口の大きさを変えたい!“口を小さく”する為にしてはいけないこととは?

口の大きさを変えたい!“口を小さく”する為にしてはいけないこととは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

2,920

口を小さくしたい、理想の口のサイズにしたいと思っていませんか?そのためには、口を小さくする為にしてはいけないことも知っておかなければいけません。どんなことがしてはいけないことなのでしょうか。メイク法や呼吸法などについてご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 口の大きさに関する悩み
  • 口を小さくする為にしてはいけないこと!
  • 口を小さくするトレーニング
  • バランスの良い大きさは?
  • メイクで小さく見せるには
  • 口の大きさに関する悩み

  • 口の大きさに関する悩み
  • 口の大きさは顔の印象を大きく左右するものですから、大きすぎる、目立ちすぎるなどの理由でお悩みの方も多いでしょう。

    日本では古くから、小さめの口が好まれる傾向がありますが、最近では欧米の影響も受け、厚い唇や大きめの口に憧れる人もいるようです。

    大きな口は情熱的な印象や、開放的な性格をイメージさせるものですが、人によってはやはり、小さめで可愛らしい口に好印象を抱くでしょう。顔の形やその人の性格、雰囲気など総合して、しっくりくる大きさであるのが一番良いかもしれません。
  • 口を小さくする方法には、エクササイズやマッサージといったものがあります。

    どちらも即効性はありませんが、根気よく続けていくことで口を小さくする効果が得られるようです。

    顔のバランスを整えるため、あるいはコンプレックスを解消するために、美容整形といった方法を選ぶ人も。こちらは即効性がありますが、費用がかかるなどハードルが高めです。
  • 口を小さくする為にしてはいけないこと!

  • 口を小さくする為にしてはいけないこと!
  • 口が大きく見えてしまう原因として、まず「唇が厚い」ということが挙げられます。

    ふくよかでボリュームのある唇は魅力的なものですが、場合によっては大きな口だという印象を与えてしまうものです。唇を薄くする為にしてはいけないこと、それは「口呼吸」だといわれています。

    唇の形や動きを作り出しているのは、口の周りにある表情筋だといわれています。

    口から息を吸い込むことが状態化していると、唇の筋肉がゆるみ、なんとなくだらしない印象を与えてしまいがちです。また、口角も下がってしまい、元気のない無愛想な表情となってしまいます。

    キュッと引き締まっている口元はそれだけで印象がよく、口も小さく見えるのです。
  • また、口呼吸はその他にも、口臭や虫歯の原因になるともいわれている悪習慣です。

    唇と周辺の筋肉が引き締まれば、自然と口の大きさも変化するでしょう。美容のため健康のためにも、口で呼吸をせず、鼻から息を吸うように心がけましょう。

  • 口を小さくするトレーニング

  • 口を小さくするトレーニング
  • 唇の周りにある表情筋を効率よく鍛えることも、口を小さくする効果が得られるでしょう。

    やり方としては、まず上と下の唇を、口の内側に少し巻き込むようにします。
    この時、無理な力を加えずに、ほどほどに巻き込むことが大切です。巻き込んだら、口角をゆっくりと上にあげるようにして力をいれます。

    この時、ほほに両手をあてながらやると、表情筋の動きが意識できるようになり、より効果が得やすいでしょう。上に引き上げたあとは力を抜いて元に戻す、この動作を繰り返すことで口の周りの表情筋が引き締められて、唇にもシェイプアップ効果が期待できます。
  • 口を小さくする為にしてはいけないことは「トレーニングのやり過ぎ」があげられます。

    やり過ぎてしまうと唇の皮膚に負担がかかり、逆に腫れぼったくなってしまう可能性もありますので注意をしましょう。

    急に効果を出そうとするのではなく、毎日少しずつ続けていくことが大切です。
  • バランスの良い大きさは?

  • バランスの良い大きさは?
  • 自分では「口が大きい」と感じてコンプレックスになっていたとしても、実はそうでもないという場合もあります。

    気にしすぎるあまりに口元に目が行きやすくなり、「唇が目立ちすぎている」と感じてしまうこともあるのです。

    美人に見える黄金比として、口の横幅は鼻の幅の1.5倍ほどが良いといわれています。あくまでも目安であり、顔のその他のパーツとの兼ね合いもありますから、一概にこれが一番とはいえません。
    ただ、客観的に自分の顔のバランスを評価するための目安としては、有効ではないでしょうか。
  • 口が大きすぎると感じていても、横幅が鼻のちょうど1.5倍ほどであるのなら、むしろちょうど良く美人に見せてくれるチャームポイントかもしれません。

    横から見た際の唇のトップの位置は、ちょうど鼻先から顎にかけての直線ラインに当たる程度だとされています。

    様々な美人の黄金比から、自分の顔の最適なバランスを見つけ出してみましょう。
  • メイクで小さく見せるには

  • メイクで小さく見せるには
  • 女性の場合、メイクアップによっても口元の印象は大きく変化するものです。
    口を小さく見せる為にしてはいけないこと、それは「濃過ぎる口紅を塗る」ことといわれています。

    濃い色は引き締まって見えると言われますが、顔の場合は目が行きやすくなり相手に強い印象を与えてしまいます。
  • 小さく見せる方法としては、まずコンシーラーなどで唇の色を抑えて、境目を目立たないようにするのが効果的です。肌色にして色味を抑えたあとに、口紅で理想的な輪郭をとっていきましょう。このときに使いやすい口紅の色は、ヌーディーカラーやナチュラルカラーです。

    同時に目元のメイクを強めにすることで、視線を上に誘導します。
    口元の印象を抑え、アイラインやマスカラ、アイシャドウなどで、目元にワンポイントを与えることができます。

    口を小さくする為にしてはいけないことに気をつけて、コンプレックスを解消しましょう。
口の大きさを変えたい!“口を小さく”する為にしてはいけないこととは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事