくことができないため、食事やサプリメントなどを使って、毎日取り入れて補給するようにするとよいです。
  • ストレス発散して改善

  • 口元に出来るニキビの原因は、日頃の生活習慣ととても深く関係しています。

    口元にニキビができる大きな原因としては、ストレスがあげられます。仕事や人間関係、生活習慣などでストレスを感じると、女性であっても男性ホルモンが多く分泌されます。
    男性ホルモンは髭に象徴されるように、口元に作用する特徴があるため、女性であっても口元の皮脂の分泌がより活発になり、吹き出物に結びついてしまいます。

    日々生活をしていると仕事やプライベートなどで、どうしても少なからずストレスは溜まっていってしまいます。知らず知らず、自分でも気付かないようなうちにストレスを抱え込んでいるということも十分ありえます。

    ストレスをまったく感じずに生活するということはなかなか難しいので、溜まってしまったストレスを上手に発散させて、その原因を取り除き口元のニキビを改善させます。

    好きなことをしたり、好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べたり、カラオケや買い物に行ったり、スポーツや読書に励んだり、自分にあった方法でいいのでリフレッシュできる時間をいつもより長めにとるようにして、小まめにストレスを発散させるように心掛けるとよいです。
  • 吹き出物ゼロの美肌へ

  • 口元に吹き出物ができる原因は、ひとことでいえば生活習慣の乱れからきているものです。

    口元にできてしまった吹き出物は、ストレスや便秘、偏った食生活や暴飲暴食、アルコールの取り過ぎや、喫煙、寝不足や血行不良など、なにかしらの不調を訴える、体の中からのSOSのサインだということを、まずはしっかりと受け止めることが大切です。

    口元や顎、フェイスラインにニキビができてしまうと、どうしても気になりますし、とくに口元は、目立つ場所なのにメイクをしても隠しきれず、やっと治ったと思っても、またすぐにできてしまうということが多い場所です。

    口元にできてしまった吹き出物を治すためには、その原因となっている自分の生活習慣やスタイルを知り、改善方法をきちんと考えるということが重要です。規則正しい生活習慣を送ることを心掛ければ、体の中から綺麗になり、しつこい口元のニキビともお別れすることができますし、体の不調を感じることもなくなります。

    それに併せて、毎日正しい洗顔とスキンケアで、しっかりと肌の保湿を心掛けるようにすれば、体の内側からも外側からも綺麗になることができます。

    正しい生活習慣と、正しいスキンケアで誰でも美肌を目指せます。
口元にできてしまったニキビは正しいケアで改善!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事